連載・トピックス / 買う

「頭金ゼロ」でラクラク家を買う方法

親子で借りて融資額を増やす方法

「親子ペアローン」「親子リレーローン」の上手な利用法と注意点

2016/09/27 牧野寿和

親子間で収入合算をして住宅ローンを借り入れることができます。それが「親子ペアローン」「親子リレーローン」です。それぞれどのように借り入れをするのか、また借り入れをする際の注意点はどんなものがあるのか見ていきましょう。

親子で収入合算ができる

 前回( http://sumai-u.com/?p=6854 )の記事では、夫婦の収入合算を例にあげて、住宅ローンを利用するケースを見てきましたが、同居の親子(義理の親子でも可能)がいる場合についてご説明しておきましょう。

 この場合、「親子ペアローン」や「親子リレーローン」を利用することによって、借入可能額を増やせる可能性があります。

「親子ペアローン」は夫婦の場合と同様に、ひとつの物件に対して、親と子がそれぞれの収入に対してローンを組む方法です。親子が同時に返済をしていきます。団体信用生命保険もそれぞれが加入し、住宅ローン控除も適用されます。

 返済期間は、親子それぞれの年齢に対して設定するため、子の返済期間は35年間でも、親の返済期間は20年や25年など、短くなるケースが多くなります。

「親子リレーローン」は年齢による返済期間の制限を受けない

 一方の「親子リレーローン」は、親が主債務者となり、子が連帯債務者となってローンを組む方法です。将来的には返済を親から子へ引き継ぐことになり、最初は親の返済口座から返済がスタートします。いちばんのポイントは、返済期間が子の年齢によって決まることで、子が44歳以下であれば、35年返済が可能です(子が学生やフリーターなどの場合は、原則、借りられません)。

 つまり、親が45歳以上の場合でも、年齢による返済期間の制限を受けずにすむため、希望の融資額を借りやすいということです(毎月の返済額を抑えることもできます)。

親と子の両者がその物件に住む必要がある

 返済が子の返済口座へと変わるタイミングは金融機関によって異なります。団体信用生命保険の扱いも金融機関によりさまざまです。子だけが加入になる場合、親の死亡時には、 子どもが残りの債務の全額に対して支払い義務を負うことになります。

 また、住宅ローンは契約者がその家に住むことが条件となっているため、親子リレーローンでも、親と子の両者が当該の物件に住む必要があります。さらにこの条件により、将来、子が別にマイホームを持ちたいと思っても、親子リレーローンを完済していないと、新たに住宅ローンは借りられないので注意してください。

収入合算が可能な借り方

★★★おすすめ記事はこちら!★★★
「住宅ローンは変動金利型を選んで繰り上げ返済する」というのは金利が高かった時代の常識です
http://sumai-u.com/?p=6768

FPがこっそり教える! 住宅購入の際にかかる物件価格以外の「諸費用」リスト
http://sumai-u.com/?p=6558

住宅ローンの借入額と返済プランはボーナス、退職金なしで考える
http://sumai-u.com/?p=6672

編集部からのお知らせ

★★この連載が本になりました!★★
この連載が本になりました。
「超低金利時代」だからできる、賢い住宅購入の「頭金ゼロ」戦略をあますとこなく解説しています。
・「頭金ゼロ」で買うほうが実はお得!?
・「頭金ゼロ」でも家を買うべき7つの理由
・「頭金ゼロ」で買うべき物件の選び方
・「頭金ゼロ」の住宅ローンの借り方・返し方

著者:牧野寿和+住まいの大学
発売:河出書房新社
定価:1400円(本体)+税


★★ご購入はこちらから★★
Amazon : https://www.amazon.co.jp/dp/4309277322
楽天 : http://books.rakuten.co.jp/rb/14234048/

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U