連載・トピックス / ライフスタイル

都会で働く田舎暮らし

二地域居住のベテランが教える

【田舎暮らしの買い物術】ホームセンターで買っていいもの、ダメなもの

2016/10/28 馬場未織

田舎暮らしの強い味方、それはホームセンターです。日用品から建築資材、農業用資材など、たいていのものが手に入ります。たとえば、田舎暮らしに欠かせない「農機具」。これも、たいていのものはホームセンターで手軽に入手できます。でも、ちょっと待った。どの店で何を買うのか、慎重に考えてみましょう。長く使うものは、専門店で買ったほうがいい場合があります。

ホームセンターには基本、何でもある

田舎暮らしの強い味方。
それは、ホームセンターです。

10年前、週末田舎暮らしを始めて驚いたことのひとつに、ホームセンターの巨大さと充実ぶりがありました。都会にはあり得ない規模の店舗面積で、品揃えは化粧品から家具、設備や照明など、建築資材に農業用資材、いろんなペット、夏になればゴーグルやプール、冬になればドテラやコタツ、お供え餅まで売られます。

とにかく、暮らしにまつわる何でもそろっているため、駆け込めばどうにかなる。

おかげで、実は東京よりも買い物の効率がいいんですよね。だいたい欲しいものが一カ所ですんでしまうから。しかも、地価が安い=ストックのコストも抑えられるということでしょうか、ものによっては都心より物価が安いため、東京の分の生活雑貨も調達して帰ることがほとんどです。

一方で、これだけ集約して生活用品が売られているということは、これができる前にあったさまざまな小売店はずいぶんなダメージを受けただろうと容易に察しがつきます。

さて、田舎暮らしを始めようというとき、徐々に道具類を揃えていきますよね。そのなかでも、都市生活ではほぼ使う必要がなく、田舎ではないと立ち行かないものがたくさんありますから。鍬や鎌、刈払い機、チェーンソーなど。

なるべく安く手に入れたいなと思い、当然、気軽に買えるホームセンターに駆け込みます。見れば、あるある。いろんな種類がある。安いものもちゃんとあります。

よかったよかった。

「農機具は専門のところで」というアドバイスはホントだった

そのとき、近所の農家さんから「農機具はちゃんと専門のところで買ったほうがいいよ」とアドバイスを受けた言葉もチラリと思い出します。

でも、値段をじーっと見て、安いものに手を伸ばしたくなるんですよね。「きっと大差ないよ。ホームセンターは薄利多売だから安いんだよ。やっぱり小売店で買うより得だよねー」と、自分に言い聞かせて。笑。

で、実際にホームセンターで農機具を揃えてしまった方!

後悔していませんか?
わたしのように。

たとえば刈払い機。使い始めはきっと問題ないでしょう。問題なく動いて使えるのを確認して「ほら、やっぱり」と思いました。

でも、しばらく使っているうちに、ぼちぼち不具合が出てきます。わたしの刈払い機の場合は、ブレーキがきかなくなり、チョークレバーがバカになり、スターターロープが切れました。そうなるとホームセンターの修理センターに入院させねばならず、手間もかかればお金もかかる。結局、購入金額に修理費を合わせれば、農機具屋で買うより高くついてしまうかもしれません。

ちなみに、わが家には、家を手に入れたときから納屋に置いてあった古い刈払い機もあります。「マキタ」というメーカーのものです。これは少なくともわたしたちが使い始めてからの10年間、一度も故障をしたことがありません。1台では足りなくなって購入した上記の刈払い機は、使い始めて3年目に初めての故障がありました。それから、次々と。

おそらく農家さんが「農機具はちゃんと専門のところで買ったほうがいいよ」と教えてくれたのは、彼ら自身のそんな失敗体験の積み重ねからではないかと推察できます。

専門店とホームセンターを使い分けよう

安く売られている農機具は、加工精度や材質において安価に収めているために耐久性がよくない、という話があります。安いものを買いたいと思うのは当然の心理ですが、刈払い機を始めとする農機具は、一時でも手元にないと生活上困る必需品ですから、修理で手元から消えるたびに非常に困ります。そう考えると、初めによいものを買っておくほうが、結果的にはいいのではないかと思われます。
もちろん、コストだけではありません。いつも使っていると調子が悪くなりにくく、たまにしか使わないとすぐにダメになるということもあります。

また、刈払い機に限らず、たとえば鍬(くわ)や鎌もそうです。コスト優先で考えて安価なものを買うと、軽くて力が乗らなかったり、すぐに反ったり曲がったりして壊れてしまうことがあります。

以前、わたしが使っていた鍬(くわ)を地元の農家さんが見て、「こりゃー使い勝手が悪いっぺ」と苦笑されました。図星で、それもホームセンターで購入した安物でした。
金物屋で長くもつものを手に入れて、きちんと手入れしながら使うと、いつまでもいつまでも長く使える、とのこと。

幸いなことに、農機具には流行り廃りがありませんから、壊れるまで使うのが普通です。田舎暮らしをしようと腹を決めたら、初めに出費がかさむのは先行投資だと思い、専門の小売店で目的に合うものを購入し、その後もメンテナンスなどでそのお店と長く付き合っていく、という形がベストだと思われます。

ホームセンターは、とても便利です。
でも、得手不得手はあります。

昔ながらの専門店をホームドクターのように味方につけておくと、田舎暮らしの安心感は俄然高まると思います。シャッターをおろしている店が大半という商店街の片隅に、農機具専門店がありましたら、臆せず覗いてみてください。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U