連載・トピックス / ライフスタイル

『パピヨン』

あの名作のリメイクといようりは“アップデート”版 バディームービーの見どころとは?

2019/06/05 兵頭頼明

文/兵頭頼明

(c) 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED

作家アンリ・シャリエールの自伝小説を映画化した脱獄映画の金字塔『パピヨン』(1973)のリメイクである。終身刑囚パピヨンの13年に及ぶ命がけの脱獄劇を描く。

舞台は1931年のパリ。金庫破りのアンリ・シャリエール(チャーリー・ハナム)は胸に蝶の刺青を入れていることから、仲間内で“パピヨン”と呼ばれていた。いつも通り仕事を成功させた彼は、身に覚えのない事件で殺人の濡れ衣を着せられ、終身刑を宣告される。収監先はフランス領ギアナの悪名高い流刑地で、囚人たちは植民地の労働力として刑期を終えた後も死ぬまで南米に留まらなければならない。

パピヨンは脱獄を考えるが、そのためには金が必要で、彼は無一文であった。絶望的な状況の中、パピヨンは通貨偽造の罪で終身刑となったルイ・ドガ(ラミ・マレック)の存在を知る。ドガは大金をため込んでいると噂され、周囲から命を狙われていた。パピヨンはドガに、命を守ってやる代わりに脱獄資金を提供してほしいと持ちかけるが、ドガはその気はないと断る。しかし、収監先へ向かう船上で殺人騒ぎが起こり、身の危険を感じたドガは仕方なくパピヨンの申し出を受けることにする。

73年版はパピヨンをスティーブ・マックイーン、ドガをダスティン・ホフマンという当時の2大スターが演じ、『パットン大戦車軍団』(1970)でアカデミー賞監督賞を受賞した名匠フランクリン・J・シャフナーがメガホンを執った名作である。この作品のリメイクはハードルが高いように思われた。

しかし、『パピヨン』には脱獄映画、実録映画という顔に加え、二人組を主人公に据えたバディムービーとしての顔がある。パピヨンとドガを誰が演じるか。2人のキャスティング次第で、リメイクの可能性はどこまでも広がる。それに、73年版の脚本は素晴らしい出来であり、この脚本を下敷きにすればよいのである。そういうわけで、本作には69年に出版されたアンリ・シャリエールの自伝小説とともに、ダルトン・トランボとロレンツォ・センプル・Jrが手掛けた73年版映画脚本が原作としてクレジットされている。

トランボは1940年代後半にハリウッドを席巻した赤狩りで仕事を失いながらも、他人名義や偽名で脚本を書き続けた不倒不屈の脚本家である。彼の生涯は2015年に『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』として映画化された。自由を渇望するパピヨンの姿を描くにあたり、トランボ以上の脚本家はいなかったと言えるだろう。73年版の脚本にはトランボの生き様が重なり合って見える。

本作は73年版の脚本を原作としているため物語展開はほぼ同じであるが、いくつか補足修正された箇所がある。まず冒頭で、パピヨンが終身刑囚となるまでの過程を描いている。73年版では、パピヨンが終身刑囚となった理由が台詞で簡単に説明されていただけであった。

次に、ドガがどこに金を隠しているのかを示した。73年版では、金の隠し場所を説明していないのだ。大人の観客なら金の隠し場所はそこしかないとわかかるはずだが、それが明らかになるシーンがリアルで、時代の流れを感じさせる。70年代の娯楽大作の中でも73年版『パピヨン』の描写は極めてリアルで、独房に入れられたパピヨンがゴキブリのような虫を捕まえて食べるシーンまであるのだが、それでも金の隠し場所についてはスルーしていたのだ。

削除されたエピソードもある。73年版には脱獄したパピヨンが差別を受けてきた人々の暮らす島へたどり着く印象的なエピソードがあるが、本作にはない。他にもいくつかのシーンが取捨選択されているが、基本的に本作は73年版の脚本をリスペクトするという姿勢を貫いている。大筋は変えず、細部について現代の感覚に沿うよう修正を加えたというわけである。

パピヨンを演じたチャーリー・ハナムは『パシフィック・リム』(13)や『キング・アーサー』(17)で主役を務めた注目株。ドガを演じたラミ・マレックは大ヒットした『ボヘミアン・ラプソディ』(18)でアカデミー賞主演男優賞を受賞した、いま最も旬なスターである。ハナムはスティーブ・マックイーンの作り上げた鮮烈なパピヨン像から離れようと努め、逆にマレックはダスティン・ホフマンのドガ像に近づこうとしているように見える。2人のアプローチの違いが面白く、演技合戦は見ものである。これぞバディムービーの醍醐味だ。

結果として、本作はリメイク版というよりもアップデート版とでもいうべき作品となった。73年版ほどのインパクトはないが、名作の再映画化の困難さを考えれば、敢闘賞ものの仕上がりである。
余談だが、本作の日本語タイトル・ロゴのデザインが1974年の日本公開時に使用されたものとほぼ同じで、本作があの名作の再映画化作品であることを強く印象付けている。あのロゴもまた“名作”であった。


『パピヨン』
監督:マイケル・ノアー
脚本:アーロン・グジコウスキ
オリジナル脚本:ダルトン・トランボ
出演:チャーリー・ハナム/ラミ・マレック/イヴ・ヒューソン/ローラン・モラー/トミー・フラナガン/ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン
配給:トランスフォーマー
6月21日より全国公開予定
公式HP:http://www.transformer.co.jp/m/Papillon/

人気記事ランキング

注目の講師

ウチコミ!