連載・トピックス / ライフスタイル

セルフリノベーション 壁紙張り替えの巻①

シンプル派、ワンポイント派、大胆派 壁紙張り替えの効果と作業のキホン

2018/07/24 内村恵梨

文/内村恵梨(匠アカデミージャパン)

「家の壁紙が黄ばんできたな……」「ペットが爪でガリガリやっちゃったから壁ボロボロ……」など、壁紙が気になって張り替えたいと思ったことはありませんか?
ただDIYが流行っているとはいえ、さすがに自分で張り替えて失敗したらもっと面倒なことになってしまう、かといって業者さんにお願いするのはお金がかかるし、と先延ばしにしてそのままになりがちですよね。

でも、実は壁紙の張り替えは、思ったほど難しいものではありません。
最近はどんどん扱いやすい材料や道具が出てきていますし、張ってはがせる壁紙、なんていうものもあります。
そして、壁紙の張り替えを成功させる秘訣はズバリ、しっかりとした知識をつけ準備をすること!
これから「セルフリノベーション 壁紙張り替えの巻」として、壁紙を張り替えようと考えている方のために数回にわたって準備から実際の施工のポイントまでお伝えしていきたいと思います。

壁紙は何年で張り替えタイミング?

壁紙の耐用年数は5〜10年間とされています。(賃貸住宅の原状回復義務がなくなるのが6年)。
見た目は剥がれていないし、まだまだ大丈夫そう……と思っても、壁紙は思いのほか汚れを吸い込んでいます。
たとえタバコを吸っていなくても、さまざまな汚れや壁紙の経年劣化で黄ばんでいるのです。
加えて、現代の住宅の場合、壁紙は家中の壁や天井の大部分を占めているので、部屋の印象、家全体の印象を大きく左右するアイテムとなっています。そのため、新しい壁紙に張り替えると、一気に部屋が明るく感じます。

そんな部屋の大部分を占める壁紙を、自分で模様替えのように張り替えられるようになれば、気軽に気分をリフレッシュすることが可能になります。

自分で壁紙張り替えて、お部屋をリフレッシュ

before

ではここで、自分で壁紙を張り替える際に参考としていただきたい、3つのおススメ施工パターンをご紹介していきます。

まずは、「そんなに冒険はしたくない」という方におすすめ、シンプルな無地の壁紙で張り替えをするパターンです。
名付けて、「白は間違いない戦略」。
一般的な住居の壁紙がほとんど白っぽい色のものが多いことからもわかるように、白系無地壁紙はどんなテイストの家具にも合い、部屋が明るく見えます。しかも材料が量産されていて価格が安く、柄合わせも必要なく施工が簡単! 迷ったらとりあえず人気のものを選んでおけば間違いないということですね。

after

元々の壁紙が古くなり汚れてしまっているという部屋ですから、同じような白い壁紙で張り替えるだけで、とても清潔感のある部屋に! 一気に新築のような雰囲気になります。

ワンポイントアクセントでちょっと冒険

次に、「部分的にちょっと冒険してみたいなぁ」という好奇心旺盛な方におススメなのが、部屋の一面だけを他の面と違う壁紙にして部屋にアクセントを持たせる、「アクセントクロス戦略」です。(クロス=壁紙)

一面だけ違う壁紙にするのはちょっとと思いがちですが、実はアクセントクロスを張る面以外は量産ものの白系の壁紙にして、一面だけを別の色や柄を取り入れるだけで一気にオシャレ度アップ! これはファッションと一緒ですね。差し色ってやつです。
写真は、出窓のある一面だけをレンガ調にして、カフェのような雰囲気のナチュラルかわいいお部屋に変身させた事例です。

アクセントクロスの良いところは、コストをおさえつつオシャレ見せできるというところ。
しかも無地の壁紙に慣れている日本人にとって、全面柄物だと柄がうるさすぎて落ち着けないので、一面くらいがちょうどいいのです。

もう一つの事例の写真がこちら。

一面だけグレー系の壁紙でアクセントを入れることで、シックで洗練されたお部屋に。
こういった色だと、男性女性問わず万人受けしますし、どんな色の家具を持ち込んでも似合います。

大胆にお部屋のイメージを一新するには

そして、「いや、私はもっと大胆に挑戦したい!」という方におススメなのが、アクセントどころではない、主役級の柄の壁紙を取り入れる、「壁紙の存在感MAX戦略」。
今まで一般家庭に使われることの多かった柄物は、比較的控えめな小花柄や淡いストライプなど。こうした柄は無難で良いかもしれませんが、せっかくなら思い切って大胆な柄を選んでみてはいかかでしょうか? 壁や天井を見るたびに気分が上がるお部屋に変身することでしょう。

まずは家の中のどこから挑戦する?

さて、実際に壁紙の張り替えを決心して次に考えるのは、「どこから手を付けよう?」ということでしょう。

失敗してもあまり目立たないところ、例えばトイレなら、小さい場所だしとっつきやすいかも、と思うかもしれません。ところが、狭い場所は逆に難易度が高めです。

というのも、ほとんどのトイレは脚立が入らず、便器に足をかけるという、ボッチャンと落ちそうな不安定な体勢をとらざるを得ません。
また、トイレの後ろ側は手が届きにくく、きつい体勢に心が折れます。タンクの後ろに隙間がなく、「これどうすんの?」状態に陥ることもあります。

職人の世界では、見習いのうちはひたすらトイレの壁紙張りを練習させられるというくらい、天井、壁、コンセントや止水栓な様々な要素を含んだ特訓向きの場所ではありますので、職人を目指したい方には打ってつけの練習場所です。

では初心者はどこからトライしてみたら良いか?
おすすめなのは、寝室など6畳程度の部屋の一面。できるだけ窓や梁などの障害物が少ない面が理想的です。

いかがでしたか?
ご自宅やご実家などで壁紙を張り替えるイメージが浮かんできたでしょうか。考え始めると、「あそこにこんなアクセントクロス張ったら素敵だろうな」「子ども部屋は柄物にしたいな」など、ワクワクしてきますよね。

次回は、壁紙や糊などの材料の選び方や、施工方法の種類、その難易度などをお伝えします。お楽しみに!

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
ウチコミ!夏祭り2018