連載・トピックス / ライフスタイル

「マスカレード・ホテル」

ストーリーを楽しむか、俳優を楽しむか、演出を楽しむか――いろいろな楽しみ方のできる娯楽作

2018/12/26 兵頭頼明

文/兵頭頼明

(c)2019映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (c)東野圭吾/集英社

都内で3件の殺人事件が発生する。事故現場には犯人からのメッセージと思われる不可解な数字の羅列が残されており、警察は同一犯による予告連続殺人として捜査を開始する。警視庁捜査一課の刑事・新田(木村拓哉)は頭が切れるが、上司には扱いにくいアウトローのような存在。彼はその数字が次の犯行現場を示していると気づき、4番目の犯行現場が日本有数の一流ホテル・コルテシア東京であることを突き止める。しかし、犯人の手がかりは一切ない。そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査に踏み切り、新田がホテルのフロントクラークに扮することになった。

コルテシア東京を代表する優秀なフロントクラーク・山岸(長澤まさみ)が新田の教育係に任命されるが、犯人逮捕を最優先とする刑事=新田と、宿泊客の安全を最優先とするホテルマン=山岸のポリシーは正反対であり、二人は衝突を繰り返す。果たして、真犯人は誰なのか――。

一流ホテルを訪れるマスカレード(仮面)を被った宿泊客たちの中から真犯人をあぶりだしてゆくという物語。『容疑者Xの献身』で直木賞を受賞した東野圭吾の同名ベストセラー小説の映画化である。後に二作の続編が発表され、東野にとってガリレオ・シリーズ、加賀恭一郎シリーズと並ぶ人気シリーズとなった。

この作品には三つの顔がある。まず一つ目は、ミステリー作品としての顔。さすがは手練れのミステリー作家・東野圭吾。観客が何気なく見過ごしたエピソードが真犯人を示す伏線だったと分かった瞬間、唸ること請け合いである。

二つ目は、バディムービーとしての顔。バディムービーとは、主人公が二人一組で活躍する映画のことである。すべての宿泊客を疑うことを基本とするプロの刑事と、すべての宿泊客を信じることを基本とするプロのホテルマン。立場も性格もまるで正反対で水と油とも言える二人が、はじめは反目しながらも徐々にお互いのプロとしてのスキルを認め合い、理解してゆく姿が描かれる。そのスキルと考え方は二人が各々持ち合わせていなかったもので、それを認めることにより、終盤には人間として一歩成長しているというわけである。この種のバディムービーはアメリカ映画のお家芸だが、主役二人に魅力がないと成功しない。その点、木村拓哉と長澤まさみの組み合わせは絶妙だ。

そして三つめは、準オールスター映画としての顔である。渡部篤郎、鶴見辰吾、篠井英介、小日向文世、梶原善、濱田岳、前田敦子、笹野高史、髙嶋政宏、菜々緒、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、生瀬勝久、石橋凌といったキャストがホテルを行き来する多くの宿泊客と警察官を演じている。それぞれに小さなドラマがあり、後に伏線だったと分かるエピソードとミスディレクションとなっているエピソードが次々と描かれてゆく。映画黄金期ならばオールスター映画となるはずだが、映画とテレビの境界線が無くなり差別化が難しくなった今、もはや映画にしか出演しない本物の映画スターは存在しない。勢い、お茶の間でお馴染みのキャストを集めてワンポイント出演させ、ゴージャスな印象を作り上げることになる。その手法で出来上がったのが、本作のような準オールスター映画である。映画黄金期のオールスター映画には到底及ばないにしても、登場する俳優たちは芸達者で味がある。要となる木村拓哉と長澤まさみの二人には主演スターとしての王道的役割を与えておき、助演の俳優たちにはイメージ通りの役柄と思いきやイメージを裏切る役柄を与えていたりするなど、キャスティングが実に楽しい。

日本を代表する準オールスター映画監督は三谷幸喜だが、本作の監督である鈴木雅之は三谷が脚本を手掛けたテレビドラマ『古畑任三郎』(94~05)『王様のレストラン』(95)『総理と呼ばないで』(97)のエピソードを数多く演出しており、二人の関係は深い。鈴木はテレビドラマの演出家からキャリアをスタートし、『GTO』(99)『HERO』(07)『本能寺ホテル』(16)等の映画も監督するという、テレビも映画も知り尽くした演出家である。俳優の動かし方を心得た監督であり、今後、日本の準オールスター映画を牽引する存在となってゆくに違いない。

謎解きを楽しむも良し、俳優たちの演技を楽しむも良し、また、演出の妙を楽しむも良し。見る者によっていろいろな楽しみ方のできる上々の娯楽作品である。


「マスカレード・ホテル」
監督:鈴木雅之
脚本:岡田道尚
出演:木村拓哉/長澤まさみ/小日向文世/菜々緒/生瀬勝久/松たか子/石橋凌/渡部篤郎
配給:東宝
2019年1月18日より全国公開予定
公式HP:http://masquerade-hotel.jp/


注目の講師

ウチコミ!