連載・トピックス / ライフスタイル

『七つの会議』

半沢直樹チームで映画化――テレビドラマ同様の反響を得られるか

2019/01/30 兵頭頼明

文/兵頭頼明

(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

2013年、あるテレビドラマが一大ブームを巻き起こした。直木賞作家・池井戸潤の小説『オレたちバブル入行組』と『オレたち花のバブル組』を原作としたTBSのドラマ『半沢直樹』(13)である。バブル期に大手都市銀行に入行した銀行マン・半沢直樹が銀行内外の敵と銀行組織そのものに立ち向かってゆく姿を描いている。プロデューサーの伊與田英徳と演出の福澤克雄を中心としたチーム伊與田は、どんな理不尽な状況下でも負けないスーパー・サラリーマン半沢直樹のキャラクターを実体化させ、毎回胸のすくクライマックスシーンを用意して視聴者にカタルシスを味わわせた。現代版『水戸黄門』とも言うべき爽快なドラマは視聴者の心を捉え、最終回では42.1%という驚異的な視聴率を獲得し、半沢の決め台詞「倍返しだ!」は流行語大賞を受賞している。

チーム伊與田は『半沢直樹』の方法論をそのまま生かし、『ルーズベルト・ゲーム』(14)『下町ロケット』(15)『陸王』(17)『下町ロケット〈続編〉』(18)と、池井戸潤作品を次々にテレビドラマ化してきた。本作『七つの会議』はチーム伊與田が満を持して放つ劇場用映画。原作はもちろん、池井戸潤である。

舞台は東京都内にある中堅メーカーの東京建電。営業一課の八角(野村萬斎)はすでに管理職になっているはずの年齢だが、いまだ係長止まりという、ぐうたら社員である。社を代表するトップセールスマンで課長の坂戸(片岡愛之助)からはいつも叱責されているが、八角はどこ吹く風。営業部長の北川(香川照之)の進める結果至上主義の方針も無視し、飄々と毎日を過ごしていた。

ある日、坂戸がパワハラの訴えを受け、異動の処分を下される。訴えたのは年上の部下、八角であった。坂戸は北川の信頼も厚いエース営業マンであり、社員はパワハラ委員会の不可解な裁定に動揺する。新しい課長には原島(及川光博)が着任するが、なかなか成績を上げられない。社内には場違いな人事と揶揄する声もあったが、この人事には隠された意図があり、やがて会社の存在を脅かす大事件へと発展してゆく。

チーム伊與田が『半沢直樹』で確立した方法論を初めて劇場用映画に用いた意欲作であり、伊與田・福澤作品の常連キャストが勢ぞろいした。香川照之、及川光博、朝倉あき、片岡愛之助、吉田羊、立川談春、世良公則、鹿賀丈史、橋爪功、北大路欣也といった主要キャストに加え、土屋太鳳、小泉孝太郎、溝端淳平、音尾琢真、春風亭昇太、岡田浩暉、赤井英和、木下ほうか、緋田康人、須田邦裕らがワンポイント出演して華を添える。

チーム伊與田作品のキャスティングはいつも魅力的だ。知名度はないが実力のある俳優にチャンスを与えるとともに、脇にアッと驚く意外性のあるキャストを配役するのが特徴で、特に落語家やお笑い芸人の起用が抜群に上手い。これまで立川談春、春風亭春太、緋田康人(元・ビシバシステム)、木下隆行(TKO)、イモトアヤコらをシリアスな役柄にキャスティングし成功させているが、本作ではお笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾を経理部員役に起用し、藤森の新たな一面を見せてくれた。主演の野村萬斎と経理課長に扮する勝村政信は伊與田・福澤作品初出演だが、野村は堂々たる貫禄、勝村も期待に違わぬ好演を見せ、キャスト陣は絶妙なアンサンブルを奏でている。

このアンサンブルがサラリーマンの夢見るファンタジーとも言える物語を紡いでゆくわけだが、本作はこれまでチーム伊與田が手掛けてきた池井戸潤原作作品とは一味違っており、単純な夢物語ではない。冒頭から多くの謎を残して進行してゆく企業犯罪ストーリーである。原作は七つの異なる会議がモチーフとなっており、東京建電を舞台に社員、取引先、関係者の各々の視点から語られるオムニバス形式の小説であるが、この設定を換骨奪胎して脚本化し、チーム伊與田の色に染め上げた作品となっている。登場人物の性格や役割には当然ながら変更が加えられているが、中でも及川光博と朝倉あきのコンビをコミカルに描いたことが効果的なスパイスとなっている。原作にはないエンディングの長台詞を、若い世代はどう受け止めるだろうか。

チーム伊與田の集大成と言える骨太なエンターテインメント作品である。同じ方法論の作品はまだまだ作り続けられると思うが、そろそろ『半沢直樹』の続編製作を実現してほしい。

「七つの会議」
監督:福澤克雄
脚本:丑尾健太郎/李正美
出演:野村萬斎/香川照之/及川光博/片岡愛之助/吉田羊/土屋太鳳/立川談春/勝村政信/世良公則/鹿賀丈史/橋爪功/北大路欣也 ほか
配給:東宝
2019年2月1日より全国公開予定
公式HP:
http://nanakai-movie.jp/

人気記事ランキング

注目の講師

ウチコミ!