連載・トピックス / ライフスタイル

ドナウの真珠

部屋がスッキリ! 目からウロコの収納術

ハンガリー家庭に学ぶ、オシャレで便利、たっぷりしまえる「壁収納」のアイデア

2016/08/14 パップ英子

ハンガリーの親戚や友人宅にお邪魔すると、昨今ブームの“断捨離”とはまるで無縁といった感じで、モノだらけのお家がほとんど。それなのに、どのお部屋もスッキリと整理整頓されているのです。今回は、そんなハンガリーの素敵な邸宅に学ぶ、使い勝手が良く、なおかつオシャレという“目からウロコ”の収納術を紹介します。

インテリア上手なハンガリー人は、壁面収納の達人!

出所:11 helytakarékos konyhai tárolószekrény( http://lakberinfo.hu/lakberendezes/konyha/2014-10-08-11-helytakarekos-konyhai-taroloszekreny/ )

 前回( http://sumai-u.com/?p=6255 )、ハンガリーの家庭に学ぶ、おしゃれな壁インテリアの楽しみ方をご説明しましたが、今回も引き続き「壁」に着目してみましょう。ハンガリーのお宅を拝見しながら、壁収納のコツについて解説していきます。

 ハンガリーの親戚や友人宅にお邪魔すると、昨今ブームの“断捨離”とはまるで無縁といった感じで、モノだらけのお家がほとんど。それなのに、どのお部屋もスッキリと整理整頓されていることが多く、感心することばかりです。

 そう、ハンガリー人は、お部屋の空間にデッドスペースを生まないよう、収納スペースを確保するのがとても上手。その最たる例が、壁があれば収納スペースとして活用してしまうところです。

 言葉でお伝えするだけではイメージがわかないと思いますので、早速その具体例を写真でご紹介したいと思います。

 白い壁とフローリングで、とてもシンプルなインテリアの上の写真のお宅。時計や本などを飾っているキッチンの壁はなんと、引き出しタイプの収納スペースだったのです!

 収納ポイントは、調味料や食材などを種類毎に整理して並べているところ。種類豊富な食材もこのような引き出しタイプなら、どこに何があるのか一目瞭然。キッチンの壁を、まるで食品庫(パントリー)のように有効活用していたのですね。

出所:11 helytakarékos konyhai tárolószekrény( http://lakberinfo.hu/lakberendezes/konyha/2014-10-08-11-helytakarekos-konyhai-taroloszekreny/ )

 続いて、キッチンからリビングへと移るドア周りの壁も、このように壁一面をシェルフとして活用していますね。縦長、横長の棚、それぞれの空きスペースにちょうどいいサイズの食器やキッチンツールを、若干隙間ができる程度に並べ、しかも、食器は白、キッチンツールは木製と、素材も統一しているのが特徴です。

 ハンガリーのお宅が収納上手だなと思うのは、シェルフをこのようにつくったとしても、少し隙間ができるくらい、一つひとつの棚の上にモノを飾りすぎ、並べすぎにならないようにしているところ。

 モノを見せながら収納していても、とてもスッキリとして見え、オシャレなインテリアの一部として室内に華やぎを与える存在になっているのが素敵ですね。

扉裏も収納スペースとして工夫するのがハンガリー流

出所:11 helytakarékos konyhai tárolószekrény( http://lakberinfo.hu/lakberendezes/konyha/2014-10-08-11-helytakarekos-konyhai-taroloszekreny/ )

 上の写真をご覧ください。このお宅のキッチンでは、食器棚の扉裏に調味料をしまう棚を設置し、扉裏まで収納スペースとしてしっかり活用しています。

 ハンガリー家庭ではこのように扉裏を収納スペースとして活用することがとても多いのです。玄関にある扉つきのシューズクロークなども、扉裏を鍵や郵便物をしまう収納スペースとしているケースをよく見かけます。

おもちゃが散乱しやすい子ども部屋は、“壁収納”の見せどころ

出所:Tároló ötletek játékoknak( http://www.pingalok.hu/index.php/blog/96-tarolo-otletek-jatekoknak )

 乳幼児や小学校低学年のお子さんがいるご家庭では、家中、子ども用の衣類やおもちゃなどであふれかえってしまう光景は、世界共通のものだと思います。

 ですが、ここブダペストで、小さなお子さんがいる友人のお家にお邪魔しても、ゴチャゴチャした印象が薄く、モノが多くても空間にゆとりがあることをとても不思議に感じていました。

 その理由はやはり、彼らは室内にデッドスペースをつくらないよう意識し、壁や扉を収納スペースとして多いに役立てているからなのです。

 上の写真のキッズルームは、壁に木製のハンガーフックを設置して、それらをおもちゃの収納場所にしています。ぬいぐるみやプラスティック製または木製のおもちゃと、素材や見た目、種類も異なるアイテムばかりなのに壁に並べても違和感がないのは、おもちゃをしまうモノをシャビーシックなブリキ缶で統一しているからでしょう。

出所:Tároló ötletek játékoknak( http://www.pingalok.hu/index.php/blog/96-tarolo-otletek-jatekoknak )

 また、とても小さな動物のミニチュアも、子ども部屋の床に散乱しがちなモノのひとつ。

 小さなお子さんがいらっしゃる方でしたらきっと、このような樹脂やプラスティックでできた小さなおもちゃでつまづいた経験は一度や二度、必ずあるのではないでしょうか。

 こちらのお宅では、それらのこまごまとしたミニチュアのおもちゃも、サイズぴったりの木製シェルフを取り付けて、見せながらしまう“壁収納”を徹底していますね。

 ほかにも、写真右側のように、アイアンのカーテンレールを壁に設置して、S字フックを使い、黒のブリキ缶をハンギングし、それらの中にお絵描き用のペンやクーピー、色鉛筆を収納する例も!

 前回のコラムではハンガリー家庭のオシャレな壁インテリアについてご紹介しましたが、今回はオシャレかつ使い勝手の良い“ハンガリー家庭の壁収納”について特集しました。

 賃貸物件の場合は、壁に釘打ちNGなケースも多いと思いますが、ホームセンターなどに行くと、画鋲の穴程度で、さまざまなモノを掛けることができるフックもいろいろありますよ。

 室内で大きなスペースを占める壁をデッドスペースにしないよう、上記のような壁を粋に活用した収納術をぜひ実践してみてくださいね!

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U