連載・トピックス / ライフスタイル

パリってホントに住みにくい?

指定の期日に事務所を訪問してみたら…

パリで電気の契約を解約、そのとき想定外のトラブルが…

2016/02/09 桑田 唯

引っ越すときに電気やガスなどの契約の解除、変更手続きが必要なのは日本も海外も同じです。ついつい面倒だなと思ってしまいますが、きちんと手続きしておかないと後々が大変。海外であればなおさらです。今回は私が体験した、フランスでの電気の解約手続きについてご紹介します。

帰国の何日前から手続きするの?

 日本でも海外でも、引っ越すときに必要な手続きとして、公共料金の契約の解約・変更があります。ただでさえ手続きというと、ちょっと面倒なものですが、言葉の壁があるとなおさらです。でも、この解約がうまくできないと、料金を余計に支払い続けてしまうなど、何かとトラブルのもとになります。

 今回は私がフランスから日本へ帰国する際に手続きした、電気の契約解除についてお伝えしたいと思います。

 フランスの場合、EDFという会社が電気の契約を行なっているので、解約するときはEDFに連絡をします。だいたいのことが日本よりも手続きに時間のかかるフランスですが、EDFの解約はいつ頃から動き始めればよいのでしょうか?

 解約手続きの時期は、最後の支払いをどうやって支払うかによって変わってきます。

 EDFの支払いは、基本的に銀行口座の引き落としで行なわれるのですが、帰国前に銀行口座を閉めてしまう場合は、最後の支払いをクレジットカードで清算することもできます。その場合は、退去日の1カ月前くらいから動く必要があるのですが、銀行口座をしばらく保持したまま、最後の支払いも口座から引き落とす場合は、退去する直前に電話をすれば大丈夫なようです。

 私は帰国後に銀行口座を閉める予定だったので、直前の連絡で大丈夫なはずだったのですが、それでもフランスの公共機関をあまり信用していなかったので、帰国の1週間ほど前にEDFの事務所へ行ってみることにしました。

事務所に行って解約にチャレンジ

 事務所でEDFを解約する際に必要なのは、EDFからの請求書と、身分証明書、あとはその日の電気メーターの値です。私も必要なものをそろえてEDFの事務所を訪ねてみました。

 私が訪ねたのは、パリのオペラ座からすぐ近くの事務所です。フランスでは英語がなかなか通じないので苦労するのですが、そこで対応してくれたスタッフは英語も話せるようで、私がつたないフランス語で話そうとしていたら、あちらから「英語話せますか?」と聞いてくれました。

 そこで、引っ越す日程を伝えたところ、少し来るのが早すぎたとのこと。せっかく訪ねて行ったのに、引っ越し日の4〜5日前に来てほしいと言われてしまいました。

2度目の事務所訪問

 ということで、引っ越し日の5日前に再度事務所を訪れることに。事務所に着いてなかに入ろうとすると、なぜか事務所が開いていない…!!

 営業時間なども間違えていないはずなので、「なんで!?」と思ってうろうろしていると、扉のところに張り紙がされていることに気づきました。

 そこに書かれていたのは、「○月○日までお休みします」というメッセージ。そこには私が2度目の訪問をしたその日から6日後の日付が書かれていたのですが、もうその日には私は帰国しているのです!! 私は帰国日も伝えて、その4〜5日前に来てくれと言われたからその通りに訪れたのに…。

 理由も書いてあるようだったのですが、フランス語がわからず読み取れませんでした。繰り返しになりますが、帰国の日をはっきり伝えたうえで、引っ越し日の4〜5日前に来てほしいと言われたのに、その日に事務所が開いていないなんて…。閉まることがわかっていたなら教えてほしかったです。

 それともストライキなどで急に閉まることがきまったのでしょうか? どちらにしても、公共機関の事務所がいきなり一週間近く休みになるなんて、日本ではちょっと考えられませんね。

 何かあるだろうなと、多少は覚悟していましたが、やはり一筋縄でいかないのがフランスなのかもしれませんね。

結局、電話で解約手続きをすることに…

 事務所が閉まっていたので、結局EDFに電話することにしました。契約するときに少し電話で手こずってしまった経験があったので、正直なところあまり電話はしたくなかったのですが、しかたありません。英語専用の回線があるので、そちらへ電話しました。

 電話したのは帰国の4日前だったのですが、まず契約番号を伝え、身分の確認のために名前と住所、電話番号を伝えました。すると、退去するその日にもう一度電話してほしいと言われました。

「最初から退去直前に電話するだけでよかったんじゃん…」と思ったのですが、退去日に電話すると、事前に電話していた内容が伝わっていたのか、名前を言うだけで「○○の住所の方ですか?」と聞かれ、いろいろ伝える手間が少し省けました。

 そのあと電気メーターの値を伝え、最後の請求書をどこにどのように送るかを確認されました。事前に調べた情報から、請求書は日本の住所に郵送してもらうと思っていたのですが、メールアドレスを登録している場合は、メールでの送付もできるとのことでした。

 となると絶対にメールのほうが楽だし安心だなと思ったので(電話で日本の住所を伝えるとスペルミスとか起きそうで不安だったのです)、メールでお願いすることにしました。

 最後の請求に関しては、これまで支払ってきた月額の料金と、実際に使用した電気料の差を見比べて、これまで払いすぎていた場合は返金され、逆に電気を使いすぎていた場合は上乗せされるようです。最後の請求はまだ受け取っていないのですが、返金されることを期待しています…笑。

 電話をするときには、ちゃんとこちらの言っていることが伝わるか、相手の話が聞き取れるか不安で、すごく身構えてしまっていたのですが、思いの外、スムーズに手続きがすんだので、ほっとしました。

 契約の場合は伝えなければいけないことが多く、大変だったのですが、解約の手続きはとてもシンプルでした。ですから、電話で手続きなんて大変だ! という人も、解約の際には電話でトライしてみてもいいのではないでしょうか。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U