連載・トピックス / ライフスタイル

日本人ゼロでも問題なし。家族で楽しむ!アジアローカル団地暮らし

置き土産は掃除しても取れない多数の足跡

ベトナムでは築後2、3年のこなれた物件が狙い目です

2016/05/16 藤谷圭司

ベトナムでは、「新築当時はいろんな問題が出るから、ちょっとこなれた2年目3年目の物件がお買い得だよ!」という日本人からすると意味不明なアドバイスに出会います。新築ピカピカのローカル団地に引っ越して半年、このアドバイスが真実であることを身をもって体験したのでした。一体その体験とは…?

ベトナムで出会った意味不明なアドバイス

 日本では欠陥住宅などといって、新築マンションの床が傾いている! とかドアがきちんと閉まらない! とか大変な問題になっていると耳にします。

 しかし、ここベトナムの住宅に関しては欠陥があっても誰も騒ぎません。そのかわり、「新築当時はいろんな問題が出るから、ちょっとこなれた2年目3年目の物件がお買い得だよ!」という日本人からすると意味不明なアドバイスに出会います。

 そうなのです、ベトナムでは現在、建設から数年が経ってるマンションは新築と比べて値段が落ちないどころか、むしろ値段が上がっているケースも珍しくありません。

 私たち家族は2年程前、新築ピカピカのローカル団地に引越しできましたが、このアドバイスが真実であることを身をもって思い知ることとなりました。

新築なのに半年で雨漏りが始まった!

 引っ越して半年ほど経った頃、ちょうどホーチミンは雨期に入りました。毎日バケツをひっくり返したような豪雨が止まず、道は浸水、地盤の悪い地域は水没という有様です。

 豪雨がずっと続いたある日、夜、会社から帰宅すると床が水でビチャビチャになっていました。暗闇のなか、最初は「冷蔵庫から水が漏れてる!?」と心配になりましたが、電気をつけたら見事に天井からパーフェクトに雨漏りが…。わが家は9階建ての最上階なのですが、新築半年にもかかわらず、なんと雨漏りが始まったのです。

 しかも夜になると、いつものようなドカ盛りの大雨が降り始め、雨漏りも5カ所ほどにひろがり、その日は「朝、家がつぶれていませんように」という祈りと共に、部屋中にバケツとお皿を置いて寝ました。

 不幸中の幸いというか、妻子は日本に一時帰国中だったため、まるで漫画のようなバケツだらけの雨漏り部屋の写真を送ると「本当に天井が落ちてくるかもしれないから、明日すぐに工事してもらって!!」と妻もやや焦りぎみ。

突然、笑顔で天井を壊し始めた作業員たち

 団地を建設した工事会社に修理を依頼すると、やってきた4人の作業員は、いまそこで家一軒壊してきました、というような汚れまくった作業服で何故かゲラゲラ大笑いしながら部屋に入ってきました。

 そして「よし、ここも雨漏りか!!」という笑顔と共に、突然、天井を壊し始めたのです。本当にいきなりおっぱじめやがったのです。まるで舞台セットを壊す製作スタッフのように。

 何の養生もなく壊し始めたので、部屋中の家具や娘のオモチャには当然、粉じんやゴミが積もりまくります。「こら!」といっても、「お前は外国人だから心配だろうけど、俺たちはプロだ、任せろ!」的な笑顔を見せるだけ。何とかガードできる範囲だけビニールをかけて、会社に行かなければならない時間となり、不安に思いながらも後は工事業者に任せました。

 仕事を終えて帰宅すると、作業員の姿はすでになく、無惨に破壊された天井と粉じんまみれの状態で放置されているわが家。むき出しの配管設備なんかが、ものすごくボジティブに考えると80年代のトレンディドラマ風でないともいえない…。

 そんな日が何日か続き、ようやく雨漏り工事が終わりました。最後まで作業員たちは粉じん掃除もせず、床には謎の薬液のため掃除してもとれない多数の足跡までお土産に残されて行きました。

修繕工事とともに少しずつグレードアップしていく団地

 同じ階に住むおばさんが「あんたのとこも雨漏りした!? うちも雨漏りで工事してる!!」と激怒していました。どうも最上階全体が雨漏りしていたようです。それだけでなく、ほかの棟も完成後すぐに壁に亀裂が入る、雨漏りするなどの不具合が頻発し、完成後も常に補修工事をしているような状態です。

 不純物で水増ししたコンクリートを使うとひび割れ現象(クラック)が起きやすいそうです。この団地を手がけたのは、ベトナムで手頃な価格の新築マンションを多数建築している実績のある業者なのですが、営業マンが「わが社は、影響のない範囲で安い建材を調達しているから、お手頃価格で新築マンションを販売できるんです!」と自信満々に話していました。いやいや、思いっきり影響出てるし!!!

 その他いろいろな問題が発生するローカル団地ですが、特にそれが理由で引っ越す人もおらず、みんな、起こってしまったことはしょうがないといった感じです。建築業者もせっせと修繕工事に励みつつも、バイク置き場から団地棟まで屋根を設置するなど少しずつ団地をグレードアップしている様子。

「ベトナムでは築後2、3年のこなれた物件が狙い目!」というのは間違いではなさそうです。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U