連載・トピックス / 未分類

「セルフリノベーション クッションフロア施工に必要な材料や準備とは?」

低コストで床のリノベーション!クッションフロアとは?

2019/04/02 内村恵梨

前回は、クッションフロアがどんな床材なのか、そして施工するにはどんな道具が必要なのかなどについて、お話をしました。今回は材料の準備方法、そして貼る前の準備についてご説明していきます。(文/内村恵梨)

必要な材料は?

(写真①左上CF、右上糊、左下パテ、右下シームシーラー)

クッションフロア施工に最低限必要な材料は、クッションフロアと糊だけ!
クッションフロアは、大きめのホームセンターなら手に入ることもありますが、ネットショップなら種類も豊富で、1mから購入することができます。

糊もネットショップで購入できますが、代表的なものはヤヨイ化学の 「プラゾールNP-2000エコロン 」や、東リの「エコロイヤルセメント」です。成分はゴム系ラテックス形のものを使用します。似たような床材用の糊で、成分がアクリル樹脂系のものがありますが、こちらはフロアタイルに使用するものなので、間違えないように注意してください。

その他場合によっては、パテとシームシーラーが必要になってきます。
パテが必要なケースは、下地の床が凸凹しているとき。クッションフロアは1.8mの薄い床材なので、凹凸をかなり拾ってしまいます。下地のベニヤが部分的にめくれているときや、部分的に凹んでいるときは、床用のパテを使って平滑にします。
床用のパテのおすすめは、ヤヨイ化学の「アースタック」もしくは「アースコート」。コンパネ(合板)、モルタル下地のどちらにも使用できます。

また、シームシーラーは、2枚以上の材料をつなぎ合わせた際に、ジョイント(つなぎ目)部分が将来的にめくれたり剥がれたりするのを防止する接着剤です。溶剤なので、材料を溶かしてくっつけるような仕組みになっています。

材料の割り付けの考え方

(写真②フローリング調を長手に貼るイメージ)

材料を買う前には部屋の寸法を出し、必要な材料の分量を確認する必要があります。
クッションフロアのサイズの規格は、横幅182cm。あとは貼りたいお部屋のサイズに合わせて182㎝×〇mを何本用意するか、ということになります。
トイレや脱衣所など横幅の狭いスペースであれば、1枚で貼れてしまいます。

トイレの床の横幅は約80㎝、縦幅は約120~170㎝程です。
無地に近いような石目調の材料であれば、縦横関係ないので、材料を1m買って横向きに使えば十分に足りるという計算になります。
ただ、フローリング調のクッションフロアを使いたい場合は、便器に向かってフローリングの目地を入り口から奥へ縦に向けないといけないので、材料を2m弱用意しておく必要があります。
とはいえ、貼る際には横幅180㎝のうち半分しか使わないので、半分はロス(捨てる部分)が出るということです。

横幅が180㎝以上あるお部屋にクッションフロアを貼る場合は、2枚以上の材料をつなぎ合わせることになるので、どう割り付けたらロスを少なくできるか、ということを考える必要があります。

こちらも先ほどのトイレの時と同じで、石目調など柄によっては向きはどちらでも可能ですが、フローリング調の場合は部屋の長手方向(入り口から奥に向かう縦長の方向)に貼っていくように割り付けます。

貼る前の準備 その1

(写真③クッションフロア剥がし)

フロアマットを貼る前に行う準備として、貼り替えの場合はまず既存の床材(クッションフロア)を剥がします。
カッターで切れ目を入れて引っ張るのですが、硬くて剥がしにくいときはスクレイパーを使います。
剥がし終わったあとは、ほうきで丁寧に掃除をします。小さなゴミでも、クッションフロアがその凹凸をひろってしまうことがあるためです。また、糊を塗る際にゴミも一緒に引っ張ってしまうので、塗る前にはごみがない状態にしておきましょう。
また、ソフト巾木がある場合は、そちらも剥がしておきます。

貼る前の準備 その2(材料2枚以上必要な面積の部屋の場合)

材料1枚で貼れない、広い部屋にクッションフロアを貼るときは、どの向きで貼っていくか、という「割付」を考えます。そして、ジョイント(1枚目と2枚目のつなぎ目)をもってきたい部分に墨だし(線をつけること)をします。
墨つぼは、墨汁のタイプとチョークのタイプがあり、どちらを使っても構いません。

貼る前の準備 その3(材料2枚以上必要な面積の部屋の場合)

(写真④仮置き)

墨だしをしたら、次に材料を仮置きしていきます。墨に合わせて端をぴったりと置き、壁側は切しろを10㎝程とっておきます。

仮置きした後は、半分にエリアに分けて糊を塗り、施工をしていきます。
施工するエリアは仮置きしたクッションフロアをいったん反対側に折り返して、糊を塗っていきます。

1枚目を貼り終えたら、2枚目は端の柄を合わせ、重ねて仮置きしていきます。後ほど「重ね切り(相裁ち)」をしていくためです。

いかがでしたか? 今回は貼る前の準備の仕方についてお話をしました。工事は段取り八分とよくいわれますが、実際に貼るところまでがとても大切です。次回は最後の仕上げ部分、糊の塗布とクッションフロアをカットするコツについてお話していきます。お楽しみに!

人気記事ランキング

注目の講師

ウチコミ!