連載・トピックス / ライフスタイル

空間と心のディペンデンシー

夫婦の危機は簡単に訪れ、ちょっとしたことで去っていく

2019/10/02 遠山高史

文/遠山高史(精神科医)

画像/123RF

ある40代の主婦の話である。
彼女は美容系の専門学校に通っていたが、卒業後すぐに結婚した。当時、彼女の結婚の知らせを聞いた友人たちは少なからず戸惑った。
将来はその美貌を活かして美容の世界で働くか、それこそスカウトにでもあって、モデルとして活躍するかと思われていたからである。さらには、彼女を射止めたという新郎がごくごく普通の大人しそうな男性で、彼女の輝くような美しさの前では少々役者不足のように見えたこともあった。

そんなに早く結婚しなくてもよいのではないか、という意見に対して、彼女は「暖かい家庭を持つのが夢だったから」と答えたものである。
そして、結婚後すぐに、中古の物件をリフォームし、自らあれこれと手をいれて、居心地のよい戸建てに収まると、立て続けに3人の子どもに恵まれた。
リビングにはソファーが配置され、重厚なダイニングテーブルには季節の花が飾られており、子どもたちが遊んでいる。まさに理想の空間に見えた。

当初、心配していた友人たちも、これなら大丈夫と胸をなでおろしたものだが、40を前にして、雲行きが変わってきた。
夫の愚痴が増えたのだ。家事の手伝いをせず、口を開くと小言ばかり、というのが、おおまかな内容である。
彼女の話によれば、結婚後、専業主婦だからと、一切の家事は自身が担い、外で仕事をする夫と子どもたちが気持ちよく過ごせるようにと努力したのだが、かえってよくなかった、という。
いつしか夫は「俺が稼いでやっている」と言い、「家事など取るにたらない作業だ」と言うようになった。

言うまでもないことだが、家事は極めて創造的で高度な頭脳労働であり、肉体労働である。難しい大学の試験といえども必ず答えはある。しかし、家事に決まった答えがあるわけでなく、その都度答えを編み出さねばならない。掃除、洗濯、3度の食事に加えて、3人の子どもたちの世話。限られた時間の中で、これをこなすためには、経験と、工夫と、適当に、端折り、時にでっち上げも必要になる。また、勤務時間が決められているわけでもないから、子どもの具合が悪くなれば、深夜だろうと関係がない。マニュアルはないのだ。
外で働く夫には、その苦労は見えず、帰宅してすぐに、食事が提供され、風呂が沸いていることも、当たり前になってしまった。
何度も離婚を考えたが、その都度、踏みとどまった。しかし、夫の態度は変わらない。悩んだ結果、パートに出ることにした。子どもたちも手が離れたし、家にずっといると、鬱々としてくる。

外での仕事は思いのほか楽しく、友人も増えた。さらに、彼女の美貌は40を超えて衰えを見せず、男性を引き付けるには十分すぎたから、ほどなくして職場の男性から食事に誘われるようになった。当然、家事はおろそかになった。同じ時期、働き方改革とやらで、夫側は週に2日ほど、在宅で仕事をするようになり、しぶしぶ夫が家事に手をつけることになったが、家庭の雰囲気は悪化した。ダイニングテーブルには、片付けられないままの新聞が積み上がり、花瓶は物置に追いやられた。
いよいよ最悪のことになるのではと思うようになったある日、仕事を終えて深夜、帰宅すると、夫が一人待っていて「ごめん」と言った。

聞けば、飲みの席で、妻に逃げられた上司の愚痴を聞かされたという。ある時、彼の上司はよれよれのワイシャツで出社してしこたま部長に叱られたという。
部長は、何事も支えてくれる人間をないがしろにすれば、うまくいくわけがない。家庭でも職場でも、自分一人が努力していると思っていると人は離れてゆく、というような事を言ったそうだ。
どうやら夫の妻への見方を少し変える効果があったようだ。とにかく家では妻を立てないとうまくゆかないことも認識したようであった。ただ、まだ、「ごめん」といったとき、夫はそういう自分が心から妻に詫びていないことを感じていたかもしれない。妻からどうせクールな反応しか返らないだろうと思っていたかもしれない。しかし、もともと素直な質の妻は、実に嬉しそうに微笑んだのだ。その微笑みが夫に、得難い気立ての良い妻であること再認識し、自らのおごりに気付かせることになったようであった。夫は照れくさそうに、しかし、今度は本心から小さい声で「ありがとう」と言って寝室に引っ込んだ。

以前より夫は協力的となった。そうさせたのは、彼女の美貌に勝る人柄であったようである。ダイニングテーブルには、また花が飾られるようになった。
後日、手作りの豪華な焼き菓子を件の上司にもっていったところ、うらやましそうに、君は幸せだねといったという。

人気記事ランキング

注目の講師

ウチコミ!