連載・トピックス / 不動産投資

住まいの残し方

家を受け継がれる家へ

2019/03/01 川久保文佳

文/川久保文佳

変わる住宅に対する価値観

戦後、日本の住宅政策によって、「住まいを持つこと」が推奨され、さらに、住宅ローンの減税や住宅金融公庫による融資によって、新しく家を建てることへの政策は盛んに行われました。

その一方で、現存の住まいへの継承については、個人の裁量に委ねられています。それらの、中古住宅転用などの具体的な政策がないままに住宅の中古市場は衰退してきています。さらに、優遇のない古い住宅への執着は薄れ、新しい住宅への移転や住み替え、建て替えが盛んに行われきています。

アメリカやイギリスでは、建物を残しながら、住み続ける文化が根付いています。親から子へと継承されて、子どもの世代が住み続ける、引っ越して中古住宅に住み替えるなど、中古市場での取引も活発です。

それは、国単位で考えたときに、住宅という資産を残しながらその上に資産形成する国と資産をゼロにして新しい住宅で資産形成を始めるのでは、個人が持つ住宅以外の余力の資金も変わってきます。

持ち家率を日本と欧米で比べてみると年齢が高い層においては大差がありませんが、20代から30代の持ち家率がアメリカに比べて24.5%減と低いまま推移しています(総務庁統計局資料より)。若い世代で家への執着がさらに薄れているように感じます。

最近では、家を持たず、不動産を持たずに移り住みながら暮らすというスタイルも若い層で支持されてきています。

また、高齢者の住宅は空き家になるか手放すか、という方向へ進んでおり、相続に対しても高額な税金が課せられることから手放す状況が増えています。アジア諸国では税優遇からお金を増やしながら、家を子世代へ引き継ぐことができています。実際、タイと日本を同じフィールドで考えたときに、日本の住宅による資産形成はとても不利に感じます。

また、日本では中古住宅市場が活発でないことから更地にして現金化するケースも増えています。

最近、空き家情報を数多く聞くようになりました。八戸、秋田、仙台、鎌倉、和歌山、大津、福井、箱根、強羅、近江八幡などなど、いずれも持ち家の方がご高齢で、後に引き継ぐ家族がいないことが原因です。ひとつひとつの詳細を確認すると、それぞれが、魅力的な住宅や古民家、旅館などです。

大きな建物が多く、そのままでは住めない事情もあります。これらは、持ち主が利用しているとされ、空き家としていないために空き家の調査には引っかからない建物です。こういった空き家予備軍が数多く控えている状況を感じます。

ただし、家を継承するためには、住まいを壊すのではなく、生き返らせるという作業が必要です。それには、費用も労力も掛ります。住み続ける、使い続けるために中古住宅や歴史的建造物などへの国の施策も必要です。

民泊の実際とイメージの溝

世田谷区内にて、ご両親がなくなり、15年ほどセカンドハウスとして利用していた住宅の転用を依頼されました。セカンドハウスとはいえ、これまでもあまり使われてはおらず、ご両親の思い出のある住宅を壊さずに使いたいというご希望でした。

そこで住宅宿泊事業法(民泊)による転用をお勧めしました。大切な家具や食器、日本人形や染め物のタペストリーなど備品をそのままにして、大きく汚れのある壁紙を交換し、台所の床材を変更しました。作り付けの家具はペンキだけ塗り替えて、古いながらも清潔感のある思い出の住宅を再現できました。そして、海外にゆかりのあるというご両親のお写真をお借りして、ご家族のストーリーをお部屋に置くことを決めました。歴史を紡ぐ準備が進んでいきます。

現在、民泊に泊まられる方も日本の歴史的な家屋を体験してみたい、日本を知りたいという方が増えてきています。

ある民泊について、2月に台東区の民泊の来客事情をみると、1組目はミラノからきたご家族で、子どもたちに日本の国の文化を教えたくて来ているということでした。

また、2組目はニューヨークから来たご家族で、奥様は弁護士、ご主人が広告代理店の社長をしているというご家庭で、休暇を利用して日本に子どもたちと来たということでした。

3組目のフィリピンから来たご家族も日本を知るためにゆっくりと函館から新幹線で東京へ移動してきたようです。

どの家庭も一様に日本のことをもっと知って好きになりたいというお話でした。

お部屋の使い方については、チェックアウトの後もゴミはきれいに分別され、ベッドは元のようにベッドメーキングがされていました。

先日、世田谷区の住宅宿泊法の許可が下りた住宅の周辺の住民の方から説明会を開いて欲しいという要望をいただき、説明会を行いました。

周辺の住民の方10名ほどの方が出席され、いろいろな不安点や疑問点などの質問を受け、丁寧にお答えしました。

しかし、民泊への理解はニュースで取り上げられている奇異な犯罪のイメージが強く、残念ながら反発しか得られませんでした。

そこで感じたことは、民泊の良さを報道が伝えていないということでした。

これから、国の施策によって外国人の受け入れが始まります。どんどん海外の方が日本で暮らすようになるでしょう。海外の方とのコミュニケーションを図り、受け入れるという練習も必要なのだと感じました。

注目の講師

ウチコミ!