連載・トピックス / 買う

大工の嫁が教える家づくりの落とし穴

コストがかかるだけに慎重に選びたい

最近主流のLED、おしゃれなダウンライト…。照明にまつわる意外な4つの落とし穴

2016/09/14 岩崎未来

空間のイメージを大きく左右するのが、「照明」の存在。そして、意外とコストがかかってしまう、厄介な相手だったりします。高いからといってケチってもよくないですし、高価な照明器具でも設置のしかたによっては効果が十分に発揮できないことも…。今回は、照明選びの際に注意したいことをまとめてみました!

落とし穴(1) コストを気にしすぎて…

 照明は、とにかく高い! 家づくりをした人で、「照明にこんなにお金がかかるなんて、想定外だった…」と言う人がたくさんいます。予算内におさめるべく、ケチって照明の数や質を落とし、「あれ?なんだか家のなかが暗い…」ということがよくあるそうです。家具のような存在感はないけれども、空間の印象をガラリと変える照明の力、恐るべしです!

 家のなかが暗いのは生活するうえで困りますが、逆に明るすぎるのも居心地の悪い空間になってしまうので、適度な数と設置場所を、きちんと専門家の方と相談し、死守したいところです。

落とし穴(2) LEDが主流だけれど…

 最近では、照明といえばLEDが主流。数年後には、照明のすべてがLEDになる、なんて話も聞きます。一定の明るさが長く続くLEDは確かに便利ですし、エコでもあります。

 ただし、「寝室につけたら、明るすぎて居心地が悪い」という人も多くいるようです。寝室は特にリラックスできる空間にしたい、と思う方がほとんど。LED電球も、場所をよく考えて使ったほうがよさそうです。

落とし穴(3) ダウンライトはオシャレだけれど…

「ダウンライト」とは、天井に埋め込み式で、床を直接照らすタイプの照明です。照らされた対象を浮かび上がらせる性質があるため、よりムーディーでオシャレな空間演出ができます。一般的なシーリングライトに比べ、照らす対象を美しく見せる効果もあるため、最近では自宅に採用する人が多くなってきています。

 ただし、その設置場所鵜には要注意。洗面所や納戸などの狭い空間なら適しているのですが、広いリビングでは光源として不足し、寝室ではダウンライトの真下は明るすぎて眠れない、という事態が起こります。オシャレだからといってむやみやたらに設置せず、その照明の特性をよく理解し、その効果が発揮できる場所に設置するようにしましょう。

落とし穴(4) スイッチの場所も重要!

 照明の設置場所が決まったら、次によく考えたいのが照明のスイッチの設置場所です。意外とこれが、失敗する人が多くいます。実際の生活上でその照明をつけたり消したりするシーンを考え、どの場所にスイッチが必要か、あると便利かを徹底的に割り出してみましょう。

 たとえば、玄関照明のスイッチは玄関だけでなく、ママが夕方の時間帯に長くいるキッチンにもあったほうがいい、とか。子ども部屋の照明スイッチは、高さを低くしたほうがいいね、とか。ライフスタイルや、生活上の導線、家族構成などによっても少しずつ変わってくるので、家族でぜひ「ここにスイッチほしい!」会議をしてみてください。

「照明デザイナー」という職業があるほど、照明は奥深く、大切なアイテムです。天井高や壁紙の色・家具のテイストなどによっても合う照明は変わってくるので、ぜひこだわってセレクトしてみてくださいね!

★★★こちらも併せてお読みください★★★
和室離れが進行中! その裏に「○○不足」という業界問題あり!?
http://sumai-u.com/?p=5841

「いつかは憧れのログハウス」がおすすめできないこれだけの理由
http://sumai-u.com/?p=1994

分譲住宅は最初から「70点」を目指してつくられている
http://sumai-u.com/?p=499

<< 前の記事

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U