連載・トピックス / 買う

大工の嫁が教える家づくりの落とし穴

”バリアフリー”とは真逆の空間

最近人気の建築法「スキップフロア」の落とし穴

2016/02/25 岩崎未来

「スキップフロア」とは、フロアの高さを半階分ずつずらしながらつくる建築方法のこと。実際の面積よりも広く感じる、開放的な空間になるといったメリットがあり、最近この「スキップフロア」を取り入れた住宅が増えています。そんな人気の建築法にも思わぬ落とし穴があるんです!

「スキップフロア」とは?

「スキップフロア」とは、フロアの高さを半階分ずつずらしながらつくる建築方法のこと。具体的にいうと、中2階や半地下などが存在する建物です。高低差をつけることで実際の面積よりも広く感じる効果があり、部屋を廊下や壁で仕切らず段差で仕切るため、開放的な空間になります。

 最近この「スキップフロア」を取り入れた住宅が多く、特に狭小住宅などには有効だったりしますが、やっぱりデメリットも存在するんです。

 高齢化が進む昨今では、やはりバリアフリー住宅も非常に人気です。しかし、段差が何カ所もあるスキップフロア住宅は、バリアフリーとは真逆の空間。高齢者といっしょに暮らす可能性のある人は、注意が必要です。

 ただ、その可能性がなかったとしても、自身もいつかは年老いる日が来ます。そのときは、リフォームが必要になるかもしれません。そのときのことまで考えて、施工会社と入念な打合せをしておきましょう。

壁がないため光熱費が高くなる!

 壁がなく、開放的な空間ではありますが、その分だけ光熱費の負担は増えることになります。すべての部屋がつながった大きなワンルームのような家になるため、冷房をつけてもなかなか涼しくならない、暖房をつけてもなかなか温まらない、といった難点があるのです。

 また、冷たい空気は下に、温かい空気は上にいく、という性質があるため、下層と上層で温度差が発生しやすくもなります。そのようなデメリットをできるだけ軽減させるため、施工会社に相談し、空調設備を工夫してもらうほうがよいでしょう。

遮音性が低く、プライバシーがない!

 スキップフロア住宅は、小さなお子さんがいるご家庭が建てるケースが多いようです。壁がなく、段差で区切られただけの空間は、子どもが小さいうちは家族の様子がどこにいても感じられ、開放的でよいかもしれません。

 ただ、子どもが大きくなってくると、「自分の部屋がほしい」「自分の時間を邪魔されたくない」と感じるもの。それは、もしかしたら親も一緒かもしれません。そのとき、壁がない家では音もダダ漏れ、すべて見えてしまうため、ストレスに感じることも……。

 必要なときには壁を設置できるようなつくりにするなど、将来のことをよく考えた設計を!

建築費用が高く、施工できる業者が限られる

 ひとつの空間に何層ものフロアをつくるということは、それだけ施工面積が広くなるということです。そのため、同じ広さの土地に建てる一般的な木造住宅よりも、コストは高くなってしまいます。また、施工が複雑になるため、どの会社でもつくれるとは限りません。施工期間も長くなる場合が多いようです。

 その会社の実績をしっかりチェックして、本当に自分が望む、上質なスキップフロア住宅が建てられるのかどうか、見きわめる必要があります。

 狭い土地を有効に活用できるほか、風通しがよかったり、広く感じたりするメリットもある「スキップフロア住宅」。特に都心部などでは、有効的な建築方法かもしれません。ただし、デメリットも多々あります。スキップフロアにする際は、将来のことをよく考え、見据えたうえでの理解と工夫が必要になりそうです。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U