連載・トピックス / ライフスタイル

まちと住まいの空間

第5回 「伊豆・真鶴」のラビリンス空間①――すり鉢状の地形に成立した原風景

2018/10/30 岡本哲志

文/岡本哲志

「美の条例」で知られる町

真鶴の駅前には真鶴道路(国道135号線)が鉄道線路と平行して通る。その道路を渡ると、真鶴の海に向かうと思われる太い道と細い道の2本の道が西に延びる。私たちは右側の細い道に入り込む。受講生の方たちから「どうしてこの道を行くのですか?」といった野暮な質問はない。“まちの声を聴く”ために集まった人たちだから。

真鶴の地形と広域の現況
丘側から見た真鶴の景観

この小道は、地元の人たちが「せとみち(背戸道)」と呼ぶ古くからの小道である。狭く曲がりくねった小道が裏の勝手口を結ぶように町中をネットワークしていることから名付けられたという。右手の小山には戦国時代に荒井城が置かれていた。さらに進むと、真鶴の漁船が停泊する小さな湾とそれを取り囲むように形成された市街が一望できる場所に出る。

“背戸道”沿いの斜面は地元で取れる「小松石(安山岩)」を積み上げた擁壁が続き、風情を醸し出す。真鶴は漁業と石材業、そして観光業が主な産業である。

まちの風景を演出する背戸道と小松石の擁壁

“背戸道”は少しずつ標高を下げて、木々の間から見え隠れする真鶴市街の風景も変化する。市街を遠巻きに歩いてきた“背戸道”は、T字路に突き当たり、交差する道の脇に祠が置かれていた。右は上り坂、左は下り坂。上り坂を行くと、真鶴半島を横断するかたちで隣の浜・福浦に至る。真鶴を2回続けたあと、7回に登場してもらう漁村集落である。峠越えをする細い道は鉄道が敷かれる以前、船で行き来する以外に浜と浜を結ぶ重要な交通路だった。今回は、下り坂を選び、真鶴市街に深く入り込むことにする。

真鶴市街から、新しい道路を消してみると…

大正期の真鶴

T字路から“背戸道”をさらに下り、自動車がすれ違える広い道路に出る。この道路に沿って、港に近い市街へ下りる幾つもの階段がある。
「真鶴は古くから階段が多い町だったのでしょうか?」
とまち歩きに同行した受講生の方々に訪ねてみる。
「?」
回答がない。
「自動車がなかった時代、皆さんが今立っている道は必要だったのでしょうか?」
と次の質問を投げかける。現在の位置を確認して、配布した地図に全員が見入る。
受講生の一人が「駅前から市街、港を抜け、貴船神社の脇を通る道路は新しいように思えます」と。
「そうです。大正のころの絵葉書をみてみましょう」。

絵葉書を見ながら、現在の風景と見比べる。
「○○さんが言った道路は砂浜と海の際を通っているように見える」
「貴船神社の方へ行く道路は海の中だ」と受講生が感想をそれぞれ述べる。
「山側に“背戸道”があるし、馬蹄形をした2本の道路のうち1本はいらないのではないか?」と別の受講生。
「海に近い方の馬蹄形の道以外、自動車が通れる道路は全て新しいと考えてよいです。ただし、ほんの一部ですが、“背戸道”がベースとなって拡幅している道路もあります」
「一部とはどこですか?」と受講生から質問される。
「皆さんが今立っている場所から、南へ30メートル行って再び“背戸道”にぶつかるまでの間です」と答える。
「どうして、海に近い方の馬蹄形の道が古くからあると言えるのですか?」と受講生から質問が飛ぶ。
「よい質問ですね。その道も消してみましょう。何かわかりましたか?」と皆さんを見渡す。
「どこへも出られない孤立した路地が沢山出来てしまう!」と受講生の何人かがいぶかる。
「そうです。この道から路地が入り込んでいます。さらに、津島神社と愛宕神社を結んでいるだけでなく、貴船神社、自泉院や日和山に通じる古く細い道、“背戸道”とも結ばれています」と話す。
「階段がなくなると、路地は袋小路になってしまう!」と受講生の一人がみんなに語りかける。

原風景への誘い

かつて袋小路であったコミュニティ単位を形成する路地

「さあ、階段を降りてみましょう」といって階段を降りる。
「階段がなかった時の路地空間を想像してみてください」と語りかける。真鶴は津島神社以西の窪地に独特の居住空間をつくりだすエリアが浮かびあがる。地籍図に示されている枝番をすべて元の一筆に戻した時、真鶴の原風景があぶりだされる。

現在の真鶴は階段が多い。しかし、その多くは以前なかった道と道をつなぐ仕組みとして誕生したもので、真鶴の特徴的な路地はもともと袋小路であった。土地とその上に建つ建物は、路地を中心に一つの居住空間の単位をつくりだしていた。わかりづらい空間の仕組みのように感じるが、個々の敷地からは中心部へ、あるいは港へとスムースにたどり着ける。

真鶴の原風景を描く構造

このエリアを構成する基本骨格は、異なる 3 つの道である。
1 つは、津島神社から海に向う象徴軸としての参道で、集落と独立したかたちで海に延ばされた。
2 つは、等高線に沿う高低差のない道である。先ほどの話で、唯一残った広い道路である。これは周辺の集落と結ぶ道であり、同時に津島神社以西のエリア中央を貫く求心的な軸となる。坂の多いことも忘れさせる平坦な道である。

3つは、海へ通じる。比較的勾配のある道で、集落と港を結ぶ。通じる道の数は最小限に止められた。それは、自然の猛威を避け、快適な集落の環境を内側につくりだそうとした結果である。参道を除いた2つの道からは、斜面を背にして袋小路の路地が緩やかな地形を選ぶように道から派生し、奥に延びる。地形、あるいは敷地割りとの兼ね合いで、これらの路地は短く完結する。

この原風景となる道の構造は、ツリー(木)の枝に見立てることができる。羽田の回の時に「魚の骨」、あるいは「ぶどうのふさ」と表現した路地である。求心的な道を幹とし、そこから枝分かれする。最終的には袋小路の路地に至る。その袋小路を小枝に例えると、そこに葉や実がつらなるように、敷地が寄り集まり、まとまりのあるコミュニティ単位を構成する。この単位をここでは「ツリー・コミュニティ」の単位と呼ぶことにしたい。真鶴の敷地割りの基本は、「ツリー・コミュニティ」を描きながら、増殖し、ラビリンス空間を拡大させた。太平洋に直接面する厳しい自然条件のなかで、真鶴の選んだ初期段階の集住空間である。

注目の講師

ウチコミ!