連載・トピックス / ライフスタイル

「セルフリノベーション フロアタイルの巻②」  

自分でできる!フロアタイルの施工方法 前編

2019/08/09 内村恵梨

前回はフロアタイルがどんな材料なのか、メリットデメリット、価格帯などをご紹介しました。今回は実際に自分で施工する際の準備についてお伝えしていきます。(文/内村恵梨)

必要な材料を用意する

(写真① フロアタイル用糊)

まずは使用したいフロアタイルを選び、ネットなどで購入しましょう。
フロアタイルのメーカーでよく使われているのは、東リ、TAJIMA、サンゲツ、リリカラなど。
材料の厚さが、東リとTAJIMAは3.0mm、サンゲツとリリカラは2.5mmなので、もし部分的に違う種類のフロアタイルを貼るといった場合は、違った厚さにならないよう注意が必要です。

フロアタイルを選んだら、今度は材料の必要数を計算します。
基本はケース単位で売られているので、何ケース材料が必要かを出していきます。

ここでは例として、サンゲツのフロアタイル、「エイジドウッド」シリーズ、品番WD-794を選んだとします。
こちらは1ケース24枚入で、1ケース分で施工できる面積は約3.34㎡と記載されています。

計算の仕方は、
お部屋の平米数 ÷材料1ケースの施工面積×1.1(※)=必要ケース数
※1.1を掛けるのは、部屋の隅などでロスがでるので、余裕をもって多めに材料を用意するためです。

例えば、部屋の平米数が10㎡とすると、
10㎡÷3.34㎡×1.1=3.29 
となるので、「4ケース」が必要ということになります。

中には1枚売り対応の商品もあるので、その場合は部屋の平米数をフロアタイル1枚の平米数で割って1.1をかければ、必要枚数がわかります。
また、フロアタイルを貼る際に必要な糊も、商品説明のところに施工面積目安が書いてあるので参考にして用意しましょう。

例えば、東リの「エコAR600」という商品を使う場合、糊の大きさは3種類あります。
3kg(施工面積約10平米)、9kg(施工面積約30平米)、15kg(施工面積約50平米)とあるので、施工面積に合わせて余裕を持たせた量を用意します。

巾木を取る&床を掃除する

(写真② スクレイパーと座敷ほうき)

もしソフト巾木がついている場合は、フロアタイルを貼る前に剥がしておきます。クロスの貼り替えをしない場合は、巾木とクロスの境目のところにカッターで切り込みを入れてから巾木を剥がします。そうしないとクロスまで剥がれてしまうためです。

ソフト巾木は、スクレイパーやマイナスドライバーなどを差し込めば、比較的簡単に剥がれます。もし硬くて剥がれなくなってしまっている場合は、グリップエンドをハンマーで叩けるタイプのスクレイパーを差し込み、ハンマーでトントン叩いて剥がします。

木でできた巾木がついている場合は剥がさずそのまま施工します。

フロアタイルを貼る床面は、細かいゴミも拾える座敷ほうきを使って掃除をします。

もし床に大きな凹凸がある場合は、床用のパテ材(ヤヨイ化学「アースタック」等)で下地調整をします。粉末状で売っているので、水で練ってからヘラで凹凸部分を埋めるように平滑に塗ります。

割り付けと基準線

(図③ 割り付けと貼る方向)

続いて、貼り始めの中心位置を決め、基準線を引きます。
貼る方向はフローリングと同じで、たいていの場合部屋の入口から奥に向かって貼ります。部屋を広く見せ、奥行きを感じさせるためです。

施工は部屋の端っこから順に貼るのではなく、部屋の真ん中に基準線を引き、真ん中から壁方向に向けて貼り進めます。これは、壁は真っすぐなように見えますが、実は真っすぐではないので、壁際から貼り進めるとフロアタイルがずれたり曲がってきてしまうためです。
また、基準線を引いて真ん中から貼り進める方が、部屋を分割しながらできるので施工性が良いためです。

基準線は墨汁タイプやチョークタイプの「墨つぼ」と呼ばれる道具を使って引きます。

基準線を引く際は、部屋の真ん中あたりから壁までの距離を測り、それをフロアタイルの縦幅(短い辺)で割って、フロアタイルが何枚並べて貼られるかを確認してから墨を引きます。このとき、一番端っこの壁際に2㎝や3㎝などの細い材料が入らないように注意します。

例えば、先ほども例に出したサンゲツのWD-794を貼るとすると、まず図のBの長さを測り、それを材料の縦幅152.4mmで割ります。Bが1,500mm(1m50cm)の場合、
1500÷152.4=9.84 となります。
フロアタイルが9.84枚必要ということなので、最後の一枚はカッターで少し切って12㎝くらいのものが貼られるということになります。

これが、Bが例えば1m39cmだと、1,390÷152.4=9.12枚なので、
最後の壁側の一枚は2㎝弱の細い材料を切り出して貼る必要が出てきます。
端っこに細い材料が入るのは見ばえが良くないのと、施工が大変になるので、できるだけ避けるように基準線を微調整しましょう。

長方形フロアタイルの貼り方の種類

(図4 フロアタイルの張り方の種類) 

木目調の長方形フロアタイルの貼り方は、フローリング同様に何種類かあります。その中でもよく使われるのは、①乱尺張りと、②りゃんこ張りの2つです。

① 乱尺張り(乱張り)
元々は無垢フローリングのように、長さが一定でないものをつなぎ合わせて貼っていたので、乱尺張りと呼ばれます。フロアタイルの場合は、壁際の1枚目を適当な幅にランダムに切ることで、2枚目以降のつなぎ目がランダムにずれていきます。自然な無垢フローリングらしい雰囲気になります。

② りゃんこ張り
レンガ張りとも呼ばれます。同じ寸法の材を一定にずらして交互に張っていきます。ずらし方が均等なので、整然とした雰囲気の仕上がりになります。きれいにそろっているので、やや人工的な雰囲気に。

いかがでしたか?
今回はフロアタイルを貼る前の準備についてお話しました。
次回は後編、実際に貼っていく手順をご紹介いたします。
お楽しみに!

人気記事ランキング

注目の講師

ウチコミ!