連載・トピックス / ライフスタイル

空間と心のディペンデンシー

部屋のきれいな女性が陥りやすいワナ

2019/07/29 遠山高史

文/遠山髙史(精神科医)

画像/123RF

30代後半の女性が、心身の疲労を訴えて外来にやってきた。最初は緊張していたが、だんだんと打ち解けてきて、いろいろと話してくれるようになった。

何回目かの診察の時に、「私、彼氏が欲しいんです。」と言われて、私は目をむいた。当方は精神科医であって、彼氏の調達は業務外だ。
ともかく、なぜ彼氏が欲しいのかと聞くと、少し前に体調を崩し一週間ほど仕事を休んで寝込んでいた際、急に独り身の恐怖を感じたらしい。
彼女は切れ長の目をした、和風美人で、スタイルも良く、十分に魅力的な女性と思えたので、正直にそのように伝え、えり好みしている可能性は無いかと聞くと、「そんなことはない。まったくモテないし、仮につきあったとしても長続きしない」とのこと。
とはいえ、やはり彼女自身がひかれる男にはある傾向があることが見えてくる。
彼女は、某雑貨メーカーの営業職で、社内でも1、2を争う大口の取引先を顧客にもっている。そのせいか、私の質問に対する受け答えも無駄がない。診察中も、手帳を片手にテキパキとメモをとる。その整然とした文字を見ていると、相当なしっかり者であることが伺える。そのうえ、趣味はお茶とお花で、どちらも、師範代の腕前だそうだ。料理も得意で、ある日は、私のために手作りのパンを焼いてきてくれた。
その焼き上がりの見事さに驚いていると、彼氏のために以前はパンや、ケーキをよく焼いていたと、呟いた。彼氏がいつ来ても快適に過ごせるように、部屋は毎日掃除して、夕食を整え、朝食のためにパンを焼き、なんやかやと世話をするが、なぜか少しずつ訪ねてくる回数が減っていき、しまいにはフェードアウトされてしまうそうだ。

イケメンだが子供っぽい、ギャンブル好きで夢見がち、マザコンの酒飲み……そんな男に填まる理由

私は彼女に男が寄り付かない理由がなんとなくわかった。

美人で仕事ができる、これだけでも普通の男は気後れするというのに、花道と茶道をたしなみ、炊事、洗濯、掃除まで完璧にこなされたとしたら、つけいるスキがまったくない。快適だと思うのも最初のうちだけでで、たいていの男は居心地が悪くなって逃げだしてしまうのではないか――。

「作品」だという、生け花の写真を見せてもらった時、彼女の部屋の一部が写っていた。まるでモデルルームのようで、本棚には難解そうな書籍が並び、週刊誌や雑誌など一切無く、家具も洗練されたものだった。これでは、寝転がってくつろぐのも気が引けるというものだ。

こういうタイプは、少し手を抜くことを覚えたほうが良いように思う。食事など、最近はコンビニのお弁当でも十二分においしい。出前もインターネットですぐに来てくれし、掃除も毎日やらずとも死ぬわけでなし、多少乱雑な方が気が休まるというものだ。当の本人も疲れるし、近しい人間は、息が詰まってしまう。
そのうえ、彼女のようなタイプの女性はなぜかしっかりした面倒見の良い男とは縁が少ない。むしろ、イケメンだが、やや子供っぽく、ギャンブルなど好きで、しょっちゅう仕事を変え、定職につかなかったり、あるいは、プライドだけは一流だがマザコンで酒飲み男との縁が多い。結局一緒になって苦労することも珍しくない。
おそらく彼女のような女性は男を支配したがる傾向も強そうである。初めは、面倒見の良い彼女に惹かれた男も次第に潔癖な彼女のしきたりについてゆけなくなってくるのかもしれない。おまけに、一緒にいないときの行動も把握したがるため、窮屈な印象を与えてしまう。

しかしながら、彼女のようなタイプは結構多い。元来真面目ゆえに、一生懸命やるので、なんでもかんでもできてしまう、「損」な人たちである。
何事も少々「雑」であった方が、楽だし、そういう方が割と人好きするものなのである。
「完璧」は、実は支配欲の裏返しでもある。なかなか見事だが、支配される側が「快適」とは感じないかもしれない。時にはできることもできないふりをし、気づいていても気づかぬようふるまい、相手にやらせる工夫をしてみよう。何事も人生に完璧はなく、相互に助け合う関係こそ肝要である。

人気記事ランキング

注目の講師

ウチコミ!