連載・トピックス / ライフスタイル

心地よい空間作り-Step2

1色だけでイメージをガラリと変える「色構成計画」とは

2019/08/07 Mie

文/Mie

涼しさを感じさせる寒色系カラー

暑中お見舞い申し上げます!
今季は遅めの盛夏の到来となりました。梅雨明けと同時に気温急激に上昇して、戸惑った方も沢山いらっしゃったことと思います。
そんな暑いなかで外出が多い方にとって、こうした猛暑で活躍するのが携帯式冷却グッズです。毎シーズン出てくる携帯式冷却グッズは種類も豊富でさまざまなものがあって、どれもデザインも可愛くて、オシャレだったり、私も、ついつい手が伸びてしまいます。
そんな冷却グッズですが、涼しく感じる寒色系のクールカラーを選ぶことで視覚刺激の相乗効果も加わって、より早くクールダウンにも繋がりますので是非、試してみてくださいね!

それでは前回に引き続き「居心地の良い空間作り」の続編です。居心地の良い空間作りの最初のStep1である「自分自身が快適と感じる空間のテーマや、嗜好の探し方について説明しましたが、今回は「居心地の良い空間作り」Step2-§1として、「色選び①」について説明していこうと思います。
はじめに色には「種類」と「性質」というものがあります。
まず「色の種類」は無彩色(ホワイト、ブラック、グレイ)と、有彩色(ホワイト、ブラック、グレイ以外の全ての色 )の2つに分かれます。一方、「色の性質」は色相(暖色、寒色、中性色=暖色、寒色以外の色)と、明度(明るさの度合い)と、彩度(鮮やかさの強弱)という3つに分かれます。
これらは色彩計画を行ううえで、より正確なイメージやテーマを表現する基礎になるので、カラーコーディネートを考える際に頻繁に登場しますので覚えてください。
居心地のよい空間作りのStep1として自分自身が快適と感じる「風景」「色」「物」といったものを思い浮かべるというお話をしました。では、その空間の色は無彩色でしたか? 有彩色でしたか? そして、それは暖色系統? 寒色系統? 明るいですか? 穏やかですか? 華やかですか?
これらの色彩がご自身の居心地の良い空間のキーポイントになるので、思い浮かんだイメージを言葉や文字に置き換えてメモを取っておきましょう。

シンプル、まとまり、アクティブ……色数で変わる効果

3色に+1色を変えるだけでイメージが変わる

その思い浮かんだ空間にはさまざま色が使われていたのではないでしょうか。もちろん、それらの色をすべて使うという選択もありますが、何色使うかによってその効果は変わってきます。そこで色数とその効果について考えていきましょう。
色数によって空間の仕上がり方は次のように変わります。
[1~2色構成]
シンプル、モダン、シャープな印象。真っ白な空間やモノトーンの空間は洗練された潔い空間になります。
[3色構成]
扱い易く、アレンジの多様性に富み、バランスの良い印象となります。例えば、エレガント、ナチュラル、クラシック、エスニック、など、テーマや、ご自身の嗜好をコンパクトにしたまとまりのある空間です。
[4色以上=多色構成]
アクティブで賑かな印象。カジュアル、スポーティー、カラフルなど視覚的に刺激のある空間です。

1~2色構成、3色構成、多色構成のいずれでも、ご自身がイメージした色彩が主役となります。
そして、扱い易さから、私がお勧めするのは3色構成の色彩空間です。

その理由は1色を足したり、引いたりするだけで季節感やイメージをガラッと変えられる多様性を持っているからです。
例えば、無彩色のホワイトと中性色のライトイエロー、ライトグリーンでの3色構成された空間に暖色のオレンジを加えて4色構成(多色構成)にすると、オレンジの鮮やかなアクセントが加わることで躍動感が生まれ、アクティブ、ポップ、カジュアル感が生まれます。また、同じホワイト、ライトイエロー、ライトグリーンの3色で構成された空間に中性色のターコイズを加えると涼しさ、穏やかさ、ナチュラル感が生まれます。一方、ホワイトとライトグリーン(またはターコイズ)の2色のみの構成(1~2色構成)にすると清潔感とシンプルさが際立ちます。
このように3色構成に色を加えてみたり、減らしたりするだけで、空間のイメージを大きく変えることができます。つまり、3色構成は、視覚効果や色彩心理効果を有効に活用した色彩計画をしやすいのです。

さて、ここまでのまとめです。
Step1「イメージやテーマを思い浮かべる」
Step2「色選び①として[空間に取り入れる色数を決める]
次回はStep2-§2へと続きます。

人気記事ランキング

注目の講師

ウチコミ!