住まいのノウハウ講義 / 住宅ローン / 住宅ローンの基礎知識

性能検査をクリアした住宅が対象の住宅ローン

「フラット35S」と「フラット35」は何が違うのか

2016/01/04 小島淳一

フラット35Sは、性能検査をクリアした住宅が対象の住宅ローンです。5年または10年の間、フラット35よりも低い金利が適用されるので、返済額を減らすことができます。

フラット35よりも金利が低い

 フラット35Sは、性能検査をクリアした住宅が対象の住宅ローンです。5年または10年の間、フラット35よりも低い金利が適用されるので、返済額を減らすことができます。ただし、5〜10年の適用期間が終わった後は、通常のフラット35と同じ金利になります。ここでは、フラット35Sについて紹介しましょう。

 利用するための条件は、まずフラット35の条件を満たしていることです。それを前提としてさらに、強い地震に耐えられる「耐震性」、高水準の断熱性を実現した「省エネルギー性」、障がいのある人やお年寄りが過ごしやすい「バリアフリー性」、長年良好な状態で住むことができて容易な間取りの変更も考慮された「耐久性、可変性」といった4つの要素のうち、ひとつ以上を満たしていることです。なお、中古住宅を購入する場合は、中古住宅特有の基準を選択することもできます。

 フラット35Sの融資限度額もフラット35と同様に、建築費または物件価格が上限となります。

 フラット35Sを利用するためには、まずフラット35Sの基準を満たしていることを証明する必要があります。検査機関に物件を検査してもらい、適合証明書を交付してもらいましょう。

フラット35Sの2つのプラン

 フラット35Sの金利が引き下げられる期間については、2つのプランがあります。金利Aプランでは初めの10年間の金利引き下げ幅が年0.3パーセントから年0.6パーセントとなり、金利Bプランでは当初の5年間の金利引き下げ幅が年0.3パーセントから年0.6パーセントとなる対象になります。技術基準をどこまでクリアしたかによって、どちらのプランが適用されるのかが決定されます。

 金利Aプランのほうが低金利の期間が長く、お得であるといえますが、その分基準レベルも高くなっています。2012年の12月4日からは、金利Aプランの「省エネルギー性」の基準に「認定低炭素住宅」が追加され、融資を受ける対象になるための条件が増えました。

 住宅の技術基準レベルは、高いものから順に「フラット35S 金利Aプラン」、「フラット35S 金利Bプラン」、「フラット35」、「建築基準法」となります。

 金利引き下げにはフラット35Sの場合、税金が使われています。住宅金融支援機構では、耐震性や耐久性に優れた高品質な住宅を増やそうとしています。こうした優良な住宅を購入しようという人のために、国からの支援制度として金利引き下げが行なわれているということです。

利用を考える際はここに注意しよう

 ちなみに、フラット35は借り換えの際にも利用できますが、フラット35Sは借り換え時には利用できません。

 フラット35、フラット35Sはその時の政策の影響を受けます。国の政策として期間限定で行なわれているものなので、期限が来れば終了しますし、この政策のための予算がなくなれば申し込み受付も締め切られます。

 申し込み時期などによって内容や引き下げ幅も変わるので、住宅金融支援機構のホームページで制度について調べておき、不動産会社にも最新の要件を聞きましょう。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内