住まいのノウハウ講義 / 買う / 中古住宅の買い方

中古住宅の魅力とは?(1)

「新築は安全、中古は危険」は単なる思い込み

2016/01/04 枦山 剛

「新築は新しいから安全、中古は古いから危険」というイメージを持っている人は少なくありません。でも、実際はそんな簡単な話ではありません。建物の安全性は景気や社会情勢等にも影響される複雑な問題なのです。

新築だから安全? 中古だから危険?

 新築は新しいから安全、中古は古いから危険――。こうしたイメージを漠然と持っている人も多いかと思います。たしかに同一物件の新築時と数年後の状態を比較すれば、年数が経過するほど傷みが増えるのはしかたないことです。だからといって、新築物件のほうが中古物件より安全と考えるのは早計です。

 2015年10月に横浜市で発覚した「傾きマンション」問題に見られるように、新築時に「手抜き工事」や「初期不良」を見抜くことは極めて困難だからです。杭打ちがそうであったように、いくら設計図を見ても、その通りに工事が行なわれたかどうかはわかりません。

 また、コンクリートなどは、通常1年程度は経過しないと安定しないといわれています。コンクリートは水を多く加えたほうが工事をしやすくなる半面、ひび割れを招きやすくなります。工事を急ぐなどの理由で加水が多くなり、住んで半年も経たないうちに、外壁のタイルがはがれたり、ベランダにひび割れが生じたりするようなケースも実際に起きています。

 建築技術や建材の品質は今もなお、日々進歩しています。そのため、より新しい建築物のほうが丈夫で安全と思われがちですが、そうはいいきれないのです。

安全性は新築か中古かでは決まらない

 東日本大震災以降は震災の復旧や復興とオリンピック景気等によって建設工事が多発したのはご存知の通りです。その一方で、リーマンショックや長年の建設不況で、建設職人は毎年減り続けていたため、大幅な職人不足が起こりました。

 その結果、未熟な作業員が能力以上の仕事を任されたり、人手不足による作業時間短縮目的の手抜き工事が行なわれたりといったことが原因で、品質に問題のある施工が散見されるといった問題も起きているのです。

 実際、特に東日本では、建設作業員の奪い合いから工事単価が大きく跳ね上がり、それを狙ってそれまで建設業と無関係だった多くの人や法人が建設業に参入しました。そして、人手不足の深刻な建設会社から受注をしたのはいいのですが、結局、経験不足が原因で完工できずに途中で現場を放棄したり、品質不足の施工を行なって、発注者から契約を途中解除されたりといった問題を発生させています。

 しかし、こうした例はまだよいほうで、なかには不良施工を見抜けないケースもあります。手抜き工事が見抜けずに仕上げ工事まで完了してしまえばプロでも簡単には手抜きや施工不良を見抜けません。

 したがって、建物の安全性は新築だから中古だからという単純な問題ではなく、景気や社会情勢等にも影響される複雑な問題なのです。新しい物は古い物より品質が高いといった思い込みは捨てて、中古も新築も一長一短だということを理解しましょう。

次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内