住まいのノウハウ講義 / ライフスタイル / シェアハウス

シェアハウスの基礎知識(6)

あなたはいくつ当てはまる? シェア生活を始める前にチェックしたいポイント

2016/03/10 内野匡裕

「シェア生活」に興味を持ち始めたら、自分がシェアハウスに向いているかどうか考えてみましょう。ここでは、そのためお大まかなチェックポイントを紹介します。

シェア生活に向いている人とは?

 シェア生活に向いているのは、いったいどんな人でしょうか。ひとり暮らしや家族と暮らすのとは違って、他人同士が同じ屋根の下に住む「シェアハウス」、想像するのがむずかしいところもあります。

 まず「自分のことは自分でできる」ことが第一条件です。他人に依存せず、身の回りのことは一通り自分でこなせる人は向いているといえるでしょう。シェアハウスは人と暮らす居心地のよさもありますが、精神的に自立していることでお互い気持ちのよい生活を保つことができます。社会人のシェア生活では、個々の生活能力が大事です。

 次に「他人の価値観を受け入れられる」ことです。「常識」も人それぞれ基準が違います。自分が気にならなくても、他の人が気になることは意外とあるものです。いろいろな見方の人がいるのだな、というスタンスで視野を広く持ち、楽しむぐらいのつもりでいたほうがいいでしょう。

 最後にポイントとなるのが「遠慮せずに意思疎通ができる」ことです。伝えるべきことはしっかり伝えることが大切です。相手に遠慮していいたいことがいえないと、我慢してばかりでストレスが溜まってしまいますよね。

 コミュニケーションを取ることに対して消極的な人より、積極的な人が向いているといえます。シェアハウス生活にだんだん慣れてくると「相手を不快にさせずに伝えるべきことは伝える」バランス感が身についてくるものです。

ここを確認! 生活や設備利用のルールはどうなっているか

 シェアハウスに住みたいと思ったら、自分がどんな暮らしをしたいのか具体的に想像してみましょう。何人ぐらいで暮らしたいのか、どんな人と暮らしたいのか、どのぐらいコミュニケーションを取りたいのか、など箇条書きにしてみるとわかりやすいです。

 内覧先の候補となりそうな物件があれば、生活や設備利用などのルールを確認しましょう。ゴミ出しや共用スペースの掃除はどうなっているのか、設備の使用時間に決まりはあるのかなど、自分のライフスタイルを振り返りながらチェックします。

 物件によって入居者に任されていたり、運営会社がきっちり管理していたりとスタイルが異なるので、仕事が忙しくてあまり家事はできないという人は共用スペースの掃除を運営会社が行なってくれる物件を選ぶなど、無理のない選択をしたいところです。

 運営会社についてもチェックしましょう。案内役の担当者の人柄や雰囲気も大切です。シェア住居の場合、運営会社が共有スペースや入居者の管理に大きく関わってくるので、訪問頻度や清掃などの管理体制について聞いておく必要があります。運営会社が物件の現状をよく把握していない様子だったり、短期間でよく人が入れ替わったりする物件はなにかと注意が必要です。

事前に面談やメールで相性チェックを

 住む前にすべてを見抜くのはむずかしいと思いますが、何度かメールでやり取りするうちに、その内容からシェアハウスのライフスタイルや考え方が見えてくることも多いです。「ゴミ捨てのルールはどうしているか」「守れなかった場合の罰則はあるのか」など、具体的に質問をしていくことで自分のこだわりも見えてくるともいえます。

 また、相手のことを知るのも大切ですが、自分の心構えも大切です。ひとり暮らしでは気にしていなかった部分も、ほかの人にとっては生活上気になることかもしれません。人と生活することを考えて質問してみましょう。たとえば「喫煙する場合はどうしたらいいか」「異性の友人を連れてきてもいいか」など、具体的な質問を用意しておきましょう。

 特に少人数のシェアハウスの場合は、入居者によってルールの厳しさや居心地のよさが大きく左右されることもあります。事前にどんな人が入居しているのか運営会社に質問してみる、入居者がいるときに内覧を頼むなどして相性を確認した方が、入居した後のギャップが少ないはずです。

 新しい生活を始めるときは不安がつきものですが、新しいシェアメイトを迎える側も不安なものです。自分から積極的に知ろうとすることがお互いの安心感につながると考えましょう。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内