住まいのノウハウ講義 / リフォーム / リフォームの基礎知識

リフォームの失敗事例から学べること

なぜ「継ぎ足しリフォーム」はこれほど失敗しやすいのか

2016/01/25 森田祥範

住まいのリフォームは、かならずしも成功するわけではありません。ときにはリフォーム完了後に「○○しておけばよかった…」と施工主が後悔する事例も。リフォームに詳しい人に話を聞くと、「継ぎ足しリフォーム」は結果的に失敗しやすいんだとか。何が悪かったのか、継ぎ足しリフォームの失敗事例を検証します。

思いつきで行なうリフォームは失敗しがち

 リフォームの失敗事例としてよくあげられるのが「継ぎ足しリフォーム」です。

 継ぎ足しリフォームとは、住まいの気になるところから順に進めていくリフォームのこと。リフォームの進め方としてはよくあるパターンなのですが、実はこうしたリフォームは残念な結果に陥りやすいのです。

 なぜ残念な結果に終わるのか、事例をあげて見てみましょう。

 Aさんのお宅では数カ月前から、洗面所の床がぺこぺこ沈むようになりました。どうやら、長年にわたって水気を吸った床材が腐ってきた様子。そこで以前からつきあいのある工務店に洗面所の床の張り替えリフォームを依頼。合わせて最新の洗面化粧台を導入、洗面所の壁紙も貼り替えました。

 洗面所が見違えるほどきれいになり、Aさんもすっかりご機嫌。ところがその数カ月後、今度は洗面所に続く廊下の床がぺこぺこに。廊下の床も全面的に張り替えたいところですが、最近リフォームしたばかりで資金に余裕がありません。そこで工務店に相談すると、床材の重ね張りリフォームなら、費用は安くすむという話です。ただし、いまある床の上に床板を張るので、その分、床が高くなってしまいます。

 どうしようか迷ったAさんでしたが、結局は費用の安い重ね張りリフォームを選択しました。しかし、工事が終わってみると、洗面所と廊下の床にできた段差は、想像していた以上に気になります。

「高齢の両親が泊まりにきたとき、つまずくんじゃないかと心配でなりません。見た目も美しくないし。こんなことになるなら、洗面所の床を張り替えたとき、廊下の床も張り替えておけばよかった……」と、Aさん。後悔先に立たず、というわけです。

「継ぎ足し」にならない長期リフォーム計画を

 Aさんのような事例は、実は枚挙にいとまがありません。たとえば、次のようなケースです。

【事例B】 風呂釜が壊れたので給湯用ボイラーを交換
⇒その1年後、浴槽や浴室床の傷みが激しくなってきたので、ユニットバス導入を決意。
⇒すると、ヒートポンプ式給湯システムを導入したほうが便利で安上がりだと判明。
⇒結局、交換したばかりの給湯用ボイラーを廃棄。費用が二重にかかってしまった。
⇒こんなことなら、最初からヒートポンプ式給湯システムを導入すればよかった。

【事例C】 外壁塗装のコーティングが水を弾かなくなってきたので、足場を組んで外壁塗装のリフォームを実施
⇒その半年後、2階木製雨戸の桟が壊れてしまったので、アルミ製シャッター雨戸の導入を決定。
⇒しかし、道路に面した窓に新しい雨戸を取りつけるには、足場が必要といわれ、断念。
⇒結局、ベランダに面したサッシにだけシャッター雨戸を取りるけたが、取りつけるため外壁の一部を削ることに。
⇒雨戸取り付け終了後、削った外壁を塗装し直してもらったが、そこだけ色が変わってしまい、見栄えが悪くなった。
⇒こんなことなら、シャッター雨戸の取りつけと外壁塗装工事を同じタイミングでやっておけばよかった。

 このような「継ぎ足しリフォーム」に陥らないためには、長期的な視点に立ってリフォーム計画を立てておくことが必要です。住まいの気になる箇所のリフォームを思い立ったら、ついでに手を加えるべき箇所がないか、リフォームの専門家(リフォームに詳しい設計士等)や業者さんも交えてじっくり検討しましょう。

<< 前の記事

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内