住まいのノウハウ講義 / ライフスタイル / シェアハウス

シェア生活をもっと楽しむコツ(3)

アフターファイブを「家」で楽しむ新しい生活

2016/03/28 内野匡裕

シェアハウスには、住む場所だけではなく同じ趣味や目標をシェアしながら暮らすタイプがあります。趣味や勉強できる環境付きの家なら、場の持つ巻き込み力や仲間ができることによって楽しくスキルアップできます。

趣味系シェアハウスなら習い事いらず

 ひとり暮らしの生活が長くなり、職場にも慣れてくると「仕事以外の何かに打ち込んでみたい」という思いが強まってきたりします。自分の時間を自由に使えるのは、大人シングルの強みです。

 ただ、いざ習い事やジム通いを始めても、疲れが抜けない仕事後や休日の朝は出掛けるのが面倒になって通うのを辞めてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。確かに自分で予定を立てて何かに取り組むとなると、ひとりでモチベーションを維持するのはむずかしいものです。

 最近は、そんなシングルの悩みに応える「ヨガスタジオつき」「音楽スタジオつき」といった、好きなことを楽しむことができるシェアハウスも増えてきています。

 自分の住む家に教室があれば、わざわざ時間をかけて離れた場所へ通う必要もありませんし、同じ目標を持つ仲間がそばに暮らしているとサボったり、辞めたりする可能性も低くなります。ヨガスタジオつきシェアハウスであれば、ヨガレッスンを極めて、インストラクターを目指す人もいるそうです。

 目標達成をみんなでお祝いしたり、練習後の食事を楽しんだりと一緒に暮らす仲間の絆も深まります。ひとり暮らしのときはなんとなく過ぎていった時間も、部屋の外に出るだけで好きなことを共有できる仲間がいると思うと、毎日が楽しくなりそうです。

日本で「留学生活」気分を味わえる

 もともとシェアハウスは外国人が多いイメージがあるかもしれませんが、最近はシェア住居が一般的になってきたこともあり、入居したからといって必ずしも英語圏の人がいるとは限りません。

「語学を学びたい」という目標を持っている人には「英会話レッスン付き」などのテーマを持ったシェアハウスがおすすめです。本気で英語を学びたい人向けのシェアハウスなら「外国人講師がいる」「TOEIC集中講座が開かれる」といった特典に加えて、リビングでは頻繁に英語が飛び交うなど日本にいながら海外にいるような気持ちになれます。

 英語を専門に扱う仕事ではなくても、英話ができれば海外の情報をもっと知れたり、海外の友人と交流して視野を広げられたりと良い刺激になります。引っ越したばかりの時は「英語で自分の意見を思うように表現できない」「休日くらい気を遣わずゆっくりしたい」と思うこともあると思いますが、海外に引っ越すよりハードルが低く、馴染むのも時間の問題です。

 海外でイギリス人4人と一軒家をシェアしていた人の話を聞いたことがありますが、言いたいことが伝わらないときは電子辞書を使ったり、知っている単語で頑張って説明したりしていくうちにコミュニケーション能力がついてきたそうです。

 言葉の壁以外にも、週末の過ごし方や仕事への考え方も違う可能性もあります。日本人以上に異文化交流となる可能性も高いですが、新しい環境に身を置きたい人にはぴったりといえるでしょう。

仕事以外の「第二の可能性」を追求しよう

「毎日の仕事で忙しい」と思っていても、意外と「何もしていない時間」は多いものです。そうした時間を合わせれば、それなりの時間数になります。ちょっとした隙間時間や休日の自由時間を趣味や勉強に活用することができれば、いまやっている仕事以外の新しい自分を見つけられるかもしれません。

 たとえば語学を学んで日本で公開されていない映画をチェックしてみたり、パンづくりを学んで週末マーケットを開いたりすれば、新しい交流ができて夢も具体的になるかもしれません。

 趣味にしていたつもりが思いのほか人に喜んでもらえたことが嬉しかった、週末の手伝いをしてみたらいつの間にかもっと深く勉強してみたくなった…、という人も少なくはありません。

 もともとコーヒーが好きで週末はカフェ巡りをしながらワークショップに参加しているうちに、思い切って脱サラしてコーヒー店で働くようになった人もいます。

 仲がいい友達と飲みに行く、家でのんびりテレビを見て過ごすといった週末の過ごし方もいいものですが 「ここにいるからにはやらなきゃ!」と思えるような環境は新しいことにトライするときには貴重です。

 仲間がいる心強さや、場の持つ「巻き込み力」をうまく利用して、今の生活をもっと面白くしてみましょう。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U