住まいのノウハウ講義 / 借りる / 女性のための物件選び

持ちものに合わせて部屋の収納を見極める

クローゼット、シューズボックス、洋服好きは収納力を重視

2016/01/04 佐藤ゆみ

洋服や靴などお気に入りのものがたくさんある人にとって収納力はとても重要です。そうしたニーズを反映してウォークインクローゼトや、大きなシューズボックスを備えた物件が増えてきています。今回は収納について考えてみましょう。

メイン収納の収納力と特徴をとらえよう

 断捨離やミニマリストがブームにはなっていますが、女性にとって好きな洋服やお気に入りの雑貨を捨てるのはつらいもの。できれば、手放さずに使い続けたいものです。そのために重視したいのはなんといっても「収納」です。

 十分な収納スペースがないと、部屋に棚などをたくさん置かなくてはならず、ゴチャゴチャとした空間になってしまいます。物がきちんと収納された美しい部屋をつくるために、収納スペースに注目してみましょう。

 収納スペースといえば、押し入れとクローゼットがその代表です。クローゼットですと内部の仕切りを動かせるタイプのものもありますが、押入れは基本的に間仕切りを動かすことができません。丈の長い洋服を多く持っていて、ハンガーにかけて収納したい場合には、仕切りを動かせるタイプのクローゼットがおすすめです。

 一方、収納ボックスをたくさん使いたい、たまにしか使わないものは見えないところにしまっておきたいという人には、押入れのほうが使い勝手が良い場合もあります。自分の手持ちの荷物の詳細と収納の特徴を見極めながらメインの収納を何にすべきかを選びましょう。

靴が好きな女性には欠かせない シューズボックス

 女性にとって、靴はファッションの仕上げとなる特別なアイテムです。天気のいい日には、お気に入りの靴を履いて、気分を上げてお出かけしたいものです。
一般的に男性よりも女性のほうが靴を多く持っていますし、靴が好きな女性であれば、何十足という靴を持っている人さえいます。しかも、季節によってブーツやサンダルなど使用するアイテムも違いますし、冠婚葬祭用で普段使いをしないものでも、いざという場合に備え置いておく必要もあります。

 そこで悩ましいのが靴の保管場所です。場所がないからと、玄関にずらりと並べっぱなしにするのは美しくありませんし、出入りの邪魔になってしまいます。そんな時にありがたいのが備えつけのシューズボックスです。最近では、大きなシューズボックスを備えつけた物件も増えてきました。

 たくさんの種類の靴をまとめてしまえるのでとても便利ですし、玄関をスッキリとした印象にすることができます。またシューズボックスにしまっておくことで日焼けやホコリも防ぐことができます。靴が捨てられない、おしゃれが好きという人は玄関や靴そのものをきれいに保つという面でもシューズボックスつきの物件を選んだほうがよさそうです。

季節物もしっかりしまえる ウォークインクローゼット

 次に注目したいのは、ウォークインクローゼットです。ウォークインクローゼットは、そのなかで歩けるほどのスペースがあるクローゼットのことで、収納力はピカイチです。ハンガーパイプや収納棚が設置されている場合が多いのも嬉しいですね。
抜群の収納力がありますので、季節物のコートやスノボなどの趣味用品、特別な時にしか使わない鞄や靴、布団なども収納しておけます。身につけるものだけでなく季節物の扇風機やヒーターなども収納しておけますので、置き場所に困って年中出しっぱなしということなくなります。

 荷物が多い人は、外のレンタルボックスを使うという選択もありますが、わざわざ取り出しに行ったり、またしまいに行ったりするのが大変ですし、月々の使用料もかかってしまいます。そう考えると、荷物が多い人は、その分の予算を上乗せしてウォークインクローゼットつきの物件を選ぶというのも効率的ですね。


 物件を選ぶ際には間取り図を見ながら選ぶのが通常ですが、それだけでは高さや奥行といった実際の大きさがわからず、本当の収納力がわかりません。そのために必要なのが内見時に高さや奥行き、幅をきちんとメジャーで測ること。物件の収納力を自分の目でチェックして、十分な収納力があるかどうかを確認することが大切です。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U