住まいのノウハウ講義 / リフォーム / 見積もりの取り方

プロが教える賢い見積もりの取り方(5)

リフォーム予算をオーバーしたときの解決法は?

2016/02/25 森田祥範

リフォーム業者から見積もりを取ってみたら、当初予算をオーバーしていた、なんてケースもよくあるもの。そうなったときにあわてないよう、本予算オーバーしたときの対処法を事前に確認しておきましょう。

グレードを落とすか、一部を後回しにするか

 リフォーム業者3社から見積もりを取ってみると、「どの見積もりも当初考えていた予算をオーバーしていた」というケースがときどき見られます。

 オーバーした金額が経済的に許容できる範囲であればいいのですが、予算的にむずかしいと、リフォーム工事自体を諦めなければならなくなります。そうした場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

 まずは、リフォーム工事全体を見直し、どこに費用がかかりすぎているかをチェックすること。そのうえで、コストを削減するには次のふたつの方法があります。

(1)グレードを落とす
たとえば、外壁塗装や内装クロス張り替えで予算がオーバーしてしまいそうな場合は、塗料やクロス(壁紙)のグレードを、高級品から普及品に落とす方法があります。

 ただし、外壁、屋根、床下基礎部分などに不具合が見つかったようなケースでは、補修材のグレードを落とすと家全体の安全性が損なわれてしまうので、たとえ予算オーバーしても、必要な補修はしっかり行なわなければなりません。

(2)一部を後回しにする
 たとえば、浴室と洗面室のリフォームを同時に行なおうと思っていたものの、浴室のリフォームに意外と費用がかかりそうだ、というケースであれば、今回はとりあえず浴室だけリフォームしておく、という考え方もできるでしょう。浴室と洗面室の床下の配管回りさえリフォームしておけば、洗面化粧台の入れ替えなどは、資金的に余裕ができてから行なえばいいわけです。

 ただし、洗面化粧台は比較的安価なので床下を工事するのであれば同時に入れ替えることをおすすめします。考えてみれば新しい洗面室に古い洗面台は似合いませんよね。一部を後回しにする場合は別の部位にすべきです。

できれば納得のいくグレードを維持したい

(1)と(2)を比較した場合、オススメは断然(2)です。(1)のようにグレードを落としてしまうと、「せっかくリフォームしたのに、仕上がりがイマイチなんだよな……」と、あとあと後悔しがち。残念なリフォームで終わらせないためには、多少時間がかかってもいいから、納得のいくグレードを維持すべきです。

 とはいえ、床板をはがさなければならない水回りや基礎部分の工事、足場を架設しなければならない外壁や屋根回りの工事は、できるだけ同じタイミングでできることをすべて行なってしまうこと。一部を後回しにすると、もう一度床板をはがしたり、足場を再度組むことになり、費用が2倍かかってしまいます。そんな場合は、(3)資金面に余裕ができるまでリフォーム自体を延期する、という
選択肢を取らざるを得ません。

工事開始後に費用が発生するケース

 実際にリフォーム工事を始めてから、予算オーバーになるケースもあります。

 予算を圧迫しがちなのが、当初は想定していなかった「追加工事」です。追加工事が発生する場合はおおよそ、以下のようなパターンが考えられます。

(1)補修・改修が必要な部位が発見される
 これは、「壁や床を開けてみたら、内部の部材が腐っていた」というような場合です。腐食している部位をそのまま放置することはできませんから、こうしたケースでは、補修・改修工事が必ず発生します。

 ただし、リフォーム経験豊富な業者であれば、「浴室の床下は、もしかすると腐食しているかも」といった予想ができるはず。見積もり時点で、そういった懸念材料を事前に聞いておけば、
ある程度は対処可能です。

(2)グレードアップしたくなる
 実際にリフォーム工事契約を結んだ後で、発注側が「もう少しグレードアップしたい」と思い立つケースもあります。たとえば、ショールームで最新式のシステムキッチンや浴室を見て、「どうせ新しくするなら、最新のものを導入したい」と欲が出るようなケースです。

 しかし、いったん契約した後で追加の工事を発注すると、コスト面ではどうしても割高になります。ショールームでの最新設備の見学は、見積もりや契約の前に済ませておきましょう。

(3)業者側の悪意&コミュニケーション不足
 悪質なリフォーム業者の場合、当初の見積もりで低めの金額を提示しておいて、工事が始まってから「ここを補強したいなら、別途お金がかかります」など、料金を吊り上げようとしてきます。また、施主側と業者側の認識のズレから、当然やってもらえると思っていた工事が行なわれず、あとから追加の工事が必要になることもあります。

 悪質業者に引っかかったり、業者との認識のズレが生じないよう、見積もり書を受け取ったら、工事内容をかならず指差し確認しておきましょう(見積書を受け取ったら、工事内容を指差し確認するの項を参照)。

 もちろん前提条件として施工図面を作成してもらうことはいうまでもありません。施工図面の作成を嫌がるようであればその業者とは契約しないほうがいいでしょう。

<< 前の記事

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U