住まいのノウハウ講義 / リフォーム / リフォームの基礎知識

失敗しないリフォームの基礎知識(2/5)

業者はこうして選ぶーリフォームの5つのステップ(1)

2016/01/04 森田祥範

実際のリフォームはどのような手順で進められるのでしょうか。基本的な工程は次のとおり。(1)情報収集〜(2)プラン策定〜(3)資金計画立案〜(4)業者選定と打ち合わせ〜(5)見積書確認〜(6)契約書締結〜(7)リフォーム工事〜(8)工事完了後の確認。各工程の注意点は別項で解説しますが、ここでは全体の基本的な流れを理解していただくため、まずは(1)から(4)までを解説します。

ステップ1 情報収集

 自分はどんなリフォームがしたいのか。それを明確にするためには、実際のリフォーム施工例や最新の住宅設備について知っておく必要があります。

 そこで、自宅リフォームの出発点となるのが「情報収集」。リフォーム関連の雑誌や施工例集を見たり、住宅設備機器のカタログを取り寄せたり。多くの施工例に触れるほど、リフォームの具体的なイメージが湧きやすくなります。リフォーム関連の折り込みチラシは、工事費の目安を知る情報源にもなります。

 そもそも、「自宅がどのような構造になっているのか」を知ることも大切な情報収集。建築時の図面などがあれば、揃えておきましょう。

 もし自宅をリフォームした知り合いがいれば、自宅を見せてもらいながら話が聞ければ、貴重なアドバイスが得られるはず。特にマンションのリフォームは管理規約や建物の構造など多くの制約があるため、リフォーム経験者の話をぜひ事前に聞いておくべき。また住宅展示場のモデルハウスや、分譲マンションのモデルルームに出向いて、最新の設備に直に触れてみるのもいいでしょう。

 増改築が予想される場合には、法律のチェックも忘れずに。第一種低層住居専用地域などの用途地域と、その地域における建ぺい率、容積率は都市計画法に定められています。またセットバック、斜線制限などは建築基準法に規定があります。

ステップ2 プランづくり

 収集した情報をもとに、どのようなリフォームを行うか、家族で話し合いましょう。雨漏りや台風被害などで緊急的な修理・修繕が必要な場合を除き、急ぐ必要はありません。リフォームを機に二世帯で同居する場合は、特に事前の意見集約が重要。家族全員が納得するまで、じっくり検討してみましょう。

ステップ3 資金計画

 住まいのどの部分をどのようにリフォームするのか。リフォームプランが具体的に見えてくれば、施工例集などから、必要な予算もおおまかにつかめるはずです。

 そこで、次に必要なのは資金計画を練ること。リフォームの費用を自己資金でまかなうのか、あるいは融資を受けるのか。融資を受ける場合も、財形住宅融資という公的融資もあれば、銀行ローンなどの民間融資もあります。リフォーム会社とクレジット会社が提携したリフォームローンもあります。

 ただし、一家の働き手がすでに定年退職している場合は、新たなローンを組まないのが原則。リフォームは自己資金の範囲内で行なうべきです。

 例外は、高齢の両親のためにバリアフリー化したり、耐震補強などのリフォームを行なう場合。バリアフリー化や耐震化については、自治体によって、助成金制度や特別ローンなどの優遇措置を設けているところもあります。こうした制度は上手に利用しましょう。

 ちなみに、一般的なリフォーム工事費の目安は、4.5畳のキッチンへのシステムキッチン導入は50~60万円から。6畳和室を洋室に改築する場合は30万円から。浴室のユニットバスへの変更は80万円から。これらはあくまでも目安なので、ご参考までに。

業者の選定と打ち合わせ

 家族の納得するリフォームプランが固まり、資金計画に目処がついたら、次のステップがリフォーム業者の選定です。

 住まいが一戸建てであれば、家を建てた工務店やハウスメーカーが最初の相談窓口になるでしょう。建物の構造や工法は十分に理解しているはずですから、リフォームを任せても安心です。

 家を建てた工務店と連絡がつかない場合、あるいはマンションのリフォームの場合は、地元で長く仕事をしている、評判のいい工務店を探してみましょう。リフォームでは、工事後も細かな手直しが必要な場合が多いですから、いつでも迅速に対応してもらえるよう、地元の業者にお願いしたほうがいいでしょう。

 この時点で、業者を1社に限定する必要はありません。「これは」と思う業者を2〜3社選び、リフォームの要望を率直に持ちかけてみましょう。その際、真摯に対応してくれるかどうか、プロらしい提案をしてくれるかどうかも、業者選びのポイントになります。

 なお、チラシ広告などで大特価キャンペーンなどを大々的に謳っている業者は注意が必要ですし、訪問販売や電話営業してくる業者は避けたほうが無難です。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U