住まいのノウハウ講義 / リフォーム / 業者の選び方

業者の選び方・つきあい方(3)

リフォーム業者を選ぶための4つのポイント

2016/02/19 森田祥範

自分たち家族はどんなリフォームがしたいのか。そのプランがある程度まとまったら、次のステップはリフォーム業者選びです。本項では、リフォーム業者をどのように選べばいいのか、その手順と流れについて解説します。

リフォーム業者を探す手段は?

 リフォーム業者を探す手段としては、以下の4つをチェックする方法が考えられます。整理しておきましょう。

(1)インターネット
 ・リフォーム会社一括検索サイト
 ・住宅メーカー、工務店、リフォーム業者の自社サイト

(2)各種印刷物
 ・リフォーム入門解説書(リフォーム業者の情報が載っています)
 ・住宅建築雑誌のリフォーム特集号やリフォームムック(リフォーム業者の情報が載っています)
 ・リフォーム業者の広告チラシ

(3)口コミ
 ・新築したときの住宅メーカー、工務店からの紹介
 ・リフォーム経験のある知人の紹介

(4)イベント
 ・住宅メーカー、住宅設備メーカー、新聞や雑誌が主催するリフォーム相談会 
 ・自宅近くで実際にリフォーム工事している業者

リフォームチラシを信用しすぎない

 ここで、リフォームチラシを見る際の注意点をあげておきます。

 リフォーム業者の作成するチラシには、不動産広告の表示に対する法的規制(誇大広告の禁止など)は存在しません。つまりリフォーム業者は、チラシに何でも好き勝手な文言を書くことができます。

 たとえば、「自社製品50パーセント引き!」「工事価格半額!」などと書いてあっても、元の金額を自由に操作できるのですから、本当に値引きしているのかどうか、消費者にはわかりません。また、たとえ値引きしていたとしても、別の部分で料金を上乗せされる可能性もあります。

 つまり、リフォーム業者のチラシの「大幅値引き」「ディスカウント」「価格破壊」などのフレーズは信用してはいけません。各種工事代金の相場を、なんとなくざっくり把握する程度にとどめることが大切です。

業者を絞り込むためのポイントは4つ

 次に、インターネットや各種印刷物などで存在を知ったリフォーム業者のなかから、仕事を依頼すべき業者を選択することになります。早い段階で1社に絞り込むのではなく、まず依頼先候補を3〜5社リストアップしましょう。

 リストアップする際のポイントは以下の4点です。

(1)リフォームに関して豊富な経験と実績を持っているか?
 会社の経営規模にもよりますが、経験年数5年以上、施工事例1000件以上がひとつの目安になるでしょう。
また同じエリアや同じ場所で継続して営業をしているかどうかも大切な判断基準です。必ず事務所の様子を見に行きましょう。できれば朝8時頃と、お昼の時間、夕方5時から7時と3回は足を運んでみましょう。社員さんや職人さんの雰囲気がよくわかります。

(2)自分の希望する分野の工事を得意としているか?
 たとえば、キッチンや浴室のリフォームを望む場合は、施工事例などから、水回りの工事を得意とする業者を選ぶべきです。

(3)事業者団体に加盟しているか?
 日本住宅リフォーム産業協会など、国土交通省の住宅リフォーム事業者団体登録制度に登録している団体に所属していれば、ひとまず安心です。また、建設業許可を取っている業者は、( )内の数字=更新年数が大きいほど、信頼性も高くなります。

(4)すぐに駆けつけてくれる距離にあるか?
 リフォーム工事中、またはリフォーム工事後に何か問題が発生した場合、業者所在地がただちに駆けつけてくれる距離にあることも安心材料になります。クルマで30分以内の距離にあれば安心です。逆に、どんなによさそうな業者でも、クルマで2時間以上かかる場合は少し心配です。

相見積もりで1社に絞る

 先ほどまでのステップでリフォーム業者を3〜5社ピックアップしたら、次のステップで最終的に1社に絞り込みます。

 そのためのステップとは、ピックアップした3〜5社に連絡を取って自宅に呼び、リフォームの要望をできるだけ細かく伝え、さらに大まかな予算も提示して、各社から見積もりを取ること。複数の業者から同じタイミングで見積もりを取ることを「相見積もり」といいます。

 相見積もりを取ったら、それぞれ次の5つのポイントをチェックしてみてください。

(1)要望や予算に応じた的確な工事が提案されているか?
(2)自分が求めるデザインやグレードになっているか?
(3)保証内容やアフターサービスが納得できるものか?
(4)見積書の詳細について面倒がらず納得いくまで説明してくれるか?
(5)担当者が人間的に信用できるか?
(6)すすめられた商品については、必ずショールームなどで現物を確認することです。特に色については、カタログと電物とでは、色目、質感が違うので注意が必要です。
(7)可能であれば施行中の現場もみておきましょう。どんな工事をしているかわかります。
 
 以上が、リフォーム業者を1社に絞り込むまでの流れです。なお、相見積もりの取り方は別項でより詳しく解説します。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U