住まいのノウハウ講義 / リフォーム / 予算と費用の決め方

リフォーム予算と費用の賢い決め方(4)

一戸建てフローリング材の張り替えは6畳で10万円から

2016/01/30 森田祥範

一戸建てのリフォームでリクエストが多いフローリング材の張り替え。古い床材をはがして新たにフローリング材を張る場合のメリット、デメリットのほか、費用についてご説明します。

古い床をはがすか、残すか

 一戸建てのリフォームでリクエストが多いのが、「フローリングに張り替えたい」というもの。

 フローリングの張り替えで、まず決めなければいけないのは、古い床材をはがすか、残すか。古い床材としては、ビニール製クッションフロアの場合もあれば、板材の場合もあるでしょうが、はがすか、残すかが悩みどころです。

古い床材をはがしてフローリング材を張る場合

 古い床材をはがして新たにフローリング材を張る場合、次のようなメリットとデメリットがあります。

○メリット
・リフォームの前後で床の高さが変わらない
・下地材が傷んだり腐食していないか確認できる
・床材に有機系接着剤が使われていた場合、はがすことでアレルギー対策になる

○デメリット
・張る工事の前にはがす工事が必要で、工期と費用がかさむ
・幅木(床に接する部分の壁に張られた横木)が壁の下地材と一体化している場合は工事が大がかりになる
・廃材の処分費用がかかる

古い床材の上からフローリング材を張る場合

 また、古い床材の上からフローリング材を張る場合、次のようなメリットとデメリットがあります。

○メリット
・床材が二重になる分だけ、床の強度が上がる
・工事が簡単なため、工期と費用を節約できる
・廃材が出ないので、処分費用がかからない

○デメリット
・新たに張るフローリング材の分だけ床が高くなる
・下地材の傷み具合が確認できない
・床が高くなった分、ドアの調整が必要になることもある

 ちなみに、それぞれの工事費用は、古い床材をはがしてフローリング材を張る場合、6畳で15~20万円程度。古い床材の上からフローリング材を張る場合は6畳で10〜12万円程度。

 もちろん、こうした費用は使用するフローリング材の材質にもよります。無垢のフローリング材は総じて価格が高いですが、肌触りや風合いに優れています。合板のフリーリング材の価格はピンキリで、傷や薬品に強いため、ペットのいるお宅に向いています。

 フローリング材の選定はカタログ写真ではなく、必ず現物サンプルを見て触ってから決めることをおすすめします。

 もし、工期と費用が許すのであれば、同じタイミングで床の段差をなくすバリアフリー化の工事もやってしまいましょう。あとからバリアフリー化しようとしてもなかなか大変ですから、フローリング張り替え時に、各部屋の段差を調整したり、段差の大きなところにスロープをつけるなど、足腰が弱ったときのための備えをしておけば安心です。

畳をフローリングにする場合は20万円以上

 一戸建ての和室を洋室に変身させるために、畳からフローリングへの張り替えは、工事が少し大がかりになります。

 というのも、畳の下に敷かれている下地材(スギ荒板またはコンパネ)が、水平になっていないことが多いからです。もし、水平になっていない場合は、下地材からはがして張り直す必要があります。また、畳はフローリング材に比べて3〜4センチメートル厚いですから、ほかの部屋と床の高さを合わせるため、下地材に新たに根太を張らなければなりません。

 このように、畳をはがしてフローリング材を張る場合は多くの工程が必要になるため、費用は6畳で22万円ほどかかります。

 マンションの場合は下地がコンクリートの場合がほとんどなので、下地調整をして防音フローリングを施工します。

床暖房は温水式110万円、ヒーター式70万円

 リフォームでフローリングの張り替えをした人が、後から「一緒にやっておけばよかった」と後悔するといわれるのが、床暖房の導入です。

 床暖房にはガス式と電気式があります。

 ガス式は温水式ともいわれ、ガスで暖めた温水を循環させて床を暖めます。そのため、専用の温水マットとフローリング材が必要で、熱源機と配管工事も必要になります。導入費用は8畳リビングで約110万円程度。なお、近年では、エコキュートなどヒートポンプ技術を使った電気による温水式も登場しており、初期費用は同じくらいかかります。

 電気式は専用フローリング材と一体化したヒーターで暖めます。そのためヒーター式ともいわれます。こちらは工事が簡単なので、導入費用は8畳リビングで約70万円程度。

 また、電気式ではフィルム状のシート性のものが発売されています。この場合は耐熱性のフローリング材であればよいので、最も安く仕上がります。業者さんに相談してみてください。

 導入後のランニングコストはガス式のほうが安上がりですが、すぐに暖かくなるのは電気式です。外出先から帰宅してすぐに暖まりたいという場合には、電気式がいいでしょう。逆に、長時間室内にいる場合にはガス式が向いています。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U