住まいのノウハウ講義 / 借りる / 不動産業者の選び方

不動産業者の上手な選び方、つき合い方(1/4)

不動産屋さんを訪ねる前に準備しておきたいこと

2016/01/29 大友健右

部屋探しをすることになったら、必ずお世話になるのが不動産屋さんです。いきなり不動産屋さんを訪ねる前に、準備しておきたいことがあります。ここでは、不動産屋さんに行く前の情報収集の方法や、準備しておくべきことについてご説明します。

まずは情報収集しておこう

 本格的に部屋探しをする前に、まずは情報収集や事前準備から始めましょう。情報収集と同時にやっておきたいのが希望条件の設定です。住みたいエリアや家賃、部屋の広さなど希望条件を決めていきます。

 いきなり不動産会社に行く前に、まずはインターネットや情報誌などで情報収集してみましょう。いろいろ物件情報を見ていると、どんな物件がいくらぐらいの家賃で出ているのか、相場がだいたい把握できるようになります。

 情報収集をするには以下のような情報サイトをチェックしてみるのが便利です。

「HOME'S」
http://www.homes.co.jp/

「CHINTAI」
http://www.chintai.net/

「yahoo!不動産」
http://realestate.yahoo.co.jp/

 チャットで相談ができるサイトもあります。

「AGENT+」
http://ieagent.jp/?ref=afm&guid=on


 宣伝になってしまいますが、私の会社では大家さんと直接相談ができるサイトを運営しています。

「ウチコミ!」
https://uchicomi.com/

 また、複数の賃貸物件情報サイトの情報がまとめて見られるアプリもあるので、スマホ用アプリなども活用してみましょう。賃貸情報誌やフリーペーパーもあるのでパソコンやスマホが使用できない場合は、情報誌などを利用して情報収集できます。

 希望しているエリア、間取りの物件を確認し、家賃の相場を調べましょう。希望金額を超えるようなら、エリアや間取りを変えて検索してみましょう。物件情報をたくさん見て相場を確認しながら、希望条件などを整理していきます。気になる物件があったら、電話やメールで不動産会社に問い合わせてみるといいでしょう。

希望条件を決める

 物件を探す前にまずは希望条件を決めていきましょう。条件の違うたくさんの物件のなかから借りる部屋を決めるときに、自分の希望条件が曖昧だとどの部屋にすればいいかなかなか決められません。

(1)エリア
 エリアで探す方法と沿線(駅)で探す方法があります。毎日のことを考えて、通勤通学に便利な沿線やエリアから探していきましょう。

(2)家賃
 家賃は収入の3割程度に収まるのが理想といわれています。食費や光熱費など家賃以外の生活費も毎月かかるので無理のない家賃設定が必要です。

(3)最寄り駅からの距離
 駅からの距離で家賃相場もかなり変動します。徒歩20分以上になるとかなり安くなるのでバスや自転車の利用を考えてみるのもいいでしょう。

(4)広さ、間取り
 必要な家具と荷物の量を事前に決めておきましょう。収納の大きさによって部屋のスペースをどれくらい活用できるかも変わってきます。

(5)建物構造
 一般的に、3階建て以上で鉄筋コンクリート構造の物件をマンションといい、2階建ての木造や軽量鉄筋構造の物件をアパートといいます。アパートはマンションよりも2割程度家賃が安くなりますが、防音効果は低くなります。

(6)階数、日当り
 マンションの1階と2階では家賃も違いますので防犯を優先するなら2階以上にしておきましょう。南向きの部屋と北向きの部屋でも家賃はかなり変わります。日中ほとんど部屋にいないなら日当りは条件から外すなど、生活スタイルに合わせて条件を設定するのがおすすめです。

(7)入居希望時期
 入居申し込みから審査などを経て入居まではだいたい2週間くらいかかります。なるべく余裕をもって探すほうが選択肢も広がるので、入居時期が決まったらなるべく早く準備を始めましょう。

(8)希望条件
オートロック、バストイレ別、ペット、デザイナーズ物件、防音設備、駐車場、駐輪場など希望条件がある場合は、不動産屋さんで忘れずに伝えましょう。

 それぞれの条件が決まったら、次に優先順位も決めておきます。職場までの距離が近いところがいいのか、多少時間はかかっても家賃を安く抑えたいのか、部屋の広さを何よりも重視するのか、など生活をしていく上で自分は何をいちばん大切にしたいのか。何を優先するのか決めておくと、物件選びで迷ったときに選択がしやすくなります。

準備ができたら不動産屋さんへ

 物件情報を見て相場などを確認し、希望条件が決まったら事前準備は完了です。不動産屋さんへ行って本格的に部屋探しを始めましょう。

 情報収集ができていて、希望条件がはっきりしていると不動産屋さんでも話がスムーズに進み、希望の物件を見つけやすくなります。まずは事前準備をしっかりとしておきましょう。

 また、希望物件が事前にある程度決まっている場合、物件名で直接検索して、一番条件のいい(仲介手数料無料など)不動産会社にアプローチするのもよいかもしれません。

次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U