住まいのノウハウ講義 / 買う / 中古住宅の買い方

中古マンションの賢いチェック方法(3)

中古マンションの住み心地はここをチェック

2016/01/04 菅 正秀

住み心地を左右する採光性や遮音性のほか、終の住処と考えているのならバリアフリーの視点からも物件を見定めたいところです。ここでは住み心地をチェックするためにどんなところを見ればいいかを解説します。

採光性、遮音性の確認

 物件選びの際、多くの人が気にするのがリビングのつくりかもしれません。近年、マンションでも部屋の隅に柱の出っ張りをほとんど見かけなくなりました。これは柱をバルコニーや外廊下に出し、居室をすっきり広く使うことのできる「アウトフレーム工法」によるものです。中古マンションでも、この工法を採用していることがあり、部屋の使い勝手に優れていることから注目されています。

 ところで明るくて広い部屋にもデメリットがあります。天井から窓を切る「ハイサッシ」は、新築マンションのリビングでは欠かせないものになりました。これは「逆梁工法」という、従来は床スラブの下を通していた梁を上に通す方法で可能になった工法です。これまで天井に出ていた梁の出っ張りを、階上の住戸のバルコニーにもっていくことで大きな窓を切れるようになりました。下階の住戸の採光性に優れますが、日当たりがよすぎてカーペットが焼けたり、天井が高くなったぶん、冬は部屋が暖まりにくいなどのデメリットもあります。

 バルコニー側の全面を横長のリビングにした間取りも人気ですが、この場合、ほかの部屋がいわゆる「あんどん部屋(採光性の悪い部屋)」になっていないか注意が必要です。

遮音性と床のつくり

 音漏れはマンションに住まう人にとって大きな問題です。遮音性は、床・天井・壁のコンクリートが重要な役割を果たしています。もっとも気になるのはやはり階上からの音です。人が歩いたり子どもが飛び跳ねたりするときの「ドスン」といった「重量床衝撃音」、イスを引いたりスプーンを落としたときの「カチン」といった「軽量床衝撃音」の2種類があり、床スラブのコンクリートの厚さで伝わり方は相当変わります。最近のマンションは床スラブの厚みを200ミリメートル程度にして遮音性を高めていますが、20年前くらいの物件になると150ミリメートル程度が通常です。

 ほかにも二重床や遮音フローリングなど、マンションの床は防音の工夫がいろいろと施されています。床スラブとフローリングの間に支持脚を立てて空間をつくった二重床は、とくに軽量床衝撃音を遮断するのに有効です。しかし、家具の置き方によっては脚を増やして荷重を分散する必要が出てくることもあります。

 遮音フローリングは、床スラブとフローリングの間に遮音性の高いクッション材を挟むもので、手軽でローコストですが、歩いたときに床が沈む感じがするので、見学時に感覚をよく確かめましょう。

 管理組合ではリフォーム時の床材や工法に気を配り、遮音等級を表すL値が、多くは45以下、厳しいところでは40以下になるように定めています。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内