住まいのノウハウ講義 / 買う / 中古住宅の買い方

中古一戸建ての賢いチェック方法(1)

中古一戸建ての安全性・傷み具合はここをチェック

2016/01/04 菅 正秀

中古一戸建ての購入を検討するとき、重要なのが安全性です。その目安のひとつが建設時期です。また、見学に訪れた際には家のなかのどんなポイントをチェックすればいいのか、その具体的な方法についても解説します。

建築時期による安全性の違い

 中古一戸建ての購入を検討するとき、何より大切なのが安全性です。その目安のひとつとなるのが建設時期です。なぜならば、家の強さは、建築基準法に定められた耐震基準(強い揺れに対してどれだけの強さをもつか)が基に設計されるからです。

 この耐震基準は大きな地震が発生するごとに改変されてきました。現行の基準のベースとなっているのは1981年6月に施行された耐震基準です。これは震度6~7程度の地震に耐えられる強さを要求するもので、一般にこの耐震基準をクリアした家は、それ以前のものより耐久性・安全性が高いとされています。

 ただし、1981年以降に建てられた家でも〝個体差〟があるので油断は禁物です。たとえば、1990年前後のバブル期は建築ラッシュであったため、工期に無理があったり、経験の浅い職人が建築に携わったりすることも多く、欠陥を抱える物件も少なくないといわれています。

 さらに安全性を求めるなら、2000年以降の確認申請を取得した家がいいでしょう。この年に木造住宅の耐震性に大きく影響を与える改正があり、地盤調査で地耐力を調べ、それに合った基礎形状にすることなどが義務づけられるようになっています。

家のなかの安全性・傷み具合のチェックポイント

見学に訪れたら、窓やふすまなど、家のなかの建具をすべて開閉してみましょう。多少の歪みはしかたありませんが、開閉の途中で明らかに引っ掛かったり、閉めた状態で隙間ができたりするようであれば、家の構造自体にねじれが生じている可能性があります。単なる蝶つがいの調整不足かどうか確かめましょう。

 同様に壁や水回りのタイル部分などに大きな亀裂が入っていると、地震などによる家の歪みが原因と考えられるため、注意が必要です。

 また、ビー玉などを持参して床に置いてみるのもいいでしょう。勢いよく転がったり、どこに置いてもある方向に転がったりするようであれば、家全体が傾いていることも考えられます。

 床のきしみも部分部分で鳴る程度であれば、簡単な補修で解消できますが、あちこちから床鳴りがしたり、歩くと沈んだりするようであれば、土台が腐食しているなどの原因が考えられます。仮にシロアリが原因であれば、駆除代金などを売り主に請求できますので、床下収納を外してもらうなどして、土台の様子を確認することをお勧めします。

 このほか、天井などにカビや染みがないかも要チェックです。雨漏りの疑いがあります。バルコニーもぐらつきがないか確認しましょう。

家の外の安全性・傷み具合のチェックポイント

 家の周りを一周して、基礎コンクリートと外壁に亀裂がないかを確認します。表面的な小さな亀裂は心配いりませんが、硬貨が差し込めるくらい深い亀裂(幅0.3ミリ、深さ5ミリ程度の亀裂)は問題です。家が地盤に不均一に沈んでいる可能性が考えられます。

 また地盤に沈んでいなくても、長年放置された亀裂からは雨水がしみ込み、壁内部などが腐食しているケースも少なくありません。亀裂がなくても補修跡がある場合は注意しましょう。

 このほか塀の傾きや車庫のシャッターの開閉具合などもチェックしましょう。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U