住まいのノウハウ講義 / ライフスタイル / シェアハウス

シェアハウス生活で注意すべきこと(5)

住人に学ぶ! 快適シェアのアイデア集

2016/03/28 内野匡裕

同居人がいると、ひとり暮らしとは違って日常生活にお互いの協力が必要になってきます。今回は、実際にシェアハウスの住人が取り入れている、気持ちよくシェア生活をするための工夫を集めてみました。

ホワイトボードで情報共有

 シェアハウスで生活している人には、朝早くから出掛ける会社員もいれば夜型のサービス業の人、授業やアルバイトに忙しい学生などいろいろな人がいます。生活時間帯もバラバラになることが多いので、全員とコミュニケーションをとるためにメールやSNSを活用しているシェアハウスも多いようです。

 すぐに知らせたいことがあるときはダイレクトメッセージがおすすめですが、ちょっと気づいたことや共有しておきたい情報は、リビングや冷蔵庫など住人全員が見る機会の多い場所にホワイトボードを置くのもいいアイデアといえます。

 たとえばキッチンなら「職場でもらったお菓子が入っているので食べてね」「ドレッシングがなくなったので帰りに買ってきます」など、ちょっとした伝言やシェアしておきたい情報などを書いておけます。リビングに置いておいて「来週1週間、帰省で不在にします」「日曜日に友達がきます」など、予定を書いておくのもいいですね。

 それぞれが時間のあるときに書き込みをして文通のようなやり取りができるので、口約束ではなくお互いしっかりと確認ができます。お互いの在宅・不在を知らせるために、玄関に「いる」「いない」をマークするシェアハウスもあるそうですよ。

 ほかにも掃除の当番を書き込んだり、お風呂の予約表に使ったりと何かとお知らせに使えるホワイトボードやコルクボード。ひとり暮らしではあまり使う機会はないかもしれませんが、シェアハウスではとても活躍してくれます。

共有スペースの掃除やゴミ出しは当番制に

 共有スペースの掃除は、清掃業者や住み込みの管理人が定期的に行なうところもありますが、入居者のなかで当番制にしているところも多いです。手づくりの当番表を使って活用している物件もあります。

「気づいた人が掃除・ゴミ出しをする」という方法もアリですが、きれい好きな人とはこまめに掃除をしても、ズボラな人はあまりしないということもあります。「自分ばかり掃除していて、なんだか損している…」とストレスを溜めないためには、住人の生活リズムに合わせてシェアハウス全体でルールを設けておいたほうが安心です。

 あるシェアハウスでは、一週間ずつ交代でゴミ出しを担当し、もし出し忘れたらもう一週間担当、というようにルールを設けています。ホワイトボードで管理をして、「出張が入ったので、この週は交代させて」など、うまくコミュニケーションがとれているようです。

 もちろん忙しいときや、シフト制の仕事などで朝早く起きるのがむずかしい場合はお互い助け合っています。「今週、ゴミ多く出したから私がやっておくよ」「朝、ゴミ出し忘れていたから代わりにやったよ」など、声をかけ合うことも大切です。

 ルールを設けて守ることも大事ですが、ルールを守ること自体が目的ではありません。ルールはお互いに気持ちよく過ごすための手段でしかありません。

 お互いの気遣いによって気持ちよく生活できているということを忘れずに、たまにはコミュニケーションをとってルールの見直しも行いましょう。特に、新しいメンバーが入ったときはみんなどういう風に掃除やゴミ出しをしているか説明してあげると親切です。

消耗品の精算方法を決めておく

 トイレットペーパーや食器用洗剤などの消耗品は、個人で管理するよりまとめて購入したほうが割安になります。気づいた人が購入してレシートを取っておき、月末ごとにみんなでレシートを持ち寄って精算するなど、住人同士で公平に費用を分担できるルールを決めておきましょう。

 信頼できる住人同士であれば、共通のお財布をつくって、たとえば月初めにひとり1000円ずつ入れておき、買った物のレシートを入れて使ったお金をそこからもらうといった方法もできます。ひとり暮らしより消耗品の減るペースは早いので、消耗品はどのぐらいの価格帯のものを買う、それ以上のこだわりがある場合は個人の所有にするなど決めておくといいでしょう。

「金銭トラブルが不安だから共通のお財布は持ちたくない」「消耗品は使い心地より少しでも安いものがいい」という人もいるので、各自のこだわりを話し合って、みんなが納得できるシステムをとりましょう。

 買い出しは負担になることもあるので気遣いも忘れずに、自分の意見がある場合ははっきり言うことがポイントです。その場合は、他人に求めるばかりではなく「こうすればもっと便利になる」と共同生活のアイデアを出すことを楽しむ姿勢でのぞみましょう。

 同居人が快適に過ごせるよう、自分ができるときは率先してやれば、お互いの歩み寄りで快適な生活につながります。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内