住まいのノウハウ講義 / 買う / 新築一戸建ての買い方

後悔しない建売購入の基礎知識(6/9)

住宅を建てた工務店が信頼できるかどうかはここでチェック

2016/03/24 菅 正秀

購入を検討している建売住宅を建てた工務店が信頼できる会社かどうかチェックするにはどうしたらいいのでしょうか? いちばん大切なポイントは「地元に根づいているか否か」です。

地元での実績があれば安心感が増す

 工務店が手掛ける建売住宅は、数戸から数十戸の小規模開発がほとんどです。開発費が少なく木造物件も多いことから、大手ではなく地元の工務店が担当することが多くなります。

 地元の工務店は、地域に詳しいので周辺環境については的確なアドバイスが期待できます。また、地元での評判を大切にするため、建売住宅のひとつひとつを大切な実績として、「下手な仕事はできない」という緊張感をもって仕事をしてくれます。またアフターサービスにもすぐかけつけてくれるなど、小回りが利くのもメリットです。

 そして何といっても最大の魅力は、割安な価格設定です。最近ではパワービルダーがさらに安い価格設定を打ち出してきていますが、これは資材の一括発注や資本の回転速度を上げるなどの手法を使っているからです。とはいえ、安くても仕上がりが悪くては意味がないので、価格だけに惑わされないようにしましょう。

信頼できるかどうかのチェックポイント

 その工務店が信頼できるか否かのチェックポイントは、建築現場を見学することです。工事の進め方・監理の状況を見れば、地域に密着していい仕事をしているかどうかがわかります。現場に資材が雑然と放置されていたり、暇そうにしている職人がいたりするようでは、信頼できるとはいえません。また、現場見学を拒む工務店は論外です。

 また、できればすでにその工務店の手がけた建売住宅に住んでいる人の感想を聴けるとなおよいです。仕上がりやアフターサービスの満足度をヒアリングできれば、その会社の仕事ぶりをより知ることができます。

 ちなみに、工務店の工事経歴や経営状況などは自治体の建設業課で「建設業許可申請書」を閲覧することでわかります。また、トラブルや処分について知りたい場合は「建設業監督処分簿」をチェックしてみましょう。ちなみに建設業名簿も国交省のサイト( http://etsuran.mlit.go.jp/TAKKEN/ )で調べることができます。

いい工務店とはどんな工務店?

 地元に密着した工務店は、地域に合わせたさまざまな工夫をしてくれますし、大手ではなかなか対応できないような、買い主の要望にもできる限り対応してくれるところが特徴です。また、アフターサービスの善し悪しは住宅の寿命にも大きな影響を与えますが、地元密着型であればきめ細やかな対応をしてくれる会社が多くあります。アフターサービスについてもしっかり確認しておきましょう。

 とはいえ、そのようなアフターサービスが出来るのは会社が存続しているのが条件です。小規模でも経営が安定していればいいのですが、後継者がいない・資金繰りが苦しいなどの評判が聞こえてくる工務店は避けたほうがいいでしょう。

 具体的には、以下のようなポイントをチェックしておきましょう。

・得意分野・専門分野
・これまでの建築実績
・建築士など有資格者の数
・保証体制・定期点検体制の整備状況
・価格が相場からかけ離れていないか
・工務店の社長が現場に顔を出しているかどうか
・工事中の見学は可能かどうか

 これらをきちんとチェックし、「この工務店なら大丈夫」と思ったときには、契約・施工へと進みましょう。大手にはない「地域密着型の工務店のよさ」に触れることができるはずです。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U