住まいのノウハウ講義 / 住宅ローン / 借り方、返し方

住宅ローンの賢い返済方法(8)

住宅ローンの借り換えに必要な手続きと費用は?

2016/01/04 牧野寿和

借り換えには、抵当権を借り換え先の金融機関に変更するための登記の費用がかかるほか、保証料の変更も生じます。ここでは借り換えに必要な手続きと日ようについて解説します。

借り換えに必要な手続きは?

 前の項目では借り換えの概要を説明しました。この項目では、借り換えの実行で発生する手続きと、費用の話をします。

 30代のSさんは、以前A銀行で住宅ローンを借り、現在返済中です。ある日、SさんがB銀行へ行ったとき、何気なく手にしたパンフレットで低金利のローン商品を見つけました。「借り換え」については知っていましたが、今まで実行を検討したことはありませんでした。Sさんが借り換えをしようと思ったとき、どんな手続きが必要になるのでしょうか。

 まず、パンフレットやインターネットで扱っている住宅ローン商品について調べてみましょう。適用される金利は何パーセントか、金利タイプはどれを選ぶことになるか、最初の住宅ローンを組んだときと同じように考える必要があります。

 だいたいの見当がついたら、その住宅ローン商品を提供している金融機関の窓口に行きましょう。担当者と相談して、返済期間や毎月の支払い額の変化、必要な手続きなどを調べます。直接窓口に行かなくても、知識や計算に自信があれば、インターネットを使うのもいいでしょう。ネットバンキングを利用すると、金利の優遇がある場合もあります。

借り換えにかかる費用は?

「よし! B銀行で借り換えをしよう!」と決めたSさん。次は必要な書類を揃えて住宅ローンの審査を受けます。この審査でストップがかかれば借り換えを行うことはできないので、しっかり準備しましょう。

 無事に借りられるとわかったら、いよいよ借り換えの実行です。新たな住宅ローンで借りた資金を使い、これまで借りていた住宅ローンの残額を全額返済します。これで借り換えは完了です。元の住宅ローンはなくなり、借り換え先で契約した新しい住宅ローンの返済が始まります。

保証料についても費用を確認しておこう

 保証料に関しては、借り換えにおいては、あまり大きな金額になりにくいといえます。とはいうものの借り換えを検討している金融機関で、費用を確認しておく必要があります。

 一般的に保証料を分割で支払う場合は、借り換え前と後で金額はそれほど変わりません。一括で支払っていた場合は、経過していない期間の保証料が返還されます。分割と一括、どちらの形式で支払っていたとしても、保証料は保証してもらっていた期間の分だけ負担すればよいのです。

 ただ、これも例外があります。「保証料の必要ない住宅ローン」から「保証料が必要な住宅ローン」への借り換えをした場合は、前のローンでは必要とされていなかった保証料を新しいローンで払うことになります。またはその逆パターンで「保証料が必要な住宅ローン」から「保証料の必要ない住宅ローン」への借り換えをした場合は、保証料を支払う必要がなくなります。つまり、一括で支払っていた場合は返還された金額を貯蓄などにまわせるということです。

 また、購入時に諸費用の大きな割合を占めていた火災保険については、住宅ローンとセットになっているわけではないので、借り換え前に入っていた保険を継続しても問題はありません。

 借り換えは、実行すれば絶対に有利になるというものではないのですが、現在のような超低金利時代になる前にローンを借りた人にとっては、総返済額を大きく減らすチャンスであることも確かです。

 実行の際は、十分な情報収集と慎重な判断の下に行ないましょう。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内