住まいのノウハウ講義 / 住宅ローン / 借り方、返し方

住宅ローンの賢い返済方法(2)

住宅ローンはボーナス返済に頼ってはいけない

2016/01/04 牧野寿和

毎月の返済を少なくして、ボーナス月には多めに返済する。そんな返済方法ができるのがボーナス返済です。ボーナス返済を増やせば、毎月の負担は減りますが、実は年間の返済額に大きな差はありません。ボーナス返済に頼るのは禁物です。

ボーナス返済の仕組みは?

 毎月の返済を少なくして、ボーナスで余裕のある月には多く返済したい。そんな返済ができるのがボーナス返済です。

 ボーナス返済は、元利均等返済でも元金均等返済でも利用できるのが一般的です。正しくはボーナス時増額返済といって、民間住宅ローンなら借入金のうち半分以下、公的融資やフラット35なら40パーセント以下をボーナス払いにまわすことができます。

 年に2回のボーナス時には、毎月の返済分とボーナス返済分を合計した金額を返済することになるため、普段よりも返済額が増えることになります。しかし、ボーナス返済分を多くすればするほど、毎月の返済額を安くすることができるため、ボーナス月以外の家計には余裕ができます。

 勤務先によってボーナス月は異なるため、それぞれの勤務先に合わせてボーナス返済月を決められるのが一般的です。転職した場合も、それに対応して変更できます。

 月々の返済分は年利を12カ月で割った金額で計算されますが、ボーナス返済分は年利を2で割った金額で計算されます。ということは、ボーナス返済を使った場合は、月々の元金(=借入金残高)が減るペースが遅くなるので、利息が少しだけ多くなります。

ボーナス返済を考えるならここに注意

 とても便利そうに見えるボーナス返済ですが、注意点もあります。

 まず、ボーナス支給額は変わる可能性があります。勤務先の業績悪化やリストラの影響、転職などによって支給額がダウンしてしまうと、家計にも大きく響いてきます。

 そのほか、年俸制など給与体系そのものが変更されてボーナスが無くなるケースも考えられます。返済途中で支払い方法を見直して、ボーナス返済から毎月返済に変更することもできますが、初めに立てた返済計画で無理をしすぎていると、最悪の場合はローン破綻してしまうおそれもあります。あまりボーナス返済に偏りすぎることなく、無理のない返済計画を立てることが重要です。

 また、無理のない返済計画を立てるには、数字だけを考えればいいというわけではありません。

 ボーナスというと多くの人は、家族みんなで旅行に出かけて大切な思い出づくりをするだとか、奮発して大きな買い物をしてみるだとか、楽しいことを思い浮かべるのではないでしょうか。ボーナス返済に頼りすぎてしまって、そうした楽しみを我慢してばかり……なんてことになってしまっては、寂しいですよね。

 それに、「車の修理代が必要になった」、「子どもが海外留学を希望するようになった」、「家族の誰かが長期入院することになってしまった」など、いざという時のために使える、ある程度まとまった金額の貯蓄もしておきたいところです。

ボーナス返済には頼らないのが基本

 実は、ボーナス返済をした場合としなかった場合とでは、年間の合計返済額には大きな差はありません。ですから、ボーナス返済には頼らず、あくまでも住宅ローンは毎月返済するものと考えて、無理のない金額で月々支払っていくことをベースに考えましょう。

 それに加えて、家計に負担がかからないのであれば、少しだけボーナス返済に振り分け、ボーナス時にプラス数万円返済するといった方法を取ればいいのです。それだけでも返済期間を短縮できますし、返済期間が短くなれば、結果として利息の総額も減らすことができます。

 次の項目では、ボーナス返済を選択しても問題ない人はどんな人なのかを、事例をあげて見ていきましょう。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内