住まいのノウハウ講義 / リフォーム / 業者の選び方

リフォームに必要な情報の集め方(2/2)

住宅設備メーカー・ショールームを賢く活用しよう

2016/02/12 森田祥範

リフォームを考えている人は、ハウスメーカーのモデルハウスに行ってみましょう。素敵で快適にアレンジされた居住空間を見ると、理想のリフォームプランが何となく見えてくるはず。そして、ある程度リフォームプランが固まってきたら、次は住宅設備メーカーのショールームに足を運んでみること。リフォームプランがより実現に近づくはずです。

アドバイザーには何でも聞いてみる

 住宅設備メーカーにとって、リフォームを具体的に考えている人は、将来の顧客候補です。それだけに、ショールームにいるアドバイザーは、あなたのリフォームの相談にもきっと親身に対応してくれるはず。気になることはどんなことでも質問して、積極的に情報収集しましょう。

 たとえば、システムキッチンの導入を考えているなら、実際の予算を提示して、シンク、キャビネット、ガスレンジやIHクッキングヒーター、レンジフードなどの最適な組み合わせを提案してもらったり。相手はその道のプロなので、「もう少し明るい色のものがほしい」とか「もっと高級感あるものを」といったわがままな要望にもしっかり応えてくれます。場合によっては、取り扱い商品のない、照明や床材についてアドバイスしてくれることも。

 また、浴室リフォームを考えているなら、最新のバスルームの驚きの機能を具体的に見せてもらいましょう。現物を見ながら説明を受ければ、カタログを見ただけではわからなかった使い勝手の良さが実感として理解できるはずです。

 ポイントは、ショールームでは商品を販売していない、ということ。だからアドバイザーにどんな質問をしても、商品をセールスされることはありません。メーカーによっては、不定期にリフォームセミナーを開催していたり、自社のシステムキッチンを使った料理教室を開いていることもあります。メーカーのホームページをこまめにチェックし、気になるイベントにはドシドシ参加してみましょう。

商品選びの際の最終チェックを

 リフォーム計画がさらに進んで、「リフォームで実際に使う商品をこれから決める」という段階でも、ショールームは強い味方になってくれます。自宅に導入する商品を、見て触って選べるのですから。

 商品選びの段階まで来たら、ショールームに手ぶらで行ってはいけません。その商品を設置したい部屋の、正確な間取り図を持参すること。その部屋で一緒に使いたい家電製品や調度類があれば、そのサイズもメモしておきます。

 そして、それらがその部屋にきちんと収まるかどうか、アドバイザーの人とチェックするのです。その部屋の写真を持参してアドバイザーに見てもらうと、「この家電製品はこっちに配置したほうがいいですね」など、見取り図を描いてもらいながら、より具体的なアドバイスが得られるでしょう。

ショールーム訪問の際の注意点

 最後に、住宅設備メーカー・ショールームを訪問するときの注意点をお伝えします。

 休日、特に連休中のショールームはとても混雑するので、アドバイザーの話をゆっくり聞きたいときは、平日に訪問すること。ただしショールームによっては、休日でも予約を受け付けてくれるところがあります。

 実際に近い形で使い勝手を確認すること。たとえば、浴槽には実際に体ごと入ってみる。便座には座ってみる。フローリングの床なら靴を脱いで歩いてみる。システムキッチンの前では、実際に調理をしている風に動いてみる、といったことが大切です。

 特に注意が必要なのはシステムキッチンです。靴をはいたままキッチンの高さをチェックすると、実際に自宅に導入したとき、「思ったより高くて、作業が疲れる」なんてことになりかねません。洗面化粧台についても同じことがいえます。高さをチェックするときは、かならず靴を脱ぐこと。おすすめは、普段使っている室内用スリッパ等を持っていくことです。

 ショールームは実際の住宅よりも天井が高く、照明も明るいことを知っておくこと。ショールームでちょうどいいサイズに見えても、「自宅に導入すると圧迫感を感じるほど大きかった」というケースがときどきあります。また、ショールームでは明るい色に見えても、自宅に置くと思ったより沈んだ色だった、ということもあります。そのあたりはあらかじめ頭に入れておいてください。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内