住まいのノウハウ講義 / 借りる / 内見から契約までの注意点

必須アイテムは図面とメジャー

内見に行く前に準備しておくことは?

2016/01/24 枦山 剛

内見は居心地のいい部屋を探すために重要です。内見ではどんなところをチェックすればいいのでしょうか。また、チェックするべきポイントがたくさんありすぎて後で確認忘れに気づいた…、なんてことにならないように、事前に準備しておくべきこともお伝えします。

内見に行く前に準備しておきたいこと

 部屋探しで重要なのが、実際に部屋を訪れて室内や設備を確認する内見です。特に初めての部屋探しの場合は、どこをどうチェックすればいいのかよくわからないという人も多いと思います。

 内見は、部屋をただ見るだけではありません。実際に生活していく上で不都合が生じないか、事前に確認しておくべきことはたくさんあります。きちんと確認しておくことが、快適な生活が送れる部屋を見つけることにつながるので気を抜かないようにしましょう。

 家電や家具など、現在の家から持っていくものはサイズの計測をしておきましょう。特に冷蔵庫や洗濯機などは置き場所のスペースに制限がありますから、いま使っているものが置けるかどうか、内見で必ず確認しておいてください。ベッドや棚など大きな家具もサイズを測っておけば、図面を見ながら位置をイメージすることができますし、内見の際には実際のスペースを確認して、さらに具体的なイメージを確認することができます。

 カーテンも、使用しているものがそのまま使えるかどうか確認が必要です。窓とカーテンのサイズを測っておきましょう。また、クローゼットなど収納スペースのサイズも計測しておきます。現在の収納スペースでは物が入りきらないのであれば、もっと大きな収納スペースが必要ですし、逆にまだ余裕があれば収納スペースがもっと小さめの部屋でも問題ないということになります。

 また、事前に周辺環境をリサーチしておくことも大切です。近くにスーパーやコンビニがあるかなど、地図サイトなどを利用して検索しておきましょう。コンビニやスーパー、公共施設などがどこにあるのかを把握しておけば、効率的に周辺環境を見て回ることができます。

 さらに災害時の避難場所マップも確認し内見の際に歩いて確認できる様にしましょう(避難場所の資料は市や区役所や役場でもらえます)。自然災害の危険性を示すハザードマップ等も市役所や区役所又は役場で貰えますので入手して確認し、気になる場所は内見の際に視察しておくと後の安心に繋がります。

 複数の物件をまとめて内覧することもよくあるので、実際に周囲を歩き回る時間が取れない場合もあります。そんなときでも、事前にインターネットなどで周辺環境を調べておけば安心です。

内見の申し込みをする

 どれだけ細かくチェックするかにもよりますが、内見は移動時間も含めるとだいたい1時間以上かかります。1日でまとめて見る場合は、4、5件に絞りましょう。あまり物件数が増えると、見落としが増えたり、せっかくチェックしたポイントがどの物件のことだったのかごちゃごちゃになってしまったりということもあり得ます。

 時間帯にも注意が必要です。日中と夜間、両方の時間帯で日当たりや騒音、周辺環境などを確認するのが理想的ですが、時間がない場合は昼と夜、どちらが部屋にいる時間が長くて環境のチェックなどが必要になるのか考えてその時間帯に内見を申し込みましょう。

図面とメジャーを用意する

 メジャーは必須です。物件の図面は不動屋さんに用意してもらいコピーをもらっておきましょう。

 図面があると、内見の時に計測したサイズのメモや気になるところが書き込めるので便利です。あらかじめ図面にはチェックしたいポイントやサイズの計測が必要な箇所をメモしておきましょう。

 メモ帳やデジタルカメラも写真を残すのにあると便利です。方位の確認をする場合は方位磁石。建物の水平チェックなどをしたい場合は水準器やビー玉などを持っていきましょう。

 実際に生活してみて気づくことや気になるポイントが出てくることも少なくありません。後で後悔することのないように、事前に確認できることはなるべく細かく確認しておきましょう。

次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内