住まいのノウハウ講義 / 買う / 注文住宅の建て方

家づくりを成功させる業者選び(1/4)

家づくりのパートナーに求めるべき、いちばん大切なこと

2016/01/26 菅 正秀

家づくりにおいて、一番重要で信頼すべきパートナーとなるのが、実際に家をつくる会社です。その会社選びを失敗すると、なかなかうまくことが運びません。そこで、家づくりをしている会社の特徴を知ることで、自分たちの夢をかなえるのにふさわしい会社を選びましょう。

ハウスメーカー・工務店・建築家、それぞれの特徴

 家づくりの一般的な発注先は、ハウスメーカー・工務店・建築家です。それぞれに特徴があるので、紹介しましょう。

(1)ハウスメーカー
 全国規模で幅広い営業網を持っていることから、土地探しや資金計画・アフターサービスまで一貫してプロデュースをしてくれます。経営基盤が安定している会社が多いことから、営業・施工体制も強固です。独自の工法を持ち、合理的な設計・工事を徹底し工期が短いのも特徴です。

 ただし、規格化されていますので、敷地の形によっては希望のシリーズが建てられなかったり、少しのカスタマイズが結構なコスト高になったりということもあります。 

(2)工務店
 地域密着型で機動力があります。打ち合わせ・メンテナンスにも素早く対応してくれますし、コストパフォーマンスの面でも優れています。

 ただ、会社の規模により得意、不得意な面があります。たとえば、在来工法のみで2×4工法はできないとか、木造3階建てには対応してませんとか、各工務店さんの得意な面とあなたが希望することが合致するか検討しましょう。

(3)建築家
 完全オリジナルな設計・工事監理を行なうのであれば建築家に頼みましょう。施工会社の選定・手配も行なってくれますが、設計監理料として工事費の8~15パーセントがかかるなど、コスト面では一番高くなります。

どのような会社をパートナーにすればいいのか

 このように、ハウスメーカー・工務店・建築家ではさまざまな特徴があるので、自分の家づくりを任せるのにふさわしい会社を選ぶのですが、どのような会社をパートナーにすればよいのでしょうか?

 家づくりは人生に何度も経験するものではないので、おそらく「最初で最後の大きな買い物」になる人がほとんどだと思います。ということは、ほとんどの人が何も知らない・わからない状態で家づくりに臨むことになります。そのような状態から丁寧に手ほどきをし、いろいろな選択肢を提示しながらゴールを目指す手助けをしてくれるのが、よいパートナーといえるでしょう。

 一般的に、家づくりは医療と似ているといわれます。初めて経験する痛み(家づくり)を抱えた患者(建て主)は、何が原因なのか不安でしかたありません。そして、どうすればいいのかもわかりません。

 その痛みをなくす(成約)ために、医者(パートナー)は最善の治療法(家)を見つけ出します。そのためには、どこがどのように痛いのか(どのような家にしたいのか)をヒアリングし、いちばんいい方法で回復へ向かわせるのです。

 このように、建て主の不安を丁寧に解決し、一生の買い物をする相手としてふさわしい業者こそが、あなたのパートナーにふさわしいのです。

よいパートナーに巡り合うためのチェックポイント

 もちろん、業者も商売として家づくりをしているので、どこかで自分の利益を考えています。しかし、そのなかでもお客さん目線を失わずに接してくれる業者を見つけることで、家づくりが成功に向かいます。

 ハウスメーカー、工務店、建築家のどれを選ぶのか、正解はありません。ハウスメーカー同士でも会社によって各社さまざまな仕様があり工法も違います。細かなことを言い出してはキリがありません。大切なのは、「家づくりをする」ことだけが目的になっているのではなく、「建て主の生活を考える」「建て主の不安を解消する」ことを最優先してくれること。そうしたスタンスの業者が、望ましいパートナーといえます。

 たとえば、建物の仕様やデザインの話に終始する業者、とにかくスケジュールを早く決めたがる業者は、お客さん目線とはいいがたいものがあります。逆に、土地探しや資金計画などの準備段階からいろいろな相談に乗ってくれたり、建て主の要望をどんどん聴き出してくれたり、建て主が不安に思っていることを解決する方法を教えてくれたりすると、「この業者に頼みたい」と思うはずです。

 このように、建て主とともに歩んでくれるパートナーを選ぶことができれば、あなたの家づくりの第一歩は大成功といっていいでしょう。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U