住まいのノウハウ講義 / リフォーム / リフォームの基礎知識

失敗しないリフォームプランの立て方(6/6)

将来のバリアフリー化に向けていまやっておくこと

2016/01/25 森田祥範

社会の高齢化が急速に進行するなか、これからのリフォームのキーワードとなるのが「バリアフリー」です。現在、要介護の家族がいる世帯の場合、リフォームするならバリアフリー化が大きな課題になるでしょう。では、家族全員がまだ元気な世帯の場合、バリアフリーをどこまで前倒しで進めておけばいいのかがポイントになります。本項では、バリアフリーについて考えます。

いきなりバリアフリーにすると不便な家になる?

 リフォームにバリアフリーの発想をどこまで取り入れるかは、世帯主の年代が大きく関係してきます。

 たとえば世帯主が30〜40代の場合、家事の中心は「子育て」になるはず。そのため、汚れを落としやすい壁紙を使ったり、キズが気にならないフローリングにしたり、子どもの様子を見守りやすい対面式キッチンにするなど、リフォームでは教育や子育てのしやすい環境を整えることがメインになります。バリアフリーについて考える必要はまだありません。

 それに対して、世帯主が50代以上になってからのリフォームでは、そろそろバリアフリーを意識すべき。近い将来、高齢の両親と同居する可能性もあるし、ご自分たちの老いについても考えを巡らせておかなければならないでしょう。

 とはいえ、「備えあれば憂いなし」とばかり、いきなり全面的にバリアフリー化するのは得策ではありません。たとえば、よかれと思って設置した廊下の手すりが、将来的に車椅子の通行の邪魔になることもあります。また、狭い階段に手すりを設置したため、荷物の上げ下ろしがしにくくなるなど、家族全員にとって不便な家になってしまうこともあります。

バリアフリーへの発展性を持たせる

 そこで、まだ要介護の家族がいない家におすすめなのが、バリアフリーへの発展性を持たせた「プレ・バリアフリー工事」。バリアフリー化のためにリフォームするのではなく、別の目的でリフォームするついでに、少しだけバリアフリー化を進めておく工事です。

 たとえば、畳をフローリングに張り替えたり、床暖房を導入する工事のついでに、各部屋の床の高さを揃え、段差をなくしておくとか。全室の床の高さを一度に揃えるのがむずかしければ、基準となる床の高さをまず決めておいて、将来的に順次揃えていくという手もあります。

 床の段差をなくす工事を単独で行なうと意外に費用がかかるものですが、別の工事のついでに行なうのであれば、比較的低コストで床のバリアフリー化が実現できます。

 あるいは、壁紙を貼り替えるついでに、将来手すりを取り付けるための下地材を入れておくとか。

 ドアを交換する場合は、ドアノブを回転式の握り玉からレバーハンドルに取り替えておくと、将来握力が弱くなったときでもドアの開閉がスムーズになります。あるいは、思い切ってドアを引き戸に替えておくと、将来誰かが車椅子生活をするようになったとき、屋内での移動がとてもラクになります。

 また、冬場のヒートショック(寒暖差による体への悪影響)を和らげるために、洗面・脱衣所や浴室に暖房設備を導入しておけば、家族の年齢に関係なく、長く快適に暮らせるようになります。

本格的なバリアフリーに向けて

 もし間取りまで変更できるのであれば、寝室とトイレを近接して配置するのがベスト。少なくとも、寝室とトイレは同じ階に設置することです。トイレのために階段を上り下りするのは、家族にとって大きな負担になります。

 トイレや浴室といった水回りをリフォームする場合は、特に将来に向けての配慮が必要です。というにも、水回りのリフォームでは配管一式取り替えるなど工事が大がかりになり、費用もそれなりにかさむから。そう何度もリフォームできる場所ではありません。できれば、車椅子でも入れるようにトイレを大きめにつくっておくなど、余裕を持たせた造りにしておいたほうが、将来的には安心だといえます。

 とはいえ、バリアフリーに完璧なプランはありません。将来どんな事態が想定されるのか、家族でよく話し合っておくことが大切です。

 場合によっては役所の福祉課等へ相談して、包括支援センターを紹介してもらいましょう。そこでケアマネージャーと相談して将来の計画を考えてみるのもいいですね。ひとりで考えるより安心です。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内