住まいのノウハウ講義 / リフォーム / 予算と費用の決め方

リフォーム予算と費用の賢い決め方(12)

屋根のリフォームにかかる費用は?

2016/02/12 森田祥範

外壁塗装と並んで、一戸建て住宅に欠かせないのが屋根のリフォーム。しかも屋根の場合、自分の目で状態がチェックできるわけではありませんから、しっかりと計画を立ててリフォームに取り組みたいもの。ここでは、屋根の種類別に、リフォームにかかる費用を解説します。

カラーベスト(スレート)葺き替えは111万円〜

 一戸建て住宅の屋根には、大きく分けてスレート(セメント)系、金属系、粘土系があります。

 ここ30年ほどの間に、屋根材として急速に普及したのが石綿スレート瓦です。特によく使われるのが「カラーベスト」という製品で、これはセメントに繊維質を混ぜ、色陶磁器粉を加えて平形に成型・着色された屋根葺き材です。高密度な結晶構造を持ち、1平方メートルあたり20キログラムと軽量で、防水性と耐久性が高く、発色のいいのが特徴。価格がリーズナブルで施工も簡単なため、いまではすっかりポピュラーな存在になりました。寿命はおよそ30年です。

 カラーベストは防水性、耐久性に優れているため、メンテナンスも容易です。葺いてから12〜15年目に汚れを落とし、適宜補修し、塗装し直します。このメンテナンスをしておけば、通常はあと7〜8年持ちますが、傷みがひどい場合は葺き替えになります。

 カラーベストを塗装し直す場合、その費用は屋根面積100平方メートルでおおよそ26万円。内訳は、水洗い4万円、下地材シーラー7万円、屋根用専用塗料13万円、消費税などの諸経費2万円です。

 カラーベストを葺き替える場合、その費用は屋根面積100平方メートルで、おおよそ111万円から。内訳は、古いカラーベストの解体8万円〜、古いカラーベストの撤去処分16万円、防水紙の張り替え6万円、新しいカラーベストの材料・工事費60万円、板金工事15万円、消費税などの諸経費6万円になります。

 屋根材を撤去した時に、野地板(屋根下地材)が腐食していないか必ず確認してもらいましょう。もし腐食等があれば、この際張り替えておきましょう。

 なお、これらの工事の際、足場は必須ではありませんが、もし足場を架設する場合はプラス8〜10万円程度かかります。

トタン屋根の塗装は30万円

 金属系の屋根材にはトタン(亜鉛メッキ鋼板)、ガルバリウム鋼板などがあります。これまで金属系屋根材は「雨音がうるさい」「日差しで熱くなりやすい」などの難点がありましたが、近年は改良が進み、防音効果や断熱効果の高い製品も登場しています。

 トタン屋根の場合、耐久性は15〜20年で、7〜10年で塗り替えが必要。塗り替えの場合はおおよそ30万円が目安になります。内訳は水洗い(高圧洗浄)4万円、下地処理4万円、ウレタン系塗料塗装20万円、消費税など諸経費2万円です。

 なお、こうした金属系屋根材は1平方メートルあたり5〜7キログラムとごく軽量なため、先ほどのカラーベストの上から重ね葺きすることも可能です。重ね葺きはカバー工法とも呼ばれ、現在ではポピュラーな手法になりつつあります。

 たとえば、ガルバリウム鋼板の瓦でカラーベストの上から重ね葺きする場合の費用は、おおよそ185万円。内訳は、鋼板取り付け用の木工事25万円、防水紙張り6万円、板金工事25万円、ガルバリウム瓦とその取り付け120万円、諸経費9万円です。

 なお、ここでご紹介した費用は、どちらも足場代を含んでいません。足場を架設して工事する場合は、別途8〜10万円かかります。

 こうしたカバー工法のメリットは、古い屋根材(カラーベスト)の解体・処分費用がかからないことです。ただし、その場合でも一部めくって下地の状態の確認だけはしておきましょう。デメリットは、その分、屋根が重くなること。耐震性に不安がある場合は、避けたほうがよいかもしれません。

日本瓦は基本的にメンテナンスフリー

 粘土系の屋根材の代表は、ご存知、日本瓦です。非常に耐久性が高く、基本的にメンテナンスフリー。漆喰、締め直しなどを適切に行なっていれば、50年から100年もつといわれています。

 難点はほかの屋根葺き材に比べて、1平方メートルあたり55キログラムと極端に重いこと。そのため、地震に弱いのでは? と思われがちですが、新築時にきちんと構造計算されていれば、特に問題ありません。

<< 前の記事

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U