住まいのノウハウ講義 / 買う / 注文住宅の建て方

土地選びの基礎知識(6/8)

幅4メートル以上の道路に面した土地にしか家は建てられない

2016/01/23 菅 正秀

建築基準法では、家の建築に関してさまざまな制限がかけられていますが、そのなかでもあまり一般的に知られていないのは道路による制限です。しかも古くからある道路は、その制限を受けないなど、除外要件などもあり少々難解です。また、土地の形状によってまた違う制限を受けることもあります。

接する道路の幅によって規制されてしまう

 建築基準法における規制では、都市計画区域内の土地において、幅4メートル以上の道路に2メートル以上接していないとその土地には建物が建てられないことになっています。

 しかしながら、古くからある道路のなかには幅4メートル未満のものも多く、建築基準法施行時(1950年/昭和25年)以前から建物が立ち並んでいた道路で、都道府県・市町村が指定したものに限り幅4メートル未満でも道路として扱うことになっています。この規定が、建築基準法42条2項で定められていることから、2項道路(みなし道路)と呼ばれています。

 現状、都市部の幅4メートル未満の道路の多くが2項道路に指定されているので、この道路に2メートル以上接している土地には建物を建ててもよいことになっています。しかし、道路の中心線から2メートル後退した線を道路境界線とするので、実際の境界線から道路境界線までは自分の土地であっても敷地面積には算入できないという規制(「セットバック」といいます)があります。

 たとえば、2項道路の幅が3メートルしかなかったとします。実際の境界線は、道路の中心線から1メートル50センチしかありませんので、さらに50センチメートル下がった道路境界線より後退した場所でないと建物が建てられないというわけです。ということは、自分の敷地が実際の境界線より50センチメートル分下がった部分から始まるので、住宅用の敷地面積が小さくなってしまうということです。

旗竿地などの特殊な形の土地も要注意

 そして、もうひとつ注意しておきたいのが旗竿地と呼ばれる土地です。

 この旗竿地、漢字のごとく長い竿の先に旗がついたような形をしていることからこう呼ばれています。つまり、道路との接点の幅は短いのですが、奥まで細い道が続いていて開けているような土地です。

 なぜこのような不思議な土地が生まれたのかというと、その多くはもともとひとつの土地だったものが相続や売却などで切り売りした結果なのです。そこで旗竿地にもさまざまな規制がなされています。

 まず竿の部分(道路から開けた土地まで続くアプローチ部分)が20メートルを超える場合、防災などの関係から道路との設置幅を2メートルではなく3メートルとしている自治体も多く存在します。

 そして、その竿の部分が隣地の一部になっている場合、袋地と呼ばれる土地では、竿の部分が隣地の持ち物なので、家の新築・建て替えは法律上不可能とされています。

法律は安全な地域社会を実現するためのもの

 このように、道路によっても法律で定められていることが多数あります。何気なく眺めている街並みも、実はこのような規制の上で成立しています。

 日常生活ではなかなかピンとこないものも多いと思いますが、その法律の多くは安全な地域社会を実現するためのものです。たとえば2項道路の制限がなければ道幅が狭くなりすぎて、交通事故を誘発する危険性があります。旗竿地で火災が発生した場合、消防車が入っていけるだけの幅が確保されていないと2次災害につながることも予想されます。

 このような法律を念頭にハウスメーカーや工務店などは設計を進めるので、その土地にどのような制限がかかっているかは説明を求めましょう。

 建ぺい率や容積率( http://sumai-u.com/?p=2066 )などの数値的な部分もそうですが、自分の選んだ土地が自由自在に使えるのではなく、さまざまな制限があることを知っておきましょう。そしてそのなかで自分らしい家を建てることが、良好な住環境や地域社会への貢献につながることを考えておくことも大切です。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U