住まいのノウハウ講義 / リフォーム / 予算と費用の決め方

リフォーム予算と費用の賢い決め方(2)

床下湿気対策のおおまかな費用を知ろう

2016/01/30 森田祥範

高すぎる工事代金を請求されたり、安すぎる代金で手抜き工事をされないよう、リフォームの適正価格を知ることはきわめて重要です。ここでは、悪徳リフォーム業者による訪問販売が一時期問題になった、床下の湿気対策についてご説明します。

見えない床下を悪徳リフォーム業者が狙う

 一戸建て住宅の床下は、もともと湿気がこもりやすいところ。そのため、コンクリートの基礎部分に換気口がついているお宅も多いと思います。

 しかし、たとえ換気口がついていても、床下がいまどんな状態になっているか、私たち素人にはわかりません。そこに、悪徳リフォーム業者のつけいる隙もあるわけですね。

 数年前には、高齢者世帯を狙ったリフォーム詐欺が大きな話題になりました。彼らは「無料で床下点検させてください」などと言葉巧みに持ちかけ、ちょっと見ただけで「床下が腐食している」「シロアリが発生している」などと住んでいる人の不安をあおり、施工する必要のない高額なリフォーム契約を結ばせていたのです。

床下に湿気防止シートを設置して20万〜30万円

 とはいえ、床下の湿気対策がすべて不必要というわけではありません。以前沼沢地だったなど、お住まいの地域によっては、湿気対策したほうが住宅が長持ちする場合も当然出てきます。また、建設業者の施工ミスで、犬走り(家の周囲のコンクリの部分)が換気口の一部をふさいでいたり、雨の吹き込む場所に換気口が取りつけられている場合には、雨水が床下に入り込みやすいので、湿気対策が必要になってきます。

 そういった床下の湿気対策で実際によく使われるのが、床下の地面に湿気防止シートを敷き、上から乾いた砂を撒いて固定する方法です。近くに川や湖沼があるなど、もともと湿気の多い地域の場合、湿気防止シートを敷いた上からコンクリートを打つほうがより有効です。

 こうした作業は床をはずさないと行なえないため、1階床の張り替え工事と同じタイミングで行なうのがオススメです。

 おおまかな費用は、1階の床面積が50平方メートル程度の場合、湿気防止シート+砂で約20万円、湿気防止シート+コンクリート打設で約30万円(この場合は建物の立地や道路状況によってコンクリート打設手間の費用が大きく変わるので注意が必要です)。

 この金額と大きくかけ離れている場合は、ほかの業者からも見積りを取ったほうが安全です。なかには湿気防止シートを使わず、床下調湿材を地面に置くだけですませる業者もいますが、調湿材だけでは効果が薄く、逆にカビを発生させるおそれもあるため、注意が必要です。

床下換気扇の設置は3機1組で15万〜20万円

 住宅密集地などで風通しが悪く、湿気防止シートでも湿気を取りきれない場合には、床下換気扇を設置するのも有効です。

 床下換気扇にはさまざまなタイプがあります。標準的なものは、1日6時間程度稼働するよう設定された自動タイマーとリモコンがセットになったもの。換気扇そのものは3機で1セットです。費用は換気扇3機、タイマー、リモコン一式と工事費込みでおよそ15万〜20万円です。

 以前横行した床下リフォーム詐欺では、通常3機で1セットの換気扇を1機ずつバラにして1機10万円以上で販売していました。なかには、住宅1戸の床下に10機以上無駄に設置されたケースもあったようです。

 床下換気扇は設置箇所も重要です。一般的には、南側から乾いた暖かい空気を取り込み、湿気とともに北側から空気を逃がすことになります。換気扇は排気する側に取り付けるので、北側や西側の換気口付近に設置するのが一般的。床下が狭くて取り付けにくい場合は、換気口の外側に取りつけるタイプもあります。

 このように、床下の湿気対策費用にも、適正な価格があります。業者の出した見積もりに疑問を感じたら、納得いくまで質問し、場合によっては他業者と相見積もりを取るようにしましょう。

 まずは、地元で長く営業されている設計事務所や工務店に相談してみるのも手です。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U