住まいのノウハウ講義 / 買う / 注文住宅の建て方

快適な住環境を実現するために(6/6)

快適な暮らしを実現する外装材の選び方

2016/01/29 山田章人

外装材は家のイメージを決定づけるものですので、慎重に選びたいもの。しかも、施工方法によってスケジュールもコストも大きく変わる部分ですので、じっくり考えて決めていきましょう。

外壁材におけるふたつの方法

 外壁材は「乾式工法」と「湿式工法」のふたつに大別されます。

 乾式工法では、主にサイディングが使われます(サイディングとは、建物の外壁に使用する壁板のことで、ザインが豊富で耐火性や耐水性にすぐれ、価格も比較的安いものです)。

 乾式工法は工期が短いことから、多くの住宅で採用されています。一方、湿式工法は左官職人の技術力の依るところが大きく、個性的で高級感のある外観となります。しかし、スケジュール・コストの両面で乾式工法に比べ、時間・費用がかかります。

乾式工法とは?

 乾式工法でよく使われるのはサイディングですが、多くの種類があります。

 セメントやケイ酸カルシウムを原料とする窯業系サイディング、表面に金属板を施した金属系サイディング、無垢の木材・合板を使用した木質系サイディング、粘土を焼成したタイルが素材のセラミック系乾式サイディングなどがあり、それぞれの特徴があります。

 たとえば、窯業系サイディングはコスト的に安く耐久性・耐火性が高く、デザインも豊富です。金属系サイディングは、外壁材のなかでもかなり軽量なので建物への負担がすくなく、シャープなデザインでモダンなイメージになります。

 そして、木質系サイディングは木の温かみを楽しめますし、縦張り・横張りのバリエーションがあることから表情も豊かになります。セラミック系乾式サイディングは、何といっても質感が魅力です。紫外線による色あせにも強いことから、塗り替えなどのメンテナンスも少なく済みます。

 また、サイディングより重装備になってしまいますが、ALCパネルという工法もあります。これは、軽量気泡コンクリートに鉄筋を入れたパネルで、耐火性に優れているのが特徴です。

湿式工法とは?

 湿式工法は、モルタルを下地に塗り、その上に左官材を塗るかタイルなどを張る工法で技術力を要します。

 塗り壁は、表現力の高さが人気で、サイディングと違い曲面の壁にも使えることから個性的な外観が実現します。日本の伝統的な工法である漆喰も、この塗り壁の一種です。また、タイル・レンガ・石を張りつける工法も、素材感あふれる外観となります。

屋根材の選び方

 屋根材は、コストや重さ、勾配によって使用する素材が決まっていきます。最近よく使用されている素材は、スレート・鋼板(金属板)・瓦です。

 スレートは、もともとは天然の粘板岩を薄く剥いだものですが、現在はセメントを繊維質材料で強化した人工素材が主力になっています。コスト的に安く軽量なことから、多くの住宅で採用されている素材です。

 鋼板は、銅・アルミ合金・トタン・ガルバリウム鋼板などの金属板を使用するもので、軽量で建物への負担が軽くなります。また、雨漏りに強いという特徴があるので、勾配が緩い屋根(雨水が落ちにくい屋根)にも適しています。このように、勾配が緩い屋根は使う素材が限定されてしまいます。

 最後に、瓦は日本の伝統的な素材で、粘土を焼成してつくります。耐久性が高くメンテナンスが少なくすみ、見た目にも重厚感がたっぷりの仕上がりになります。ただしスレートや鋼板と比較すると、若干高価になります。

防水工法の種類

 屋根材はもちろん、バルコニーの床などに使う素材も防水性が求められます。

 防水工法にもさまざまな種類がありますが、特に多く採用されているのが、「シート防水」と「FRP防水」です。

 シート防水とは、塩化ビニールや合成ゴムを原料とするシートを下地に貼り付ける工法で、材料に伸縮性があるのが特徴です。FRP防水は、ポリエステル樹脂と硬化剤を混ぜた液体を補強材に含ませる工法で、耐水性・耐食性に優れています。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U