住まいのノウハウ講義 / ライフスタイル / 田舎暮らし・デュアルライフ

旅行や出張とは異なる「滞在体験」を叶えるアレコレ

自宅を離れて「住む」のに最適な滞在先は?

2016/01/04 馬場未織

探せば見つかる!短期滞在にとっておきのステキな隠れ家をご紹介。

マイクロステイ新しい滞在の形

 在宅勤務やノマドワークのスタイルに慣れたら、いよいよ都会を離れてみましょう。まずは1週間からでもいい。いつもとまったくちがう環境に身を置いて、仕事とプライベートにどんな充実感を覚えるか、あるいは何か課題が見つかるか実験してみるのです。

 計画の出だしでつまずきがちなのが滞在先選び。短期滞在に使える賃貸住宅はほとんどありません。すぐに思い浮かぶのはウィークリーマンションですが、地方といえども交通至便な立地にあるのがふつうですから、リラックスした環境で過ごしたいというニーズには不向きです。その上、わざわざ自宅を離れて狭いワンルームマンションに暮らすのは気持ちが上がりませんね。

 観光や出張用の宿ならどこにでもありますが、ホテルや旅館暮らしで食事はすべて外食といった生活では、旅行気分になってしまい「住む」実験になりません。そこで注目したいのが「microstay(マイクロステイ)」という新しいサービスです。

 現在提供されているのは湘南エリアと福岡県の糸島のみですが、近く金沢も加わる予定だそう。東京在住者にとっては湘南であれば、もしどうしても必要なことがあれば都心に出るのも簡単なので、お試し移住の入門編として、立地的にもちょうどいいでしょう。

「里山オフィス」でクリエイティブなワークライフバランス

 日本のほぼ中央に位置し、四方を山々に囲まれた飛騨地域の里山に、期間単位で一軒家をまるごと借りられる物件があります。その名も「里山オフィス」。いかにも飛騨地方らしい民家には、自然との調和をはかる匠の技が生きています。同時に、仕事が持ち込めるようオフィス機器を備え、仕事場でありながらクリエイティブな生活の場として活用できるつくりになっています。

 このオフィスができた背景には、ご多分にもれず飛騨地方でも進んでいた高齢化があります。地域には歴史的価値のある古い民家が多いものの、約2割は空き家、3割以上の家は2人以下の居住で、居住者の多くが維持していく負担を重く感じていました。そこでなんとか有効活用できないかと「飛騨里山オフィスプロジェクト」が発足し、他地域の人に生かしてもらう「里山オフィス」が誕生したのです。

大手企業も注目する里山でのテレワーク

 この里山オフィスには、大手企業も注目しています。2015年の夏、日本マイクロソフトは全国651の法人に呼びかけて「テレワーク」を推進するキャンペーンを行いましたが、その一環で、同社の社員11名が4泊5日、飛騨の古民家に滞在しながら自らテレワークに取り組みました。

 電話やパソコンでの顧客サポート業務などに携わる社員が、普段は東京オフィスで行っている通常業務を実践したとのこと。空いた時間には地域ボランティア活動や、街づくり会議にも参加したそうです。同社では今回の経験をもとに、テレワークでサポート業務を行うための環境づくりに取り組むと報じられています。大企業が後押しすることで、こうした取り組みは確実に増えると期待されます。移住や二地域居住の足がかりになる場所が増えれば、新しい働き方・暮らし方へのハードルがますます下がっていくでしょう。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内