住まいのノウハウ講義 / 借りる / 契約更新時の注意点

大家さんと直接交渉するのがポイント

賃貸契約の更新時に家賃の値下げ交渉をする方法

2016/01/06 大友健右

手続きや更新料など面倒な契約更新ですが、契約更新時は家賃の値下げ交渉や条件改善のチャンスでもあります。なるべく空室になるのを防ぎたい大家さんは、家賃の値下げに応じてくれるかもしれません。

契約更新時は家賃交渉のチャンス

 賃貸契約の更新はお金もかかるし、手続きなどが面倒だと感じることも多いと思います。しかし、更新時は家賃交渉や条件の見直しなどを大家さんに交渉できるチャンスでもあるのです。

 なるべく空室になるのを防ぎたい大家さんは意外と、あっさり家賃の値下げに応じてくれることもありますので、更新の機会に家賃の値下げ交渉をためしてみるのもいいかもしれません。

こんな方法で値下げ交渉をしてみる

 では、家賃の値下げ交渉はどのように行なえばいいのでしょうか。

1.ネットで家賃を確認
 自分の住んでいる物件の賃料をネットや不動産会社で調べてみましょう。自分が借りた時よりも安くなっていれば交渉の材料となります。
 家賃は常に変動していて、基本的に時間が経過するほど物件の価値は落ちていきます。2年もたてば変わっていることも多いので現在の物件価値を確認するという意味でも現在の賃料を一度チェックしてみましょう。

2.周辺物件との比較
 住んでいる物件の家賃が変わっていない場合は、周辺にある同じような条件の物件の家賃と比較してみましょう。相場よりも高い設定になっている場合は、周辺物件の家賃を引き合いにだして値下げ交渉ができます。

3.更新料や管理費など
 家賃の値下げが不可能なら他の費用で値下げ交渉をしてみましょう。『管理費や更新料なら…』と値下げしてくれることもあります。費用の値下げがどうしても無理な場合は、浴室乾燥やウォシュレットなどの設備投資をお願いすると聞いてくれることもあります。

4.年払いの申し込みをしてみる
 月払いの家賃を年払いにする代わりに値下げを交渉するというケースもあります。資金的に余裕がある場合に限られますが、実際に交渉が成功する確率が高いようです。

5.法定更新
 値下げに応じてもらえなければ、『法定更新』での契約更新にしたいと相談してみる方法もあります。法定更新とは通常の更新手続きや更新料が発生しない更新方法です。法定更新にすると期限のない賃貸契約となるため、それ以降は更新料を払う必要はなくなります。

 ただし、法定更新にすると、解約通知の期限が長くなったり、大家さんや管理会社との関係が微妙になってしまったりと、入居者に不利になることもあるのでよく考えて相談しましょう。

値下げ交渉時のテクニックと注意点

 値下げ交渉は大家さんとっては決して大歓迎という話ではないので、実際に値下げをお願いするときにはいくつか注意点があります。

1.大家さんに直接話す
 通常の連絡などは管理会社にすることが多いと思いますが、実際に値下げ交渉の話が大家さんまで伝わっていないケースもあります。大家さんの連絡先がわかっている場合は、家賃の決定権を持っている大家さんに直接相談してみましょう。

2.繁忙期は避ける
 引越しシーズンや1~3月などの繁忙期は避けましょう。入居希望者が増える時期に、家賃の値下げ交渉をするのは望ましくありません。更新のタイミングに重なってしまう場合は、事前に相談するなどしたほうがいいでしょう。

3.更新の意思を表示する
 更新したい気持ちは十分あるという意思表示をしておくことが大切です。長く住みたいので相談しているということを告げて、交渉してみましょう。くれぐれも大家さんとの関係が悪くなることのないように気をつけて交渉することです。

契約更新時には積極的に条件や費用の見直しを

 数千円の値下げならあっさりと承諾してくれることもあります。ですが、2000円の値下げでも2年間で4万8000円にもなります。

 大家さんによって対応は違ってくると思いますが、ダメもとで交渉してみるのもいいかもしれません。また費用だけでなく、契約の更新は契約の内容や条件についても見直すいい機会です。不満に思っていることや改善してほしいこと、要望などがあれば大家さんや管理会社に相談してみましょう。

<< 前の記事

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U