住まいのノウハウ講義 / ライフスタイル / 田舎暮らし・デュアルライフ

理想の暮らしを手にいれるために知ることからはじめよう

都会暮らしのメリット・デメリット

2016/01/04 馬場未織

都会の良さを全否定することはありません。メリットにも目を向けると自分好みの移住スタイルが見えてきます。

ビジネス環境は都市部に圧倒的な軍配

 ひと口に「地方」といっても、クルマがないとアクセスが難しい農山村と、地元の町役場などが置かれた町では暮らしぶりがだいぶ違います。「都会度」と「田舎度」のブレンド具合で、さまざまなグラデーションがあるのです。自分の好みやライフスタイルに合うのはどの辺りかを見極めるためにも、改めて都会暮らしと田舎暮らしのメリット・デメリットを考えてみましょう。まずは都会暮らしからです。

 地方出身で現在東京圏に住んでいる人の中には、就職を機に上京してきた人も多いでしょう。ビジネスの東京一極集中ぶりは実に顕著で、都道府県別の全事業数で見ると、全国平均が約10万社の中、東京には60万社以上が集中し、2番目に多い大阪の40万社を大きく引き離しています。上場企業に限るとその差はさらに大きく、東京が1,800社近くあるのに対して大阪は400社強と、4倍以上の開きがあります。企業数が多ければそれだけ従業員数も多いわけですから、「企業に雇用される」働き方を選ぶなら、東京圏に圧倒的な軍配が上がります。

 雇用されず独立して働くフリーランサーなら、一見すると場所を選ばずに働けるように思えます。ところがフリーといえども、まったくひとりで工房にこもって作品づくりに没頭する芸術家や職人でない限り、クライアントがいなければ仕事になりません。クライントが多い地域のほうが仕事を得やすいのは事実です。打ち合わせはオンラインで済ませられるようになってきましたが、それでも一度や二度は直に顔を合わせる必要があるものです。

 また、正式に仕事が生まれてないときに、「よかったらランチでもご一緒に」といったコミュニケーションの機会が多いのも都市部のメリットです。もちろんこれは勤め人にとっても同様で、異業種・他業種問わず、人と知り合うチャンスは都市部のほうが多いはず。ちょっとしたつながりから仕事が生まれることもよくあります。そうしたチャンスがゴロゴロしているのが都会のよさのひとつです。

 意外と重要なのが、都市には仕事の「インフラ」が整っていることです。とくにフリーランサーには重要です。たとえば、クライアントに提案するプレゼン資料をきれいにつくりたい、といったときに便利なキンコーズのようなサービスが数多くありますし、近ごろはコンビニのコピー機も高性能になり、ビジネスユースにもピッタリです。「しまった!」と思っても、コンビニに駆け込んで助かった経験をしている人も多いのではないでしょうか。

 ただ、現在では、都会ほど数は多くないですが、地方にもそこかしこにコンビニができています。そう考えると、「地方であってもコンビニがあるのでどうにかなる」とも言えますし、都市部と地方のインフラ格差は確実に縮まっているといえるでしょう。

利便性は抜群!でも、物価の高さはツライ

 いわずもがなですが、さまざまな情報が集まり、あらゆる点で利便性が高いのが都会の大きなメリットです。食にしてもファッションにしても一流の店が軒を連ね、街にはあらゆる文化、芸術、アートがあふれています。音楽ライブ、とくに海外アーティストの来日公演は、都市部の会場が圧倒的に多いです。

 便利で刺激の多い街なのはうれしいですが、その反面、いちばんのデメリットは物価、とくに不動産の高さです。東京の家賃の高さは、国内どころか世界でも有数。世界の主要19都市で70平米あたりの月々の家賃を比較したところ、東京は約15万で第5位にランクインしています。ちなみに第1位はシンガポールで約25万4,000円。後にはロンドン、ニューヨーク、香港と続きます。

 高い家賃以外にも何かと出費がかさむのが都会暮らしのよくない点です。消費欲をそそるような誘惑が多く、良くも悪くも、なにもかも商業化されているため、とくに浪費癖がないつもりでも、自然とお金がかかる生活習慣がつくられてしまうのです。そこそこ高給取りにもかかわらず、ほとんど貯蓄のない人も珍しくありません。お金を使えば刺激を得られる反面、逆にお金を使わなければ楽しみを見出しにくいのが都会の特徴と言えます。

離れて気づく公共交通の充実度

 レジャーにしても出張にしても、都会暮らしに慣れ親しんだ人が、地方に行ったときに不便を感じるのが公共交通の少なさですね。逆に初めて東京を訪れる人は、あまりにも複雑な電車の路線図に圧倒されてしまうのかもしれません。路線の多さもさることながら電車の本数自体が多く、目の前で1本逃してしまってもすぐに次が来ますから、都心部での移動なら時刻表をあまり気にする必要もないほどです。バスも加えれば、公共交通機関でたどり着けないところは都区内にはほぼありません。

 それほど公共交通が便利なので、よほどクルマ好きの趣味でもなければマイカーを所有する必要はありません。住宅費だけでも高い上、駐車場代まで負担するのはバカバカしいと思う人も増えています。近ごろはカーシェアのサービスもありますから、ドライブに行くとか、大きなかさばる買い物をしたいときなどだけ、レンタカー気分で借りれば済むのです。

 一方で、交通関係で都会が辛いのはやはり通勤ラッシュ。都心部の家賃は高いため、職住近接はかないません。「埼玉都民」「千葉都民」などという言葉もあるほど、都内の職場から遠く離れて住む人が多く、長い通勤時間を強いられています。これはほかの都市と比べても東京が際立っています。

 以上、主に東京を例に都会のメリット・デメリットをみてきました。次は田舎のメリット・デメリットをみてみましょう。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内