住まいのノウハウ講義 / ライフスタイル / インテリア・収納

失敗しない家具・インテリアの選び方(11)

長時間見ても疲れないテレビ台の最適な高さは?

2016/03/10 桑田 唯

テレビ台を買うときに、まず考えたいのはテレビ台のサイズです。テレビ台にも最適なサイズがあるのをご存知でしたか? 今回は、手持ちのテレビや収納したいものに合ったテレビ台のサイズ選びのポイントをご紹介します!

手持ちのテレビの大きさを確認しよう

 テレビを使っているなら必ずほしいテレビ台。テレビが置ければなんでもいいと思ってはいませんか? テレビ台の大きさや置く位置は、テレビの大きさやテレビの見方によって変わってきます。ここでは、テレビ台の最適なサイズについてご紹介したいと思います。

 最近ではテレビが安く買えるようになったこともあり、大画面のテレビを持っている人も多いのではないでしょうか。テレビ台を買ったけれどテレビが大きすぎて合わない! イメージと違う! なんてことになならないためにも、テレビ台を買う前に、まず自分の手持ちのテレビの大きさを確認することが大切です。

 テレビ画面の幅、高さはもちろん、テレビの脚の幅や奥行きも確認しましょう。また、テレビ台を置くスペースの大きさも大事なポイントです。置こうとしている場所の採寸もあらかじめしっかり行なっておきましょう。

テレビ台に収納したいものをリストアップしよう

 テレビ台の用途はテレビを置くだけではありません。実は、テレビの周りで使うものは、意外とたくさんあります。DVDやブルーレイなどのプレーヤーや録画用のハードディスク、ゲーム機など、テレビ周辺機器は全部テレビ台に収納したいと考える人も少なくなしでしょう。また、プレーヤーだけでなく、DVDやブルーレイのディスクやゲームソフトなどの収納も忘れずに考えたいところです。

 最近では、収納が充実したハイタイプのテレビ台の人気が高く、本や雑誌などリビングで使いたいものをすべて収納することができるので、リビングがとてもすっきりして見えます。何を収納するのかあらかめリストアップしておけば、ほしいテレビ台のサイズもイメージしやすくなるはずです。

テレビに合ったテレビ台の幅を知ろう

 テレビ台を買うとき、テレビの脚がテレビ台に納まるということは大前提なのですが、テレビの画面の幅も気にするようにしましょう。テレビの脚は画面の幅よりも小さいため、テレビよりも幅が小さいテレビ台に載せることもできるのですが、それだと頭でっかちになってしまって不格好。また、テレビ台が小さいと、将来、大きな画面のテレビに買い替えたときにテレビ台も買い替えなくてはいけなくなってしまうこともあります。テレビの画面の幅よりも余裕のあるサイズを選ぶようにしましょう。

最適なテレビ台の高さは?

 テレビはリビングに置くことが多いと思いますが、リビングのどの位置からテレビを見ることが多いのかという点も大事なポイントです。ソファに座って見るのか、床に座って見るのか、もしくはダイニングの椅子から見るのか、座る位置によってテレビを見る目線の高さが変わるため、最適なテレビ台の高さも変わってくるのです。

 人の目線は常に下に向いており、上を見上げるときよりも、下を見るときのほうが疲れにくくなっています。そのため、テレビの画面の中心が、座ったときの目線よりも少し下になるような高さだと、長時間テレビを見ていても疲れにくく、快適に過ごせます。

 人の自然な目線は、だいたい10〜15度下を向いているそうです。テレビから200センチメートル離れた位置から見るとすると、目線から30〜50センチメートル下の位置にテレビの中心がくるような高さのテレビ台を買うといいでしょう。

 テレビ台の高さの目安としては、床から見る場合だと40センチメートル以下、ソファから見る場合は40〜60センチメートル、ソファよりも高い椅子から見る場合は60センチメートル以上あると見やすいと思いますよ。


 以上、テレビ台のサイズを選ぶときのポイントについてご紹介しました。テレビ台として売っているものであれば、対応サイズが「○型用」と表記されていることも多いです。小さすぎるテレビ台も不格好ですが、大きすぎると圧迫感を感じてしまうことも。特に広いお店で家具を見ていると、部屋で見るよりも小さく感じるのでご注意ください。

 次の記事では、テレビ台のこだわりポイントや機能など、もう少し細かいポイントについてご紹介したいと思います。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U