住まいのノウハウ講義 / 借りる / 女性のための物件選び

自分の身を守るために知っておきたいこと

防犯・安全性をチェックする6つのポイント

2016/01/04 佐藤ゆみ

暮らしやすさや利便性も大切ですが、絶対に忘れてはいけないのが「防犯・安全性」のチェックです。オートロックにTVモニターつきインターフォンはもちろん、万全を期すなら鍵の種類にも気をつけたいところです。

ポイント1 まずは立地を確認

 まずチェックしたいのが、駅から自宅までの道のりです。昼間だけでなく、夜の様子を必ず、確認しましょう。特に住宅街などは、昼間の様子と夜の様子がまったく違う場合も少なくありません。

 街灯はどれくらいあるか、人通りは多いのか少ないのか、何かあったときに駆け込める店などは近くにあるか、駐車場や空き地などがないかも確認しておきましょう。暗く人通りの少ない道ですと、ひったくりなどの犯罪に巻き込まれやすいですし、駐車場や空き地の暗がりに不審者が潜んでいることも考えられます。できるだけ、駅から自宅まで人通りが多く、明るい道がある物件を選びましょう。

 続いて物件が「死角」になっていないかどうかをチェックしましょう。奥まった人気のない場所にある建物は、通行人の目に触れにくいので、空き巣犯などに狙われやすい傾向があります。また、玄関や窓などが塀や生垣で隠れていたりすると。窓を破る作業などが容易にできるため、余計に狙われやすく注意が必要です。

ポイント2 部屋は2階以上を選ぶ

 部屋はできるだけ2階以上の部屋を選びたいところです。1階の物件は避けるべきですが、それ以外でも油断はできません。エアコンの室外機などを使って侵入してくる場合もありますので、2、3階の部屋であっても内見の際にはベランダから外を見て、侵入されやすい経路はないか、チェックしておきましょう。

ポイント3 オートロックは必須

 安全面を考えたとき、多くの女性が必須条件とする設備のひとつが「オートロック」です。マンションタイプの物件にはすでに多く設置されていますが、最近はアパートでもオートロック、内階段という構造の物件がとても多くなってきています。

 オートロックに加えて、「TVモニターフォン」があればさらに安心です。モニターで訪問者の顔をしっかり確認することができるので、少しでも不審に感じたときにはドアを開けず、部屋にいるまま対応することができます。

 オートロックがあると安心感がありますが、過信するのは禁物です。住人がロックを開けて建物に入るときを狙って、何食わぬ顔で住人と一緒に空き巣などが侵入してくる場合もありますし、引越し作業でエントランスが開けっ放しになっている場合もあります。

 建物に入るときは、近くに不審な人がいないか、周りに注意を払いましょう。また、部屋に入る時も要注意です。部屋に入ろうとドアを開けたときに、後ろから押し込まれて、部屋に侵入されてしまうケースもあります。建物のなかだからと安心してしまわず、周りに注意してください。

ポイント4 エントランスから防犯意識を確認

 オートロックだけでなく、管理人さんが常駐している場合は、防犯力がさらに上がります。侵入者が一番恐れるのが人の目です。管理人さんがいるかどうか、いるのであれば常駐なのか、日中だけいるのか、管理会社に確認してみましょう。

 内見のときには、エントランスがきちんと清掃されているか、ポストの周囲にチラシなどが散らばっていないか、廊下等の電灯は切れていないか。そのような共有部分をしっかりとチェックしましょう。共有部分が整理されていない物件は管理がゆるく、防犯の目も行き届かない可能性が高いので避けたほうがよいかもしれません。

 また、駐輪場や共用部分などに防犯カメラがあるかどうかも重要です。防犯カメラは、死角を無くし安全性を高めてくれます。最近はエレベーター内の様子を防犯カメラで監視・録画し、外のモニターで確認できる物件もあります。防犯カメラがどこに何台設置されているか、チェックしてみましょう。

ポイント5 部屋の鍵も重要

 自室のドアの鍵についても確認しましょう。空き巣犯などがいちばんよく使う方法がピッキングです。ピッキングとは、鍵穴に針金のような特殊な工具を差し込んで、鍵を不正に開ける手法のことで、プロであれば、ものの10秒もあれば鍵を開けてしまうそうです。
 ただし、鍵にはピッキングされにくいものとそうでないものがあります。ピッキングされづらいといわれている鍵には、「カードキー」「電子ロック」「ディンプルキー」「ロータリーシリンダー」などがあります。

 「カードキー」はその名の通り、カードタイプの鍵。鍵穴がないので、ピッキングをすることができません。また「電子ロック」は暗証番号や指紋認証を使って開錠するタイプの鍵で、こちらも鍵穴がありませんのでピッキングができず防犯性に優れています。

 また、鍵穴はあるものの、鍵に円形や楕円形のくぼみが複数ついている「ディンプルキー」や、複雑な構造を持つ「ロータリーシリンダー」は開錠に時間がかかるため、ピッキング犯に敬遠されます。また、鍵が上下と二箇所に設置されていれば、単純にピッキングするのに2倍の時間がかかるので、さらに安全性が向上します。

 侵入に時間がかかればかかるほど、当然、空き巣犯が侵入を諦める確率が高くなります。あるデータによると、侵入にかかる時間が2〜5分になると侵入を諦めることが多くなるそうです。部屋を選ぶ際には、ドアの鍵がどんなものになっているのか要チェックです。

ポイント6 防犯シャッター、防犯ガラス

 また、窓に「防犯シャッター」がついている物件も安全性が高まります。窓ガラスを割っての進入を防止できますので、1階の部屋には必須でしょう。防犯ガラスを全面使用していたり、セキュリティ会社のシステムがすでに設置されている物件もあります。

 女性のひとり暮らしでは、どれだけ用心してもしすぎということはありません。実際には何も起こらなくても、セキュリティがしっかりしていれば安心して毎日をすごせます。部屋選びのときには利便性や好みと同じくらい、セキュリティについてもしっかり考えて、楽しく安心できる生活を送りましょう。

<< 前の記事

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U