住まいのノウハウ講義 / リフォーム / 予算と費用の決め方

リフォーム予算と費用の賢い決め方(11)

電気工事と水道工事にかかる費用の目安

2016/02/12 森田祥範

家のリフォームにともない、電気工事や水道工事が必要になることもあります。家の大がかりな工事に比べて、電気や水道の工事は軽く見てしまいがちですが、実は意外に費用がかかるもの。おおよその費用を確認してみましょう。

分電盤の交換は約5万5000円

 築20年以上の一戸建てやマンションをリフォームするとき、それに合わせてよく行なわれるのが分電盤の交換です。

 分電盤とは、電力会社からその家まで送られてきた電気を、さらに各部屋に分配するための装置。通常、ひとつの箱に漏電遮断器、アンペアブレーカー、各部屋への配線遮断器が配置されていて、過電流が流れるとブレーカーが落ち、電気を自動的に遮断する機能が備わっています。

 分電盤の寿命は10〜15年。しかし、まだ寿命が来ていなくても、分電盤を交換しなければならないケースはしばしば発生します。

 たとえば、食洗機や床暖房などの電化製品を新たに導入する場合。こうした機器は消費電力が大きいので、できれば専用の電源を用意したいところ。ところが、分電盤の回路はすでに飽和状態になっているケースが多いのです。こんな場合、どこかの回路から新たな電源を取らざるを得ず、結局、新たな電化製品を使うたびに、ブレーカーが落ちることに…。そうならないようにするには、分電盤を取り替えて電気の分配方法を変えるしかありません。分電盤の交換にかかる費用は、約5万5000円くらいです。

新規200V引き込みで約8万円

 電気に関していえば、使用する電化製品によっては、200V(ボルト)の電源が必要になる場合があります。たとえばIHクッキングヒーターを導入しようというときには、通常の100Vではなく(通常のコンセントは100Vです)、200Vの電源が必要。パワーの大きなエアコンを設置するとき、200Vの電源が求められるケースもあります。

 200Vのコンセントは、一般家庭には用意されていませんから、200Vで稼働する電化製品を使用するときには、新たに200Vのコンセントをつけなくてはいけません。その際にかかる費用は、家にどんな電線が引き込まれているかによって違います。

 マンションや比較的新しい一戸建ての場合、単相3線式といって、白・黒・赤の3本の電線が引き込まれているはず。その場合は200Vの電源も簡単に引けるので、新たに電線を引く長さにもよりますが、費用は2万〜3万円程度。しかし、白・黒の単相2線式の場合は新規で200Vを引き込まなければならないため、8万円程度かかります。

 そのほか、新たにコンセントを増設する場合は5000円から3万円程度。単独ブレーカー直結工事が2万円程度。一戸建て住宅の全面的な配線新規工事でおよそ40万円(2階建て・延べ床面積100平方メートル程度)になります。

24号フルオートの給湯器は約40万円

 キッチンや浴室まわりのリフォームでは、給水・給湯・排水などの水道工事がともなうこともあります。これは電気工事にもいえることですが、水道工事は私たちの見えないところで行なわれることが多いため、まれに“ふっかけてくる”業者もいるので要注意です。

 比較的多いのが給湯器の交換です。給湯器の寿命は10〜15年ですが、家族が増えたり、生活スタイルが変わったりして、より大型の給湯器が必要になることもあります。

 給湯器の大きさを表すのが「号数」。「水温+25℃のお湯」を1分間に供給できるリットル数を表し、16リットルなら16号、20リットルなら20号になります。キッチン・浴室・洗面所など、2〜3カ所で一度にお湯を使っても湯量が落ちないようにするには、最低でも24号が必要。家族構成でいえば、家族2〜3人で20号、家族4〜5人で24号、家族6人以上で28号が目安になります。

 給湯器には自動で追い焚きする「オート」、自動で追い焚き・足し湯する「フルオート」がありますが、便利なのでフルオートがオススメ。24号フルオートの給湯器を取り付ける場合、工事費込みで約40万円です。

 但し注意が必要なのは、今までの給湯器が追い焚き機能がついていない落とし込み式の場合は、追い焚き用の配管が必要になります。浴槽にも穴あけをしてアダプターを取り付ける必要があるので、事前調査でしっかりと見積もりを取っておく必要があります。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U