住まいのノウハウ講義 / リフォーム / 予算と費用の決め方

リフォーム予算と費用の賢い決め方(8)

高額になりがちなキッチンリフォームのおおよその費用は?

2016/02/05 森田祥範

多くの主婦の皆さんにとって、キッチンのリフォームは一種の憧れではないでしょうか。シンクをこちら側にもってきて、食洗機はシンク下にセットして…と、想像するだけで次から次へと夢が膨らみます。それだけに、キッチンリフォームはとかく予算オーバーになりがち。本項で、そのおおまか費用を確認しておきましょう。

年々進化しているシステムキッチン

 システムキッチンの進化には、年々目を見張るものがあります。随所により先進的な機能が取り入れられ、デザインも多彩かつ高級なものへとシフトしています。

 試しに、システムキッチンのショールームをのぞいてみると、思わずテンションが上がります。火事になりにくいIHクッキングヒーターの導入など、もはや当たり前。シンクもガス台も、掃除のしやすさまで考慮した機能的デザインとなり、しかも人工大理石の天板など見た目も美しいものです。

 収納は、扉式から引き出し式へというのが大きな流れで、より軽い力で動かせる引き出しが登場したり、電動昇降式の吊り戸棚がお目見えしたり。壁面も従来のタイルから耐熱性パネルへと進化。レンジフードも大型化かつパワーアップしており、調理中のニオイや煙を強力に排気してくれます。ビルトインの食洗機も、ずいぶん使いやすくなりました。

キッチンリフォームは費用が膨らみがち

 このように、ショールームでゴージャスなシステムキッチンを見てしまうと、つい「あの機能もほしい、この装備も必要かも…」と、多くのオプションをつけてしまいます。そこで、仮の見積書を作成してもらうと、当初想定していた予算の2倍以上に膨らんでいた、などという事態に陥りがちです。

 さらに、気をつけておきたいのが、ショールームでつくった見積もり書は、システムキッチンの商品代+取り付け工賃しか含まれていないこと。たとえば、シンクの位置を数メートル移動させるだけでも、給水、排水、給湯などの配管工事が必要になります。仮に、オープンキッチンからアイランド型キッチンに変更する場合、壁際にあったシンクをキッチン中央に持ってくると、配管工事だけで50万円以上かかるケースも。IHクッキングヒーター、食洗機、電気オーブンを新たに導入する場合は、電気工事まで必要になります。

 ともあれ、キッチンリフォームには、思いのほか費用がかかること、とかくコストが膨らみがちになることを肝に銘じておきましょう。

対面式キッチンへの変更で約150万円

 では、システムキッチンを導入する場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

 いまあるシステムキッチンを新たなモデルに交換するだけなら、交換費用だけですみます。サイズが同じでも、最近のシステムキッチンは以前にはなかった便利機能が追加されているため、交換だけでも便利さ、快適さは格段にアップします。

 交換する場合、スタンダードタイプの商品代と取り付け工賃で、およそ50万円から。それに合わせて、床や壁の補修・改修を行なう場合は、6畳程度の広さでさらに50万円程度見ておきましょう。

 オープンキッチンの壁つきタイプから、対面式キッチン(間口2400ミリメートル)へと変更し、壁に食器棚・吊り戸棚を設置した場合、取り付け工賃込みで約150万円から。IHクッキングヒーターをつけるとプラス約25万円、食洗機をつけるとプラス約15万円かかります。また、ヒーターや食洗機用に200Vの電源を引き出す場合は約2万円、200Vの分電盤から用意する場合は約8万円アップになります。

 キッチンに移動にともない、床や壁を補修・改修する場合、さらに50万円以上かかります。

 ちなみに、システムキッチンはここ数年で格段にグレードアップしており、メーカー各社とも売れ筋商品の価格を引き上げており、新しい製品ほど高額になっています。

ローコストで満足できるキッチンリフォームは可能か?

 キッチンリフォームは住宅リフォームのなかでもダントツに第1位の人気部位です。それだけに各メーカーが腕を競う人気商品が目白押しです。でもちょっと待ってください。みんなが同じ商品を選択すればどのリフォームも同じになってしまいますよね。

 では既成のリフォームに飽き足りなければどうすれば?

 たとえばIKEAとかの商品をみて想像力を発揮するのもいいですね。数年前に比べると格段に使いやすくなっていますので、検討の余地ありです。いずれにしても、じっくりと相談できる工事店選びが大切です。

<< 前の記事 次の記事 >>

講師に感想や読みたい記事のリクエストを伝えよう

注目の講師

住まいの大学 書籍のご案内
HOME4U